外国為替市場とは-FXが24時間取引できる仕組み

外国為替市場とは、2種類の通貨を交換する取引市場のことをいいます。

世界のあちこちに存在します。日本には東京外国為替市場があり、米国のニューヨーク市場、イギリスのロンドン市場に並ぶ『世界三大市場』の一つです。

それでは、為替市場では、いつ、どこで、誰が、どのように取引しているでしょうか。確認しましょう。




2種類の通貨を交換する取引市場

外国為替市場では、日本円を米ドルに交換したり、豪ドル、ユーロ、ポンドなど、外国の通貨(外貨)を日本円に交換するなど、2種類の通貨を交換する取引が活発に行われいてます。

もちろん、ユーロと米ドル、あるいはポンドとスイスフランなど、交換できる通貨は日本円ばかりではなく、円を含まない通貨の取引も可能です。

為替レートは常に変動している

通貨を交換するときのレート(交換比率)は、それぞれの国における経済状況や政治状況、金利や貿易収支、世界情勢など様々な要因によって常に変動しています。

例えば、「円高・ドル安」という場合、ドルに比べて円が強い(価値が高い)ということになります。

しかし、同じ円高でも、見方は様々です。

  • 円が強くなって円高になったのか
  • ドルが弱くなって、相対的に円が強くなったのか
  • 上の2つが同時に起きたのか

これらを分析することによって、次の一手を考えたり、中期的な為替相場の予想を考えたりできます。

為替取引で生じる利益と損失

為替取引の知識がない、あるいは為替取引の経験がない。

そうした方でも、海外旅行に行った経験がある方であれば、円を外貨に換えたり、外貨を円に戻したりという『両替』の経験があるかと思います。

為替取引は、この『両替』と似たことをしています。

海外旅行時の例

たとえば、海外旅行出発前に手持ちの10万円をドルに両替(ドル買)したとします。為替レートが1ドル=115円だとすれば、869.56ドルをもらいます。

帰国して869.56ドルを再び日本円に両替(円買)したところ、円高が進み1ドル=110円になっていました。この場合、手にする日本円は

110円×869.56ドル=95,651円
旅行前には10万円あった手持ち金が4,349円減っています。

逆に、帰国後に円安が進み1ドル=120円になっていたらどうでしょう。

120円×869.56ドル=104,347円
旅行前に10万円だった手持ち金は、4,347円増えています。

両替の仕組み(利益と損失の例)

実際には交換手数料がかかりますから、全くこの通りではありません。しかし、円相場が動くと、買い戻した日本円に差が生じることが分かります。

FX(外国為替証拠金取引)を始めるには、こうした円の変動(為替相場)の動きを長期的にも短期的にも注目しながら、売り買いしていきます。

外国為替市場の1日

外国為替の取引の場となるのが「外国為替市場」です。「東京外国為替市場、本日の円相場は・・・」ニュースでしばしば耳にします。

市場というと建物をイメージしがちですが、東京証券取引所のような建物があるわけではなく、バーチャルな市場です。

為替市場は、通信回線を通じて、世界各国が24時間つながっているネットワークで構成されています。

市場参加者(国・銀行・機関投資家・企業・個人など)は、この巨大なネットワーク市場を通じて、24時間取引が可能です。

月曜の朝、ウェリントン市場(ニュージーランド)から取引が開始します。次に、東京市場がオープンすると、取引の中心はアジアに移動します。

その後、東京時間の17時ころからロンドン市場が開き、東京時間の夜10時ころからニューヨーク市場が始まります。

そして、翌朝には再びウェリントン市場に戻るといった1日のサイクルで、土曜の朝にニューヨーク市場が閉じると、外国為替市場の1週間は終わります。

外国為替市場の仕組み(各国為替市場のサイクル図)

FXは24時間取引が可能

FXは、このような環境で、24時間いつでも取引可能です。そして、さまざまな国で、多くの人が外国為替市場に参加しています。

したがって、FXを連続した単一のマーケットと考えるのは、適切でないでしょう。連続して取引はできるが、どの国・地域のマーケットが主戦場となっている時間帯かによって、相場の動きが変わってきます。

取引する時間帯によってトレードスタイルを決められる

よって、デイトレードの場合、どの時間帯に取引するかによって、戦略・戦術も変わってくるということになります。

言い方を変えれば、自分が取引できる時間帯を選んで、お好みのトレード方法で取引できるということです。

月曜から金曜日まで会社勤めのサラリーマンの方、専業主婦の方、勤務時間が不規則な方など、いろいろなライフスタイルがあります。

FXの取引は、時間や期間を自分で決められるため、独自の投資スタイルを確立できます。

  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

主要な外国為替市場の特徴【記事一覧】

『為替の基礎知識』カテゴリページへ

世界の為替市場

オセアニア市場の特徴

2020/9/17  

外国為替取引を1日の時間の流れで見ると、地球上で最も早く1日が始まるのはウェリントン市場です。ウェリントンとは、ニュージーランドの代表的な都市です。 しばらくしてシドニー市場が開き、続いて東京市場がオ ...

世界の為替市場

アジア市場の特徴

2020/7/11  

アジア市場は、日本時間で概ね朝9時~夕刻17時くらいの間です。 東京と香港・シンガポールには1時間の時差がありますが、いずれも同じアジア市場という位置づけで捉えられています。 値動きの特徴や、アジア市 ...

世界の為替市場

ロンドン市場の特徴

2020/7/11  

ヨーロッパ・ロンドン市場は、圧倒的にロンドン市場の取引量が多く、数時間の時差しかない欧州は、ロンドン市場に組み込まれてしまう形になります。 FX取引では、ドルや円を介在しないユーロ対欧州通貨、ポンド対 ...

世界の為替市場

ニューヨーク市場の特徴

2020/7/27  

為替市場の最後を務めるニューヨーク市場は、ヨーロッパ・ロンドン市場とは半日重なっており、ニューヨーク市場がクローズする頃にはウェリントン・シドニー市場がスタートします。 したがって、ニューヨーク市場の ...

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト