FXとは~取引を始める前に

信託保全|FX会社が倒産したらどうなる?

FX業者や銀行が経営破たんしてしまったら、私たちのお金はどうなるでしょうか。お金が確実に戻ってくるかどうか、考察します。

また、金融商品(株式等)の制度について、簡潔に確認しましょう。



銀行預金だから守られる?

日本では、昔から「一番安全な資産の運用先は銀行預金であり、株式や外貨などは危険だ」と考えられてきたように思います。

しかし、2005年のペイオフ解禁以降は、そうとも言えなくなってきました。ペイオフとは、銀行が経営破たんしても、預金額1,000万円とその利息については全額保証します、という制度です。

すなわち、3,000万円持っている場合は、1,000万円ずつ3つの銀行に預ければ大丈夫ということになります。

運悪く、預金を預けた3つの銀行が全て経営破たんしても、預金は確実に自分の手元に戻ります。

しかし、2005年前後には、ペイオフ解禁で世の中は大騒ぎでした。1,000万円ずつ分割して預金するのでは間に合わない!という人が多かったのでしょうか。

実際は、そんなことはないでしょう。

日本国民は「預金は100%安全」と信じ込んでいたので、その前提が覆されて世の中が騒然となったのでした。

とはいえ、銀行の経営は厳しくなっており、単独で生き残るのは難しくなりました。結果、経営統合が相次いでいます。

また、預貯金としてお金を預けていても、利息はほとんど付きません。よって、積極的に何かで資産運用する必要があります。

FX業者が経営破綻したら?

では、自分が取引しているFX業者が倒産したら、どうなるでしょうか。

最初に、信託保全が義務化される前の状況を確認しましょう(信託保全の意味については、後ほど確認します)。

信託保全義務化前

2007年、エフエックス札幌が、金融商品取引法に違反して巨額損失を発生させたとして、業務停止命令を受けて破産しました。

最終的な債権者配当は、たったの5%だったそうです。

当時の、金融庁登録業者に対する緊急調査では、カバー取引の際に自社資産と顧客資産を同一口座で管理していたFX業者の割合は、41%もあったそうです。

会社資産と顧客資産が混ざって管理されているということは、自分の資産が、会社の営業のために支出される可能性があるということです。

そして、FX業者による使い込みが行き過ぎると、資金繰りに行き詰って経営破たんしてしまいます。

これが現実になると、自分の預入資産はまともに戻ってこないでしょう。

信託保全義務化

2010年から、FXでは、顧客の資産をFX業者の資産と分別した上で、信託銀行に保管(信託保全)することが義務付けられました。

証拠金取引の黎明期には、信託保全義務化がまだ確立されていませんでした。

このため、レフコジャパンやエフエックス札幌のケースのように、投資家の資産が保護されないケースがありました。

現在では、顧客資産は『信託保全』によって、安全度が格段に高まったと言えるでしょう。

信託保全のしくみ

信託保全の仕組みは、下の絵の通りです。

信託保全のしくみ図

簡潔に解説しますと、私たち顧客がFX業者に預けた証拠金は、信託会社で保管されます。そして、FX業者が経営破たんしても、資産は確実に私たちに戻ります。

信託銀行が経営破たんしても、同様です。

FX業者に預ける方が、銀行に預けるよりも安全

信託保全の目的は、投資家の資産(証拠金)の安全を保証することです。

FX業者による信託保全の義務化後、投資家の資産は信託銀行に預けられるようになりました。そして、FX業者の固有資産とは区分して、信託財産として管理されるようになりました。

信託銀行に預けた資産(預入証拠金)は、FX業者が倒産した場合でも、債権者が強制執行や仮差押等を行うことはできません。

つまり、預入証拠金は、顧客の元に全額戻ります。

なお、この信託保全ですが、金額に上限はありません。例えば、ある顧客がFX業者に1億円入金していたとしましょう。そして、そのFX業者が経営破たんしたとします。

この場合、その顧客は1億円を受け取ることができます。

銀行の場合、1,000万円とその利息については、全額戻ります。しかし、それ以上の額については、いくら戻ってくるか分かりません。

資産をいかに安全に保管するか、という点において、FX業者は銀行よりも安全度が格段に高いといえます。

金融商品の比較まとめ:FXの安全度は極めて高い

最後に、当記事でご案内した以外の金融商品(株式、債権)についても、表で簡潔に確認しましょう。

種別 補償制度
銀行預金
(普通預金)
預金1,000万円とその利息については、預金者に戻ります。それ以上の額については、戻らないかもしれません。
外貨預金 いくら戻るか、全く不明です。0円の可能性もあり得ます。
FX 何億円預けようとも、仮に1兆円預けても、確実に顧客に全額が戻ります。
株式 自分が取引している証券会社が経営破たんする場合、株式の価値に変化はありません。ただし、その株式の発行会社が倒産すれば、株式の価値はゼロになります。
債券 債券発行会社が経営破たんすれば、投資した資金は戻ってこないかもしれません。

以上のとおり比較しますと、FXの安全度は群を抜いて高いです。

ただし、日々のトレードで損したお金は、当然ながら返ってきません。戻ってくるのは、預入証拠金の残高です。

  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

-FXとは~取引を始める前に

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト