くりっく365 PC版イメージ くりっく365 スマホ版イメージ

くりっく365は【FX取引所】

FXの世界では、株式売買のような取引所は一般的ではありません。相対取引(あいたいとりひき)が一般的です。一方、くりっく365は取引所です。すなわち、取引の仕組みが大幅に異なります。

最初に、相対取引と取引所の違いを確認しましょう。すると、FXとくりっく365の違いが徐々に見えてくるでしょう。

相対取引の仕組み

相対取引とは、顧客とFX業者が直接取引する方法です。下の図はイメージです。

相対取引イメージ

左側にいる投資家は、世界の為替市場(インターバンク市場)で直接取引しているわけではありません。FX業者と取引しています。FX業者は、自社の裁量で為替レートを決定し、顧客に提示します。

このため、「固定スプレッドで××銭」というサービスが可能になります。固定スプレッドは便利で分かりやすい一方、恣意的な為替レート操作だと言えなくもありません。

くりっく365の仕組み

一方、くりっく365は、取引所です。左側にいる顧客は、くりっく365で直接取引します。様々なFX業者でくりっく365の取引ができますが、FX業者は仲介窓口の役割です。

くりっく365の仕組み

このため、どのFX業者経由でくりっく365を使っても、顧客は同じレートで取引できます。

マーケットメーカー制度

では、くりっく365は、どのように為替レートを決定しているでしょうか。

くりっく365には、「マーケットメーカー」と呼ばれる制度があります。マーケットメーカーになった各社は、くりっく365に対して、為替レートを配信します。

くりっく365は、マーケットメーカー各社から受信した為替レートのうち、顧客にとって最も有利な為替レートを顧客に配信します。

例えば、以下の通りです。

マーケットメーカー Bid(売り) Ask(買い)
A社 100.00 100.04
B社 100.01 100.04
C社 100.02 100.05
D社 100.01 100.03

A社からD社は、マーケットメーカーです。それぞれが、くりっく365に対して上の為替レートを配信したとします。

この場合、くりっく365は、赤の太字で書いた為替レートを採用して、投資家に提示します。すなわち、私たちは、最も安い為替レートで買い、最も高い為替レートで売ることができます。

結果として、狭いスプレッドで取引可能になります。

ストップ狩りや不自然なスリッページがない

稀に、FX業者が「ストップ狩り」をしているのでは?と疑いの目を向ける人がいます。ストップ狩りとは、顧客の損切りを誘発してFX業者が儲けようとすることです。

FX業者は、自社の裁量で為替レートを自由に配信できます。そこで、インターバンク市場のレートと異なる不自然なレート配信があると、ストップ狩りを疑われることになります。

また、不自然なスリッページが疑われる場合もあります。成行で発注すると、多少のスリッページは仕方がない面があります。しかし、それを考慮しても、このスリッページはおかしいのでは?という場面があるかもしれません。

実際に、ストップ狩りや不自然なスリッページが意図的に行われているのかどうか、それは分かりません。

しかし、相対取引の場合、為替レートはFX業者のさじ加減一つで決められます。どうしても、この種の疑いは出やすくなります。

しかし、くりっく365の場合、ストップ狩りや不自然なスリッページはありません。仕組みから言って、ストップ狩りや不自然なスリッページができません。

これが、くりっく365の「透明性が高い」「公正な為替レート」という評価につながっています。

スワップポイントが一本値

くりっく365は、スワップポイントが一本値(いっぽんね)です。これも、一般的なFX業者と異なります。

一般的なFX業者のスワップポイント

例えば、米ドル/円を長期保有するとします。このとき気になるのは、スワップポイントでしょう。

スワップポイント(例)
1万通貨買う場合:50円の受取り
1万通貨売る場合:60円の支払い

以上の通り、買う側と売る側で金額が異なることが一般的です。そして、1万通貨買って、同時に1万通貨を売る場合、スワップポイントの合計はマイナスです。この差は、FX業者の収入源となります。

顧客にとっては、コストになります。できれば、支払いたくありません。

くりっく365ののスワップポイント

一方、くりっく365の場合は、買う場合と売る場合でスワップポイントの大きさが同じです。

スワップポイント(例):

1万通貨買う場合:50円の受取り
1万通貨売る場合:50円の支払い

1万通貨買って、同時に1万通貨を売る場合、スワップポイントの合計はゼロです。くりっく365は、スワップポイントで収益を得ようとしていません。その分、私たちに有利になります。

この、買いと売りでスワップポイントの大きさが同じことを「一本値(いっぽんね)」といいます。

ヒストリカルデータ分析もしやすい

くりっく365は、公的な取引所として機能しています。公的であるがゆえに、情報公開のレベルも高いです。例えば、以下の通りです。

その他、様々な情報を公開しています。このため、くりっく365のデータを使って、過去の分析(ヒストリカルデータ分析)が可能です。

取引手数料

以上、様々な特徴を確認しました。くりっく365には、一般の相対FXとは異なるメリットが複数あります。そこで、くりっく365で取引することも検討できるでしょう。

では、くりっく365で取引するには、どうすれば良いでしょうか。それは、くりっく365での取引を仲介してくれるFX業者で口座を作ればOKです。全部で10社以上あります。

どのFX業者で口座を作っても、同じ為替レートで取引できます。しかし、取引手数料は、各社バラバラです。そこで、取引手数料が無料のFX業者で口座を作りましょう。

全く同じものを売買できるのに、あるFX業者は有料で、別のFX業者は無料です。ならば、無料のFX業者を使うほうが望ましいです。

くりっく365取引シェア国内No.1

GMOクリック証券【くりっく365】
東証第一部上場のGMOインターネット株式会社が親会社です。くりっく365以外にも、店頭FX、CFD、株式、外為オプションなどの商品があり、一つのIDで管理が可能。
取扱通貨ペア数 25種類
取引手数料 完全無料
公式サイトへ
【くりっく365】主要通貨のスワップ金利
81円 34円 -6円 42円 36円 109円 156円 -0.89円

※スワップ金利は、1万通貨を取引した場合の1日当たりの金額です。
※スワップ金利は日々変動している可能性があります。公式サイトでご確認ください。

GMOクリック証券【くりっく365】取引条件(概要)

取引条件
注文受付時間 下記の時間を除く、24時間365日
・米国標準時間:火曜~金曜の6:55~7:45、土曜の6:00~7:35
・米国夏時間:火曜~金曜の5:55~6:45、土曜の5:00~6:35
必要証拠金 東京金融取引所が定める為替証拠金基準額に取引枚数を乗じたもの(証拠金率4%相当)
取引手数料 0円
初回最低振替額 下限なし
通貨ペア
(全25種類)
クリック365通貨ペア
レバレッジ 最大25倍(レバレッジの倍率を設定変更することはできません)
ロスカット 証拠金維持率が50%を下回ったとき
ロスカットアラート 証拠金維持率が100%を下回ったとき
追加証拠金 値洗い後、時価評価総額が必要証拠金を下回った場合
スワップポイント 受取側と支払側とで同額
最小取引単位 10,000通貨(通貨によって、10万通貨単位)
モバイル対応環境 携帯電話(ガラパゴス携帯) スマートフォン
未対応 iPhone対応状況 Android対応状況
注文機能
成行 指値・逆指値 IFD OCO IFO
トレール ストリーミング 2WAY 途転 両建て
会社概要
会社名 GMOクリック証券株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
資本金 43億4,666万3,925円
上場 東証第一部(GMOインターネット株式会社)
加盟組合/組合名 日本証券業協会、(一社)金融先物取引業協会

GMOクリック証券【くりっく365】口座開設

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×