少額取引 PC版イメージ 少額取引 スマホ版イメージ

FXは少ない資金でも取引可能!

大きな資金で派手にFXするのは後回しにして、今は堅実に1万円から始めてみたい。あるいは、FXがどういうものか確認するために、最初は1万円で試したい。そのように考えている個人投資家は少なくないでしょう。

そこで、1「1万円から始めるFX」を考えましょう。

1万円でどれくらいのトレードができるか

1万円を準備する場合、どれくらいの数量で取引すべきでしょうか。勝つ場合と負ける場合で比較してみましょう。

上の比較から、明らかです。負ける場合に焦点を当てて考察しましょう。勝つ側は無限に勝ってOKですが、負ける方は1万円までという限界があります。そこで、そこまで負けないようにするには、何通貨で取引すべきか?を考えます。

1,000通貨トレード

例えば、最低取引数量が1,000通貨の場合を考えましょう。「1,000通貨」とは、1,000米ドルや1,000ユーロなどです。世界中には様々な通貨がありますから、それらをまとめて表現するときに便利です。

米ドル/円(USD/JPY)が120円のとき、1,000通貨は12万円です(120円×1,000通貨)。1万円で12万円分の取引をしていますから、レバレッジは12倍です(12万円÷1万円)。

日本では最大レバレッジが25倍までトレード可能ですから、12倍は取引可能です。しかし、レバレッジが12倍というのはとても大きな数字です。というのは、手元資金の12倍もの量の通貨を売買することだからです。

例えば、米ドル/円を1,000通貨買うとしましょう。その後の値動きを考えます。

100銭円安になる場合、1,000円の利益です。
100銭円高になる場合、1,000円の損失です。

期待通りになる場合は良いですが、期待外れの場合、わずか100銭の損切りで1,000円を失います。1,000円は1万円の10分の1です。連敗したら、あっという間に資金がなくなってしまいます。

そこで、最低取引数量が100通貨のFX口座で、100通貨だけトレードする場合を考えてみましょう。

100通貨トレード

米ドル/円が120円のとき、100通貨は12,000円です(120円×100通貨)。1万円で12,000円分の取引をしていますから、レバレッジは1.2倍です。先ほどの12倍よりも数字がずっと小さくなりました。その分だけ、安全度が高くなります。

米ドル/円を100通貨買うとしましょう。その後の値動きを考えます。

100銭円安になる場合、100円の利益です。
100銭円高になる場合、100円の損失です。

勝っても負けても、小さな金額です。元手の資金は1万円ですから、勝っても負けても影響は小さいです。これでは額が小さすぎると思えば、200通貨、300通貨で取引できます。

100通貨でFXを繰り返し、心の準備ができたところで投資額を大きくすることができます。

100通貨で売買できるのは、マネーパートナーズとSBI FXトレードです。

1通貨トレード

なお、SBI FXトレードの場合、1通貨から取引可能です。すなわち、1米ドル、1ユーロから取引できます。ただ、実際には1通貨で取引しても、ほとんど旨味がありません。

1ドル120円のときに買って、121円になって利食いしても、利益は1円しかないからです。

しかし、10通貨、50通貨、150通貨といった数量で取引できます。100通貨の場合よりも、きめの細かい取引が可能になります。もちろん、1,000通貨以上の売買も可能です。

レバレッジが1倍より小さくてもOK

ここで一つ確認しましょう。
「FXでは、レバレッジが1倍よりも小さな取引も可能です!」

1万円を証拠金にしたら、少なくともレバレッジ1倍で1万円分の取引をするという義務はありません。もちろん、そういう取引をしたければできますが、FX口座によっては1米ドルだけ、1ユーロだけという小さな取引も可能です。

さて、今までいろいろ考察してきました。結局、1万円の資金でFXをする場合、何通貨でトレードすれば良いでしょうか。

1万円ならば何通貨でトレードすべき?

1万円で1,000通貨の取引をする場合を考えましょう。既に確認しましたとおり、100銭の損を出すと、当初の1万円の資金は9,000円になってしまいます。

しかし、デイトレードをする場合、100銭の値動きが出るような大きな売買をするよりも、数十銭で決着をつけるというトレードが多くなるでしょう。その場合は、1取引の損益は1,000円よりも小さくなります。

手元資金1万円に対して数百円の損ならば、(もちろん痛いですが)回復可能です。

同じ1,000通貨の取引でも、スイングトレードで2円(200銭)の損失を計上してしまったとしましょう。この場合の損失額は、2円×1,000通貨=2,000円です。

1万円の資金に対して1回のトレードで2,000円も減らしてしまうと、ちょっと連敗するだけでゲームオーバーになりかねません。

この場合は、1,000通貨では取引数量が大きすぎるということになります。100通貨~500通貨あたりで取引すべきでしょう。

以上のことから、証拠金1万円で取引すべき数量は、以下の通りだといえそうです。

  • スキャルピング:1,000通貨
  • デイトレード:1,000通貨
  • スイングトレード:100通貨~500通貨
  • ポジショントレード:100通貨

次のページでは、資金10万円から始める場合のトレード方法を紹介します。

主要な通貨ペアの特徴

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×