FXの注文方法

ストリーミング注文の特徴

成行注文との違いについて「今」の為替レートで約定させる

成行注文は、価格よりも、今すぐ約定することを重視する注文方法です。このため、リアルタイムで表示される為替レートで約定します。

しかし、注文のクリックをしてから、FX業者のシステムに電気信号が届くまでのわずかな時間に為替レートが変動する場合、変動後の為替レートで約定します。

いわゆるスリッページです。

これに対し、ストリーミング注文とは、いま目に見えている為替レートで約定させる方法です。仕組みや設定方法を確認しましょう。



ストリーミング注文でスリッページが発生する場合

ストリーミング注文で発注後、FX業者で処理されるまでのごくわずかな時間に為替レートが変動する場合(スリッページが発生する場合)、以下の通りとなります。

  • ユーザーにとって有利なスリッページならば、約定する
  • ユーザーにとって不利なスリッページならば、約定させない

ただし、あらかじめ「許容スリッページ」を指定することができます。

これは、ユーザーにとって不利なスリッページがあったとしても、ユーザーが決めた一定範囲内ならば約定させるという設定です。

許容スリッページを設定すれば、約定拒否を減らすことができます。

スリッページ幅の設定

米ドル/円の表示レートが、(BID) 99.99-(ASK) 100.00 のときに、「スリッページ幅3銭」で設定して、「買い」を「ストリーミング注文」で発注した場合における、約定するケース、約定しないケースは、以下のようになります。
方向 提示レート(実勢値) 発注時との差 約定するレート
不利↑ 100.03-100.04 4銭 設定幅以上の不利なレートにより不成立
100.02-100.03 3銭 100円3銭で約定
100.01-100.02 2銭 100円2銭で約定
100.00-100.01 1銭 100円1銭で約定
発注時 99.99-100.00 0銭 100円で約定
有利↓ 99.98-99.99 1銭 99円99銭で約定
99.97-99.98 2銭 99円98銭で約定
99.96-99.97 3銭 99円97銭で約定
99.95-99.96 4銭 99円96銭で約定
設定幅以上の有利なレートにより成立

スリッページ幅の設定図

実際の取引画面の例

スリッページ幅の設定画面(LIONFX)

上の発注画面で、ドル/円(USD/JPY)の提示レートは、81.181(BID)-81.186(ASK)です。

許容できるスリッページの幅を設定(上の図では0)して、提示されているどちらかの為替レートをクリックすれば、売買成立(約定)です。

  • 81.181(BID)をクリックすれば、81.181円で売りが約定
  • 81.186(ASK)をクリックすれば、81.186円で買いが約定

このケースでは「許容スリップ」を0に設定していますので、81.181(BID)をクリックして売ったと同時に表示レートが81.180に変動した場合は、約定しません。

81.186(ASK)をクリックしたときに表示レートが81.187に変動した場合も、約定しません。

損切り時の注意点

急激な相場の変動によって、保有しているポジションと反対方向に動いた場合、損失を食い止めるための「ストップロス注文」をいれることがあります。

あらかじめストップロス注文をいれておく場合でしたら、そのレートに到達した時点で「逆指値注文」によって自動的に決済注文が出されるので、問題はありません。

問題となるのは、このストップロス注文を「ストリーミング」でやろうとする場合です。

相場急変時のストップロスは成行注文で!

ストリーミング注文を使って損切り決済すると、不利なスリッページが頻発するときには損切りそのものができなくなります。

そうこうしているうちに、スリッページ幅をはるかに超えて損失が膨らむ可能性があります。

多少のスベリは気にせず、成行で損切りしましょう。

「ストップロス=成行決済」となりますので、目視している為替レートと異なる数字で約定する可能性があります。しかし、約定しますので、安全度が高くなります。

  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

-FXの注文方法

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト