FXとは|初心者が知っておくべきFXの現実

FXが銀行以外の一般企業の金融商品として認められてから、20年以上が経ちました。

わずか数万円の資金で始められるという特徴から、多くの一般投資家に普及してきました。これからFXを始めようとする方も多いでしょう。

このカテゴリでは、「FXとは、どのような取引なのか」という大まかな視点から、FX初心者向けの記事を集約しています。

また、FXの認知度が高まったとはいえ、投資家はFXで儲けているのかどうか、見えにくいです。そこで、FXを始める前に一呼吸おいて、「現実」を探ってみましょう。




FX投資で資産を増やしている人はどのくらい?

多くの人が、FXを楽しんでいます。では、取引している人は、資金を増やしているでしょうか。それとも、損しているでしょうか。

最初に、個人投資家がどこに投資しているかを確認しましょう。そして、FXの実態を概観します。

個人はどこに投資しているか

個人はどこにどれだけ投資しているか、その分布は以下の通りです。預金が圧倒的に大きいことが分かります(データを得られた投資先のみ)。

投資対象別残高割合

  • 預金(外貨預金除く):463兆円
  • 株式:106兆円
  • 外貨預金:6兆円
  • FX:1.7兆円
  • 暗号資産(仮想通貨):0.2兆円

※2019年3月末時点

円グラフにすると、下の通りです。

投資対象別残高割合グラフ

一般的に、預金は投資の一部だと認識されていないでしょう。そこで、預金を除いたグラフは下の通りです。株式が圧倒的に大きいと分かります。

この「株式」には、投資信託や年金を含んでいません。含めて考えると、株式残高割合はさらに圧倒的になり、外貨預金・FX・暗号資産は誤差のような割合になります。

投資対象別残高割合グラフ(預貯金除く)

株式は、歴史がとても長いです。個人向けFX市場は、1998年に登場しました。暗号資産は、2010年代半ばです。この歴史の差が、残高の差が大きい原因の一つでしょう。

それでは、FXに注目して、個人投資家の損益状況などを見ていきましょう。

FXの顧客損失額

仮に、顧客が全体としてプラスの成績だとしましょう。この場合、FXで取引したいという人が多くなると予想できます。

と言いますのは、顧客が全体としてプラスの成績を残しているなら、自分も資産を増やせるだろうと期待できるからです。

実際は、どうでしょうか。FX業者の業界団体「社団法人 金融先物取引業協会」が、顧客の損益額について、2015年5月から1円単位で公表しています。

グラフ化しましたので、確認しましょう。

下のグラフのタイトルに、堅苦しい名前がついています。「顧客区分管理必要額正味増減額」です。平たく書けば、顧客の損益額に相当する額です。

顧客が毎月、どれだけ資産を増やしたか(または減らしたか)が分かります。

FXにおける顧客損失額グラフ

上のグラフを見ますと、顧客がFXで資産を増やした月が結構あることが分かります。500億円以上のプラスだったという月もあります。

しかし、損失額が大きいです。1か月間で2,000億円以上の損失という月もあります。全体としては、損失額が多いだろうと分かります。

下は、月ごとの損益額でなく、損益累積額の推移です。

月ごとの損益グラフとは、印象が大きく異なることが分かります。顧客が一方的に負けている、そのようにさえ見えます。

FXにおける損益累積額の推移グラフ

金融先物取引業協会が公表しているのは、2015年5月以降の損益です。2015年5月から2020年4月までの間に、顧客は1兆4,000億円の損失を計上しました。

1年あたり、3,000億円弱の負けということになります。

競馬ファンの損益

1.4兆円という数字は、大変な大きさです。しかし、これは日本全体の話であって、特定個人の損失というわけではありません。

では、他の相場の顧客損益は、どうなっているでしょうか。

比較対象としては株式が良さそうですが、顧客の損失を示すデータが見つかりません。そこで、データを得やすい競馬と比較してみましょう。

FXと競馬は異なりますが、「自分のお金を投入して、成功したら増えるし逆なら損する」という意味では同じだと言えます。

下は、中央競馬会(JRA)で公開されているデータをグラフ化したものです。馬券売上から払戻金を引けば、JRAの収入が分かります。この額は、ファンの損失額でもあります。

馬券購入者の損失額グラフ(単年度)

2015年から2019年にかけて、損失額が徐々に増えています。競馬の場合、払戻金の額は、馬券収入の75%程度になっています。

よって、ファンの損失額の増加は、競馬人気が拡大している証拠でもあります。

毎年、ファンは概ね6,000億円以上の損になっていると分かります。

しかし、このお金(損)があるから、ジョッキーや馬主は賞金をもらえますし、厩舎は馬を育成できます。よって、もしかすると、ファンは負けても喜んでお金を支払っているかもしれません。

2015年以降のファンの損失額を累積したのが、下のグラフです。5年間で3兆円以上の損だとわかります。

馬券購入者の累積損失額グラフ(2015年~)

FXと競馬は比較できないが…

FXと競馬は、ジャンルが違いますし、参加している人数も違うでしょう。ルールも異なります。よって、単純な比較はできません。

FXの損失額1.4兆円という数字だけ見ると、大変巨大な額でどうしようもないように見えてしまいます。

しかし、競馬の例と比較しますと、「まあ、こんなものかな」と思えてしまうのが、不思議なところです。

そして、競馬で負ける人が多い一方、お金を増やす人もいます。ごくまれですが、勝ちすぎて税金でトラブルになった人の例が報道されます。

競馬の場合、買った馬券の金額のうち、概ね75%が払戻の対象です。コストは25%くらいです。

FXの場合、米ドル円を100.00円で買って、スプレッドが0.2銭としますと、コストは0.002%です。

FXと競馬は単純に比較できないとはいえ、直接的なコストの大きさを考えますと、FXでしっかりと資産を増やしている人は、一定割合で存在するだろうことが分かります。

顧客の損とFX業者の利益は異なる

ちなみに、「顧客の損=FX業者の利益」とみなせるような論調が、ウェブサイトに出ています。では、ここで確認した1.4兆円の顧客の損失は、そのままFX業者の利益になったのでしょうか。

その考え方は、正確ではありません。それは、FX業者の収益の仕組みから分かります。

FX業者の収益構造

例えば、顧客が米ドル/円を買うとしましょう。FX業者から見れば、顧客に米ドル/円を売ることになります。

そして、顧客が10万円の利益を得たとします。この場合、FX業者は10万円を支払ったということになります。逆に、顧客が10万円損すれば、FX業者は10万円を得ることになります。

ということは、「顧客の損=FX業者の利益」という考えになります。

カバー取引

ところが、この考え方ですと、FX業者は常に破綻リスクに怯えることになります。

あるとき、顧客が、突発的に巨大な金額を得たとしましょう。FX業者は支払うわけですが、その負担に耐えられなければ、破産してしまうからです。

すなわち、「顧客の損=FX業者の利益」の構造では、企業が存続できるかどうか分からず、危険すぎます。

そこで、FX業者は防衛しています。

顧客が1万通貨買ったら、FX業者は顧客に1万通貨を売るとともに、インターバンク市場(銀行間市場)で米ドル円を1万通貨買います。

下は、この取引のイメージ図です。

カバー取引の概念図

顧客:1万通貨の買い
FX業者:1万通貨の売り

FX業者:1万通貨の買い
インターバンク市場:1万通貨の売り

この二つを見ますと、FX業者は1万通貨を買って、売っています。すなわち、ポジションは差し引きゼロです。これで、相場がどうなろうとも、FX業者は損しません。

ポジションは差し引きゼロですから、顧客が大損しても、FX業者が儲かるというわけではありません。スプレッドから収益を得ています。薄利多売です。

FX業者によるインターバンク市場との取引を、カバー取引と呼びます。上の図を見ますと、FX業者は、顧客とインターバンク市場の仲介になっている様子が分かります。

なお、カバー取引をすると、コストがかかります。FX業者としては面白くないコストですが、自社の取引の安全を確保するために、止むを得ません。

FXで勝つ人と負ける人の割合

次に、FXで勝つ人と負ける人の割合は、それぞれどれくらいでしょうか。これを検討します。

この数字を考える場合、ちょっとしたトリックに注意が必要です。ある人が、FXで取引しました。下は、月ごとの成績です。

  • 1か月目:+10万円
  • 2か月目:+10万円
  • 3か月目:+10万円
  • 4か月目:+10万円
  • 5か月目:△100万円

毎月、順調に資産を増やしてきました。5か月目に大きく負けている様子が分かります。この人は、負けたと言えるでしょう。

なぜなら、損益合計は△60万円だからです。ところが、データを公開する人の見せ方によって、あたかも資産が増えたかのように錯覚してしまいます。例えば、以下の通りです。

  • 4か月連続でプラス
  • プラスだった月は、全体の80%

プラスの月だった確率が高くても、最終損益はマイナスですから、損です。この錯覚に陥らないようにしたいです。

フランスの調査

では、月ごとでなく、年単位の最終損益はどうだったか?を公開しているデータはあるでしょうか。日本では見つかりませんでしたが、フランスの金融庁に相当する機関(AMF)が公開していました。

2009年から2013年にかけての、顧客の実際の取引データを使った分析です。アンケートではありませんから、信頼性は抜群です。しかも、月ごとでなく、年単位での調査です。

下は、年間取引で損した人の割合です。

2009年:84.2%
2010年:84.2%
2011年:83.8%
2012年:84.2%
2013年:83.3%
4年間の損益合計:89.4%

調査は、FX業者から4年分の顧客データを回収して、実行されました。

業者によって、2009年~2012年のデータ、2010年~2013年のデータに分かれています。そこで、2009年~2013年の5年分のデータですが、表の一番下は「4年間の損益合計」となっています。

この表を見ますと、年間成績がマイナスの人は、概ね84%です。すなわち、勝った人は16%です。

4年間の合計でマイナスになった人は、89.4%です。すなわち、勝った人は10.6%です。

10%という数字が大きいか小さいか、それは、人それぞれの印象で変わってくるでしょう。9割が負けるとはいえ、大半の人は「何となく」という感じで取引していることでしょう。

よって、本気でFXに取り組めば、10%の側に入って資産を増やせるのでは?と考えることも可能です。

日本でのFX取引の特徴

最後に、日本の顧客の特徴を、FX取引の面で考察してみましょう。データは、金融先物取引業協会からの引用です。

通貨ペア

下は、2020年4月の通貨別取引金額実績です。上位10通貨ペアを並べました。

  1. 米ドル円 325.6兆円
  2. ポンド円 50.3兆円
  3. 豪ドル円 45.0兆円
  4. ユーロ円 29.5兆円
  5. ユーロ米ドル 26.0兆円
  6. ポンド米ドル 15.9兆円
  7. 豪ドル米ドル 5.7兆円
  8. ポンド豪ドル 3.2兆円
  9. NZドル円 2.5兆円
  10. ユーロ豪ドル 2.5兆円

米ドル円の取引高が、桁違いに大きいことが分かります。2020年4月の米ドル円の取引金額シェアは、63%を越えています。

世界的に見れば、ユーロ米ドル、米ドル円、ポンド米ドルが3大通貨ペアですが、日本のFXでは、米ドル円が圧倒的です。情報を得やすいことや、馴染み深いことが要因でしょう。

円売りか円買いか

上位の通貨ペアを見ますと、4位までが円を含んでいます。そこで、円売り取引と円買い取引のどちらが多いか、比較してみましょう。

円売り・円買い取引額の比較グラフ

上のグラフで明らかなとおり、円売り取引が圧倒的に多いです。縦軸の単位は「兆円」ですから、凄まじい金額です。

以上のグラフから予想できるのは、以下の通りです。

  • 円安局面:資産を増やす人が多い
  • 円高局面:資産を減らす人が多い

FXは、買いでも売りでも取引できます。上昇・下落両方の局面で収益を得られるのが、最高の展開です。

FXのルールの特徴

最後に、FXのルールを簡潔に確認しましょう。それぞれの詳細につきましては、別記事で検討することにしましょう。

FXのルール

  • 少額で大きな取引ができる
  • 円を入金すれば、円を含まない通貨ペアでも取引できる
  • 買いだけでなく、売りからでも取引できる
  • 土日を除く、ほぼ24時間取引できる
  • 株式と比べて、銘柄数(通貨ペア数)が少ない
  • スワップポイントと呼ばれる金利調整がある
  • FX業者の競争が激しく、スプレッドは概ね狭い
  • この記事の監修者
ゆったり為替

ゆったり為替

兼業トレーダー(2004年FX投資を開始)。書籍・雑誌への寄稿:ラクラク稼ぐFX ループイフダン(共著)、FX月刊誌『FX攻略.com』など

FX入門~取引を始める前に【記事一覧】

FXとは~取引を始める前に

FXの仕組み

2020/7/27  

FXとは、通貨と通貨の交換です。 通貨同士を交換するには、一定の基準が必要です。例えば、「1米ドルと110円を交換しましょう」という具合です。この数字(ここでは110円)のことを為替レートと言います。 ...

FXとは~取引を始める前に

FXの証拠金

2020/7/27  

FXにおいて「証拠金」という単語は、いくつもの使い分けがあります。 証拠金 有効証拠金 必要証拠金 証拠金維持率 それぞれ意味が異なりますので、この記事で確認しましょう。なお、FX業者によっては、保証 ...

FXとは~取引を始める前に

レバレッジのかけ方と計算方法

2020/7/27  

FXの最大の特徴は、FX会社に預け入れた証拠金(保証金)の数倍~数十倍の取引ができることです。これを『レバレッジ(leverage)』といいます。 レバレッジは「てこ」のことをいいますが、てこは、小さ ...

FXとは~取引を始める前に

スワップポイントの仕組み

2020/7/27  

FXでは、保有している建玉(ポジション)を決済せずに保有し続けると、金利のようなものが毎日発生します。これを「スワップポイント」といいます。 スワップポイントは、受け取りだけでなく、支払うケースもあり ...

FXとは~取引を始める前に

損切りのコツと目安

2020/7/27  

相場の読みが外れて証拠金が減るのを見ているだけでは、勝ち組FXトレーダーにはなれません。大きな損失を出すと、取り返すのも容易ではありません。 損失をどこで抑えて、あるいは損失をどこまで許して次のトレー ...

FXとは~取引を始める前に

強制ロスカットとは

2020/7/27  

損失を確定するパターンには、2種類あります。 ロスカット(損切り) 強制ロスカット ロスカット(損切り)は、自分の意思で損失確定することです。どれだけFXが上手な人でも、短期トレードになればなるほど、 ...

FXとは~取引を始める前に

FXのリスクと緩和方法

2020/9/18  

投資には、リスクがつきものです。FXも例外ではありません。FXは元本保証型の金融商品ではなく、為替相場変動など、複数のリスクがあります。 レバレッジを効かせて、証拠金の数倍~数十倍の取引ができます。そ ...

FXとは~取引を始める前に

信託保全|FX会社が倒産したらどうなる?

2020/7/27  

FX業者や銀行が経営破たんしてしまったら、私たちのお金はどうなるでしょうか。お金が確実に戻ってくるかどうか、考察します。 また、金融商品(株式等)の制度について、簡潔に確認しましょう。 銀行預金だから ...

為替の基礎知識

スリッページとは

2020/9/18  

トレード画面の為替レートを見て、この価格で売買したいと思って注文を出したら、実際に約定したレートが注文レートと違うことがあります。 このように、希望レートと約定レートに違いが生じることを『スリッページ ...

FXとは~取引を始める前に

FXのNDD方式とDD方式とは

2020/7/27  

為替レートは、全てのFX会社が同じ方式で表示しているわけではありません。大きく分けて2種類あります。 『NDD方式』と『DD方式』です。 そこで、これらの違いを確認しながら、自分はどちらの方式で取引し ...

FXとは~取引を始める前に

FX取引で利益が出た場合の税金

2020/7/27  

投資家にとっての悩みといえば、毎年やってくる確定申告。利益が増えてくるにつれ、この税金対策に頭を悩ませる方もいるかと思います。 そこで、FXの税制についての【3つのポイント】について確認しましょう。 ...

『FX基礎知識』カテゴリページへ

 

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト