FXの注文方法

指値注文の特徴

指値注文は、売りたい為替レート・買いたい為替レートを指定して取引する方法です。

為替市場は絶えず変動していますから、いつも自分の希望通りの為替レートになるとは限りません。

指定した為替レートで取引したい、パソコンの前でじっと待ちたくない場合、指値注文が便利です。では、特徴を確認しましょう。



為替レートを指定して取引

指値注文の概念図

たとえば、米ドル/円=99円前後で変動している時に、100円まで上がったら売りたいという希望がある場合、100円で指値売り注文を出します。(上図・左)

その逆に、米ドル/円=100円前後で変動している時に、99円まで下がったら買いたいという希望がある場合、99円で指値買い注文を出します。(上図・右)

このように、指値注文は「今よりも高い為替レートで売りたい、今よりも低い為替レートで買いたい」場合に使える注文方法であり、利益確定の場合にも利用されます。

また、指値注文はリミット注文と呼ばれることがあります。

では、下の取引例で見てみましょう。

指値注文の取引例1(買い注文から始める場合)

指値注文の買いの例

現在の為替レートが米ドル/円=100円の時、99円で新規の買い指値注文を出しました。めでたく約定し、99円の買いポジションを持つことに成功です。

レートが上がりはじめたので、米ドル/円=101円で決済の売り指値注文を出しました。相場が上昇して、101円に到達した時点で注文が約定し、2円の利益確定です。

指値注文の取引例2(売り注文から始める場合)

売りの指値注文図

現在の為替レートが米ドル/円=100円の時、101円で新規の売り指値注文を出しました。めでたく約定し、101円の売りポジションを持つことに成功です。

為替レートが下がりはじめたので、米ドル/円=99円で決済の買い指値注文を出しました。相場が下落して、99円に到達した時点で注文が約定し、2円の利益確定です。

実際のチャートを使った取引例

ここで、実際のチャートを使った取引例を考えましょう。下は、米ドル円の日足チャートです(FXプライムbyGMOから引用)。

右端あたりを見ますと、ほとんど値動きがありません。値動きがないということは、狭い範囲でレンジ相場になっているということです。

指値注文の実例チャート図(米ドル/円日足)

そこで、レンジの上限で売るというプランを考えました。日足では良く分からないので、1時間足に変更します。下図の通りです。

指値注文の実例チャート図(米ドル/円1時間足)

赤線が、レンジ相場の上限です。為替レートが赤線の位置まで上昇すると、なぜか反落している様子が分かります。

次回も、為替レートが赤線まで来たら反落するだろうと期待する場合、赤線あたりの為替レート(107円90銭くらい)で売ります。

なお、成行で売ろうと思うと、為替レートの動きを見続ける必要があります。なぜなら、為替レートがいつ売り時になるか、分からないからです。

そこで、指値注文を使うと便利です。

「米ドル円が107円90銭になったら、売り」という注文を、あらかじめ出しておきます。こうすれば、スマホやPCの電源を切っても大丈夫。FX業者が、適切に注文を執行してくれます。

指値注文の注意点

上の例で、1ドル=107.90円で売り注文を出しても、為替レートが実際に107.90円にならなければ、約定しません。

上のチャートを見ますと、間違いなく107.90円になるでしょう!と言いたいですが…将来の値動きがどうなるか、事前には分かりません。

そこで、約定する確率を上げたいという場合は、現在の為替レートに近い水準で指値注文を使うと有効です。

【まとめ】指値注文のメリット・デメリット

メリット

約定する為替レートが、あらかじめ分かっている。希望する為替レートで注文可能。

デメリット

希望する為替レートが実現しない限り、取引は成立しない。
  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

-FXの注文方法

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト