世界の為替市場

ニューヨーク市場の特徴

ニューヨーク市場の地図と開閉場時間

為替市場の最後を務めるニューヨーク市場は、ヨーロッパ・ロンドン市場とは半日重なっており、ニューヨーク市場がクローズする頃にはウェリントン・シドニー市場がスタートします。

したがって、ニューヨーク市場の午前中の市場流動性は、他の市場に比べて大幅に高くなります。

では、ニューヨーク市場の特徴や、トレードする場合の注意点などについて確認しましょう。



クセ者たちが暴れやすいニューヨーク市場

この時間帯は、クセ者揃いの米系ファンド筋が活発に取引する時間帯でもあり、米国発表の経済指標の数字によって、相場がダイナミックに動くのが特徴です。

ここに注意!

注意すべきなのは、ニューヨーク時間に入った直後に、ヨーロッパ勢がロスカットをつけさせられることがあるという点です。

イメージとしては、ヨーロッパ時間に上昇トレンドだったのが、ニューヨーク市場になったら逆になるという例です。

これは、意図的に行われているのか偶然なのか不明です。しかし、そういう値動きもあると知っておくと良さそうです。

よく似た例は、アジア時間から欧州時間に移る際にも起きることがあります。

ロンドン市場の特徴

ヨーロッパ・ロンドン市場は、圧倒的にロンドン市場の取引量が多く、数時間の時差しかない欧州は、ロンドン市場に組み込まれてしまう形になります。 FX取引では、ドルや円を介在しないユーロ対欧州通貨、ポンド対 ...

続きを見る

予測しにくいニューヨーク市場

デイトレードにおいて、その日の予想を立てる場合は、日本時間の朝から欧州時間が始まるぐらいまでの値動きを一つの区切りとして考えた方が良い場合があります。

なぜなら、欧州時間に入って、欧州時間に関する経済指標が発表されると、相場の動きはそれに大きく左右されるからです。

ニューヨーク市場も同じです。つまり、トレンドには有効期限があると考えてトレードした方が良さそう、ということです。

特にドルは米国の通貨ですから、米国の経済指標が値動きに大きな影響を与えます。

したがって、日本時間の夕方から始まる欧州市場や、日本時間の深夜がメインのニューヨーク市場で取引する際は、経済指標の結果に注目した反射神経頼みのトレードが活躍できそうです。

雇用統計とオプションカットは要注意

特に、毎月第一金曜日に発表されることが多い雇用統計の数字は、米ドル/円を大きく動かす場合があるので要注意です。

雇用統計が発表される時間帯は、夏時間の場合だと日本時間の午後9時半、冬時間だと午後10時半となります。

また、ニューヨークのオプションカットと呼ばれる時間帯も要注意です。これは、ニューヨーク時間の午前10時(夏時間なら日本時間の午後11時、冬時間なら午前0時)が該当します。

この時間帯には、ニューヨークカットのオプション(※)があるため、為替相場が動意づきやすくなります。

メモ

(※)オプション取引とは、ある投資対象を、あらかじめ決められた価格で取引するための権利を取得するもの。

為替市場では24時間連続して取引されているとはいえ、オセアニア、アジア、ヨーロッパ、ニューヨークの市場を大きく分けて捉え、それぞれにフレッシュな気持ちでトレードを考えることができます。

日本時間早朝にかけて

為替レートが大きく動くニューヨーク市場ですが、午後5時(日本時間早朝)が近づくにつれて、次第に値動きが小さくなります。

このため、それまでの値動きが大きい状態をイメージしながら取引すると、思い通りにトレードできないかもしれません。

バックテスト等で値動きを研究し、徐々に値動きが小さくなるイメージを実戦に生かせるようになってから、大きなトレードをしましょう。

そうでないうちは、取引数量を小さくするか、トレードそのものをやめて翌日に備える方が安全です。

また、日本時間午前2時~3時頃以降は、スプレッドも徐々に大きくなる傾向があります。世界全体で取引量が少なくなるのを反映したものです。

よって、この時間帯にトレードする場合は、スプレッドの推移にも注意を払いましょう。

  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

-世界の為替市場

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト