FXの注文方法の種類と使い分けパターン

取引のサイクル「新規注文」と「反対売買」

FXの取引は、買った外貨は必ず売り、 売った外貨は必ず買い戻すことで、1回の取引が完了します。すなわち、新規注文と反対の売買をすることによって、利益、あるいは損失が確定します。

この注文サイクルを図にすると、以下のイメージです。

FXの注文方法図(基本編)

FXで新規に取引した場合、「新規のポジションを持つ」、あるいは「新規の建玉を保有する」などといいます。

  • 買った場合:「買いポジション」または「買い建玉」
  • 売った場合:「売りポジション」または「売り建玉」

FXでは、新規ポジションを持つ場合や利益(損失)を確定する場合の決済注文方法が、豊富に用意されています。

基本の注文方法を覚えると、応用編も簡単に理解できます。まずは、基本をしっかりマスターしましょう。




多彩な注文パターン

為替レートが期待通りに動く場合、できるだけ利益を確実に確定したいです。しかし、期待と反対方向に向かってしまうケースを想定する必要もあります。

いろいろな注文方法を駆使して、利大損小を実現します。

基本の注文方法は3種類

株式投資でお馴染みの注文方法は、FXでも使えます。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

そして、この3種類の注文方法の何れかの組合せで、多彩な方法が構成されています。

まずは、基本である3つの方法のメリットとデメリットを確認しましょう。
(下のタブをクリックすると、簡潔な説明が表示されます)

「成行注文」は、今すぐ取引したい場合に、レートを指定せずに注文する方法です。為替動向を見ながら注文しますので、すぐに注文を出せて、売買も成立しやすいという特徴があります。

メリット:確実に売り買いの注文が成立する。

デメリット:為替レートを指定していないので、約定後に約定レートが判明する。

「成行注文」を更に詳しく

「指値注文」「逆指値注文」とは、ともに買いたい(売りたい)レートを指定して注文する方法です。

「指値注文」は、指定した為替レートよりも低くなったら買い、または、指定した為替レートよりも高くなったら売ります。

メリット:約定する為替レートがあらかじめ分かる。

デメリット:レートが希望する値にならないと約定しない。

「指値注文」を更に詳しく

「逆指値注文」は、指定した為替レートよりも高くなったら買い、または、指定した為替レートよりも低くなったら売ります。

メリット:損失の拡大を確実に止められる。相場のトレンドにうまく乗りやすい。

デメリット:レートが希望する値にならないと約定しない。

「逆指値注文」を更に詳しく

便利な注文方法

FXでは、あらかじめ売買する為替レートを指定すると、その指定した為替レートが実現したときに、自動的に売買します。

FX会社(取引システム)が売買してくれますので、PCやスマホの電源を切っても大丈夫です。

為替相場は24時間動いています。ずっとパソコンの前に張り付いているわけにはいきません。仕事、家事、勉強など、しなければならないことは毎日たくさんあります。

また、寝る時間も必要です。

市場から目を離した隙に、取引機会が逃げる場合もあります。また、相場が激しく振れたときに、想わぬ大損害を被るかも知れません。

そんなリスクを回避するために、多彩な注文機能があります。

FXの注文方法には、「成行」「指値」「逆指値」の他、これらの機能を組み合わせた便利な注文方法があります。

  • IFD(イフダン)注文
  • OCO(オーシーオー)注文
  • IFO(アイエフオー)注文

特徴を簡潔に説明すると、以下の通りです。

IFD(イフダン)注文

ifd注文の基本図

「IFD注文」は、「買い」と「売り」をセットで同時に発注できます。すなわち、新規取引と利益確定、または新規取引と損切りという組み合わせです。

同時に二つの注文を出しますが、一つの新規注文に対して決済注文は一つというルールがあります。また、決済注文は、新規取引の注文が約定してから発動します。

IFD注文の具体的な活用法は、下のリンク先で解説しています。

「IFD注文」を図解で詳しく

OCO(オーシーオー)注文

OCO注文の指値概念図

「OCO注文」は、「為替レートが今よりも高くなるときはこうしたい、逆に安くなる時はああしたい」という”場合分け”の取引をする注文です。

また、OCO注文は、新規注文でも決済注文でも使えます。決済注文で使えば、利益確定注文と損切り注文を同時に出せます。

OCO注文をマスターすると、トレードの損益(特に損切り)をコントロールするのに役立ちますので、資金管理の面からも使用するシーンが増えるでしょう。

OCO注文の色々な活用方法は、以下のページで詳しく解説しています。

「OCO注文」を図解で詳しく

IFO(アイエフオー)注文

IFO注文の買い指値の概念図

「IFO注文」は、「新規注文」「利益確定の決済注文」「損切りの逆指値注文」を、1度に発注できる方法です。

つまり、あらかじめ発注しておけば、最初の注文(新規注文)が約定すると、二つの決済注文も発動します。値動きをずっと監視しなくて良いので、便利です。

(決済注文は、新規注文が約定した後に有効になります。新規注文が約定するまでは、未発注で待機します。)

自動売買に近い注文方法ですので、相場状況のチェックを頻繁にできない場合に、とても重宝します。

IFO注文の色々な活用方法は、以下のページで詳しく解説しています。

「IFO注文」を図解で詳しく

知っておくと便利な注文方法

上の6種類の注文方法を覚えておくと、どこのFX会社のシステムを利用しても、混乱することはないでしょう。スムーズにトレードできます。

また、FX会社には、これら以外にも、独自の注文方法が用意されていることがあります。しかし、基本3種の応用形であることが多いです。

そこで、追加で2種類の注文方法を採り上げます。

  • ストリーミング注文
  • トレール注文

ストリーミング注文

ストリーミング注文は、成行注文と基本的に同じですが、約定価格のブレを制御できる注文方法です。

発注時の為替レートと、実際に約定した為替レートの差を「スリッページ」といいます。スリッページは、FXの仕組み上、ある程度不可避的に発生します。

ストリーミング注文を利用する場合、スリッページ幅を自分で決めることができます。

(成行注文は、スリッページの大きさを制御できません。)

詳しい内容につきましては、以下のページでご確認ください。

ストリーミング注文でスリッページ幅を設定

トレール注文

トレール注文は、「もっと利益を伸ばしたい。しかし、相場が反転しても一定の利益を確保したい」という場合に利用される注文方法です。

損切りのために設定した逆指値注文の位置が、その後の相場変動に合わせて変化していきます。

詳しい内容につきましては、以下のページでご確認ください。

トレール注文|注文価格が相場の後を追う!

自動売買

上の注文方法は便利ですが、長期的に自動で注文を繰り返すことはありません。

例えば、指値注文を出すとします。その注文が約定したら、次の注文がありません。ユーザーが新規に注文します。

そこで、FXには、あらかじめ決めておいたルールに従って継続的・機械的にトレードする投資法があります。自動売買です。

例えば、「ある状態になったら買い、ある状態になったら決済する」というIFD注文を出すとします。通常のIFD注文の場合、1回買って売ったら、終了です。

ユーザーが次の注文を出します。

自動売買の場合、このIFD注文を、延々と自動で繰り返せます。

当サイトでは、自動売買の一つである、リピート系FXの特集記事を掲載しています。以下のページからどうぞ。

リピート系FXとは

  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

FXの注文パターン【記事一覧】

FXの注文方法

成行注文の特徴

2020/7/21  

FXで最も基本的な注文方法は、成行注文(なりゆきちゅうもん)です。 この注文方法をマスターすると、とりあえずFXができるようになります。そこで、特徴を確認しましょう。 成行注文は、その場で取引が成立す ...

FXの注文方法

指値注文の特徴

2020/7/25  

指値注文は、売りたい為替レート・買いたい為替レートを指定して取引する方法です。 為替市場は絶えず変動していますから、いつも自分の希望通りの為替レートになるとは限りません。 指定した為替レートで取引した ...

FXの注文方法

逆指値注文の特徴

2020/9/17  

逆指値注文は、現在の為替レートより上がったら買う、下がったら売るというように、指値注文と逆の注文を出す方法です。 新規注文だけでなく、利益確定、損失限定など、色々な場面で利用できる重要な注文方法です。 ...

FXの注文方法

IFD(イフダン)注文の特徴

2020/9/17  

「IFD(イフダン)注文」は、一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。 この注文方法は、基本となる「成行」「指値」「逆指値」の応用編になります。基 ...

FXの注文方法

OCO(オーシーオー)注文の特徴

2020/8/3  

OCO(オーシーオー)注文は、一度に二つの注文を出して、どちらかの注文が約定したら、もう一方の注文が取り消しになるという注文方法です。 「為替レートが今よりも高くなるときはこうしたい、逆に安くなる時は ...

FXの注文方法

IFO(アイエフオー)注文の特徴

2020/9/17  

「IFO(アイエフオー)注文」は、IFD(イフダン)注文とOCO(オーシーオー)注文を組み合わせた注文方法で、両者の特徴をそのまま活かした方法です。 最初にIFD注文が約定し、その後、自動的にOCO注 ...

FXの注文方法

トレール注文の特徴

2020/9/17  

トレールとは「追いかける」という意味で、「利益を伸ばしたいけれど、相場が期待通りでなくても損失を限定したり、利食いで終えたりしたい」という場合に使える注文方法です。 損失確定のストップロス注文に利用さ ...

FXの注文方法

ストリーミング注文の特徴

2020/7/22  

成行注文との違いについて「今」の為替レートで約定させる 成行注文は、価格よりも、今すぐ約定することを重視する注文方法です。このため、リアルタイムで表示される為替レートで約定します。 しかし、注文のクリ ...

『FX基礎知識』カテゴリページへ

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト