FXの注文方法

トレール注文の特徴

トレールとは「追いかける」という意味で、「利益を伸ばしたいけれど、相場が期待通りでなくても損失を限定したり、利食いで終えたりしたい」という場合に使える注文方法です。

損失確定のストップロス注文に利用されることから、トレーリングストップとも呼ばれています。

図を使いながら、特徴を確認していきましょう。



トレンドの後を追って注文レートが変化する決済注文

トレール注文は、相場の値動きに応じて、自動的に注文レートが変化する逆指値注文で、決済専用です。

ことばで表現すると難しいので、図を利用しながら確認しましょう。

買いポジション保有時の決済トレール注文

買い注文のケースでは、ストップロス設定した為替レートが、相場の上昇に伴って、予め設定した値幅で自動的に切り上がっていきます。

1度切り上がった決済注文のレートは、下がることはありません。

トレール注文での決済注文図(買いポジション編)

たとえば、米ドル/円=100円のときに買いポジションを保有したとします。99円で逆指値注文を発注し、差額の1円をトレール幅にしたとします。

もし、為替レートが上昇することなく99円になった場合は、その時点で逆指値注文が約定します。1円の損失です。

図のケースでは、上下動しながらも予想通りに上昇し、逆指値注文も同時に切り上がっていきました。

102円まで上昇した後、下がりだして101円になったところでトレール注文の売り注文が約定します。米ドル/円=100円のときに買っているので、1円の利益が確定します。

売りポジション保有時の決済トレール注文

売り注文のケースでは、ストップロス設定した為替レートが、相場の下落に伴って、予め設定した値幅で自動的に切り下がっていきます。

1度切り下がった決済注文のレートは、上がることはありません。

トレール注文での決済注文図(売りポジション編)

たとえば、米ドル/円=100円のときに売りポジションを保有したとします。 101円で逆指値注文を発注し、差額の1円をトレール幅にしたとします。

もしも相場が下落することなく101円になった場合は、逆指値注文が約定します。1円の損失が出たことになります。

図のケースでは、上下動しながらも予想通りに下落し、逆指値注文も同時に切り下がっていきました。

96円50銭まで下降した後、上がりだして97円50銭円になったところでトレール注文の買い注文が約定。米ドル/円=100円のときに売っているので、2円50銭の利益が確定します。

特徴

トレール注文は、利益額を事前に決めないトレード方法であり、相場が動くと、その分だけ利益も大きくなります。

極端ないい方をすれば、相場が同一方向に進むと、どこまでもついていくので、利益確定は永遠にしません。

ですから、頃合いを見て利益確定の決済注文を入れるか、相場の反転を待って、ストップロスにかかるのを待つかのどちらかになります。

トラリピの決済トレール注文

このトレール注文の仕組みを利用しているのが、トラリピの「決済トレール」です。

トラリピは、広い範囲にイフダン注文を出し、自動で繰り返し発注することで利益を狙います。イフダンですから、利幅はあらかじめ決まっています。

しかし、上昇トレンドの場合、あらかじめ利幅を決めて利食いするのはもったいない場合があります。可能な限り買いポジションを保有し続け、利幅を大きくしたいです。

そこで、トラリピ注文の中に、いくつかトレール注文を仕込んでおきます。

こうして、イフダン注文で利食いを繰り返しつつ、ときどきドカンと大きな利食いを期待できます。

手動トレールが活躍する場合

以上は、自動のトレール注文についての解説です。しかし、自動だと、少々厄介な問題が起きる場合があります。例えば、下のチャートの通りです。赤の矢印部分が問題です。

トレール注文がリスクとなるイメージ

為替レートは、上下動しながら動いていきます。たまたま、上のチャートの赤い曲線の通りに動いたとしましょう。

ストップロス注文の位置を移動していなければ、損切りにならずに済みました。ところが、トレール注文を使ったために、損切りになっている様子を描いています。

こうなったら、面白くありません。

かといって、トレール注文を全く使わないというのも、少々もったいないです。可能なら、損失になるときは金額を小さくしたいです。

こういう時に活躍するのが、手動でトレールさせる方法です。

手動にすれば、上の図のような痛い状況を回避できます。為替レートがある程度上昇してから、手動で逆指値注文を移動していきます。

この方法は有効ですが、デメリットもあります。

手動のデメリット

それは、相場を監視し続ける必要があることです。よって、手動のトレールを採用するのは、時間に余裕がある場合に限られるでしょう。

  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

-FXの注文方法

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト