FXの注文方法

成行注文の特徴

FXで最も基本的な注文方法は、成行注文(なりゆきちゅうもん)です。

この注文方法をマスターすると、とりあえずFXができるようになります。そこで、特徴を確認しましょう。



成行注文は、その場で取引が成立する

成行注文は、「今表示されている為替レートで買いたい・売りたい」という時に有効な注文方法です。

為替レートを指定せず、取引画面を見ながら注文する方法ですから、すぐに注文を出せて売買も成立しやすいという特徴があります。

株の売買では「株価はいくらになってもいいので、買いたい・売りたい」という時に使われるのが、成行注文です。

FXの場合は「現在の為替レートですぐに売買する」という意味合いを持ち、「マーケット注文」「プライスオーダー」「クイックトレード」などと呼ばれることもあります。

成行注文の概念図

たとえば、1ドル=115円50銭(bid)-115円55銭(ask)というレートであれば、ドルを成行注文で買えば、1ドル=115円55銭で買うことができます。

逆に、ドルを成行注文で売れば、1ドル=115円50銭で売ることができます。

表示された為替レートが気に入らない場合には、希望の為替レートになるのを待って注文します。

スリッページに注意

相場は常に動いていますので、為替レートもリアルタイムで変動します。

成行注文は、「確実に売り買いが成立する」メリットがある反面、幾らで売買されたかは、「約定されたあとでなければ分からない」というデメリットもあります。

上の例で、1ドル=115円50銭-115円55銭というレート表示のときに、成行で買い注文を発注したら、約定レートが115円54銭だった…こういう結果だったら大歓迎です。

しかし、『約定してみたら115円56銭だった』では納得がいかないかもしれません。

この、期待した為替レートと約定した為替レートに差が出てしまうことを、スリッページといいます。

頻繁に為替レートが変わる局面では、約定ボタンを押したあと、その注文がFX業者に届く前に為替レートが変わることがあります。

この場合、最新の為替レートで注文が成立します。

スリッページの概念図

クリックしてからFX業者に発注が届くまでの時間は、0.01秒未満かもしれません。しかし、ゼロではありません。このため、スリッページを避けるのは難しいです。

  • 表示レートよりも高く買う場合がある
  • 表示レートよりも安く売る場合がある

スリッページが発生すると

成行注文では、現在のレートを指定して注文を出すことができません。よって、現在の表示レートよりも不利な為替レートで約定する可能性があります。

有利な為替レートで約定する可能性もあります。

成行注文が有効に使える場面

以上の考察から、成行注文を効果的に使える場面は、例えば以下の通りです。

為替レートよりも、今すぐ約定させることを優先したい

  • (例1)今すぐ損切りしないと大変だ!という状況
  • (例2)売買シグナルが出たから、すぐに取引したいとき

小さいスリッページなら、誤差として片付けられる場合

(例)200銭の利幅を狙って、スイングトレードをするとき

値動きが穏やかな場合(スリッページになりにくい)

指定したレートがすべる「スリッページ」について

【まとめ】メリット・デメリット

特徴を簡潔にまとめます。他の注文方法も覚えていく上で、以下を抑えておけばOKです。

メリット

現在の値動きを確認しながら注文を出せて、確実に売買が成立する。為替レートを指定する手間が省ける。

デメリット

注文した時点の為替レートで約定するとは限らない。実際に約定した為替レートは、約定後に確認するまで分からない。
  • この記事を書いた人

【編集部スタッフ】

2007年からFXビギナーズを運営しながら、トレードの腕を磨いています。強者トレーダーを師と仰ぎ、日々トレーダーの道を邁進中。

-FXの注文方法

© 2020 FXビギナーズ-FX初心者の入門サイト