FXトレード手法 PC版イメージ FXトレード手法 スマホ版イメージ

最適なトレード手法とは?

世の中には、数多くのトレード手法があります。その中から、自分に最適な手法を見つけるにはどうしたら良いでしょうか。今回は「自分にぴったりなFXトレード手法の見つけ方」を考えてみましょう。

複数の得意なトレード手法を持つ方が良い

いつでもどこでも完璧に機能するスーパートレード手法があるならば、それを習得すれば良いでしょう。しかし、残念ながらそのような手法はないかもしれません。得意な手法を一つ持つよりも複数持った方が成果が上がりやすいでしょう。

特定の値動きに有効な手法

チャートを眺めていると、特定の値動きが見つかります。すなわち、ボックス相場(レンジ相場)とトレンド相場です。

このような相場に適したトレード手法とは、何でしょうか。確認しましょう。

また、チャートの形でなく、特定の時刻に有効な手法もあります。レンジ相場もトレンド相場も、いつ出現するか分かりません。よって、その出現を待つ必要があります。しかし、特定の時刻に有効という場合、待ち時間が不要というメリットがあります。

トレードの期間や時間軸に合わせた手法

どれだけの時間チャートを眺めて取引したいか?という視点でも、トレード手法が変わってきます。例えば、スキャルピングは、トレードする時間そのものは短いです。しかし、トレードチャンスが見つかったら、即座に取引を始める必要があります。

このため、取引回数はとても多い一方、チャートを眺める時間は長くなります。

逆に、ポジショントレードは、取引開始から終了までの期間が長いです。何か月という場合もあります。このため、特定の瞬間にトレードしなければならないということはありません。

よって、のんびりトレードできる一方、取引回数は少なくなります。

投入する資金量によっても手法は異なる

FXに投入できる資金量によっても、取引内容が変わってきます。資金が十分にあるならば、1取引10万通貨以上で、いくつもの通貨ペアで同時に取引できるでしょう。多少の損失を出しても、あまり痛くないかもしれません。

逆に、資金が少ない場合は、最低取引数量は1,000通貨以下にすべきでしょう。また、同時にいくつものトレードを実行するのは難しいかもしれません。

資金が少ない方が、制約が大きくなります。そこで、資金が少ない場合のトレード手法を考察します。

様々な相場状況に対応しましょう

相場は上昇か下落か、2つに1つしかないのに実に自由に動き回ります。このため、トレード手法は、為替レートのある動きは得意だけれど別の動きではそうでもないという状態になりがちです。

このため、いくつかのトレード手法を使えるようにした方が、様々な相場状況に対応できるでしょう。

ただし、10個も20個も極める必要はないでしょう。そんなに数多くの手法を極めるには、勉強するための長い時間と専門的な知識が必要になるかもしれません。2つ~3つくらいでも良いでしょう。

そして、その複数の手法を選ぶ場合には、それぞれ得意分野が違うほうが望ましいです。

2つマスターしたけれど、両方ともトレンド相場に強いです!という場合、ボックス相場の時には黙って相場を眺めるしかありません。指をくわえて相場をただ眺めるという期間を減らし、トレードチャンスを増やすには、得意な時期が異なる方法を選択しましょう。

トレード方法の選択

とにかくトレードしてみる

FXサイトを探すと、有名どころのチャート分析手法だけで数十種類見つかります。ということは、少なくともその数のトレード手法があるということになります。

また、チャート分析を受けてトレード手法が考案されますが、チャート分析1つに対してトレード手法は1つとは限りません。いくつもトレード手法が出てくるかもしれません。そう考えると、方法はとてもたくさんあります。

では、その中から、自分に適した方法をどのようにして探せばよいでしょうか。

これは、他人に聞いても分かりません。自分で探すしかありません。片っ端から試してみれば、「これは面白いな」「これはつまらない」といった感じで、自分の性格にあった方法が絞られてきます。どんな優秀なトレーダーでも、最初は「FX初心者」なのですから。。。

デモトレードの活用

片っ端から試してみるという場合、数多くのFXトレード手法を使ってトレードすることになります。現金を投入してトレードしても良いですが、それだといくら資金があっても足りないかもしれません。

その心配があるときには、デモトレードを使うと良いでしょう。

デモトレードならば、負けても勝っても自分の手持ち資金に変動はありません。しかも、現実の値動きと同じ為替レートで取引できます。トレード手法を探すときのツールとして活躍してくれるでしょう。特に、初心者にはうってつけです。

小さな資金でお試しトレード

しかし、デモトレードにも欠点があります。それは、”負けても損しないので緊張感がない”ということです。

緊張感がなければ、成果が上がりにくいかもしれません。その場合は、極めて小さな資金だけ使って小さなトレードをすると良いでしょう。

すなわち、100銭負けても損失額は100円といった感じです。

こういった極小の取引ができるFX口座の代表格は、SBIFXトレードです。1通貨(1米ドル、1ユーロ等)から取引可能ですので、緊張感を保ちながらトレード手法を探したいというときに最適でしょう。

マネーパートナーズの「FX nano」もお試しトレード向きです。こちらは100通貨から取引可能です。

トレード手法を極める

こうして、自分に合っていそうなトレード手法をいくつか見つけたとしましょう。次に、その方法を「極める」作業に入ります。

FX業者や一般のFXサイトには様々な説明がありますが、あらゆる場面のチャートを示して説明しているわけではありません。全ての相場環境を説明するのは不可能なので、そのFXトレード手法を使う代表的な場面のチャートで説明しています。

そこで、自分に合っていそうなトレード手法について、「極めて有効なチャート形状」「あまり有効でないチャート形状」などを確認していきます。

チャートを自由に使って、自分でゆっくり確認しましょう。

すると、「一般的には・・・と言われているけれど、実は×××という場合もあるな」という感じで、「自分だけのトレード手法」として確立させることができます。

あるいは、精査した結果、「最初はいいかなと思ったけれど、やっぱりヤメタ!」となる場合もあるでしょう。この場合、その作業は無駄になったわけではありません。その手法はダメだったという成果が残ります。

成果を数多く積み重ねていきますと、そのうちに「これだ!」というトレード手法に巡り合えるかもしれません。巡り合えたら、大切に育てましょう。皆さんの大切なパートナーになるかもしれません。

FX手法一覧(まとめ)

検討条件 候補となる手法
特定の値動きに有効な手法 ボックス相場(レンジ相場)で有効
トレンド相場で有効
特定の日時に有効(窓のトレード)
取引期間や時間軸に合わせた手法 スキャルピング(1分~数分での超短期売買)
デイトレード(1日以内の短期売買)
スイングトレード(数日以上の中期的売買)
ポジショントレード(数週間以上の長期売買)
投入する自己資金量で検討 証拠金1万円でFXを始める場合
証拠金10万円でFXを始める場合
1,000通貨で取引したい場合
本番前の練習として デモトレードを活用する

次ページ以降では、「チャート分析に基づくトレード方法」について、その難しさや対策、成功方法などを紹介していきます。

FXトレードのいろいろな手法

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×