取引コストは少しでも小さい方が良い

スプレッドとは、FXを売買するときの価格差を言います。例えば、あるときの米ドル/円の為替レートが、以下の通りだったとしましょう。

この場合、買値と売値の差額であるスプレッドは、0.3銭(または0.3pips)です。私たちが買うとき、100.500円で買います。売るときは、100.497円で売ります。高い方の価格で買い、安い方の価格で売ります。

この差額は、事実上の取引手数料になります。

なお、上の差は小さく見えますが、これは「1通貨を売買する場合」です。1万通貨を取引する場合、手数料は1万倍になります。

売買手数料の計算例

上の例で売買手数料を計算してみましょう。

スプレッド:0.3銭(=0.003円)
取引数量:10,000通貨
取引手数料:0円
売買手数料:0.003(円)×10,000(通貨)=30(円)

以上から、30円が事実上の売買手数料です。

1万通貨売買しても、手数料はとても小さいです。ただし、私たちは、繰り返し売買します。そこで、スプレッドは少しでも小さいほうが望ましいです。

スプレッド比較対象通貨ペア

下にあるFX各社のスプレッド一覧は、日本のFX市場で取引数量が多い、以下の5通貨ペアを選んで作成しています。(参照ページ:日本の為替市場規模~通貨ペア別取引数量ランキング

タイアップキャンペーン中

DMM.com証券『DMM FX』
現在、当サイトとのタイアップ企画により、短期トレードに有効な手段となる「特別レポート」を皆様に進呈中です。キャッシュバックも総額24,000円。なお、スプレッドは、原則固定【例外あり】。
米ドル/円 英ポンド/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭
NZドル/円 ユーロ/米ドル ポンド/米ドル 豪ドル/米ドル
1.2銭 0.4pips 1.0pips 0.9pips
DMM FX公式サイトへ

FX業者のスプレッド一覧

スプレッドは原則固定(※例外あり)であり、相場状況によって広くなる場合があります。

会社名 詳細
DMM FX 0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
GMOクリック証券 0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
JFX 0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
SBI FXトレード 0.27銭 0.89銭 0.39銭 0.59銭 0.48pips
YJFX 0.3銭 - 0.5銭 0.7銭 0.4pips
セントラル短資FX 0.3銭 0.8銭 0.4銭 0.8銭 0.3pips
ヒロセ通商LION FX 0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
マネーパートナーズ 0.3銭 0.9銭 0.4銭 0.6銭 0.3pips
みんなのFX 0.3銭 0.7銭 0.4銭 0.4銭 0.3pips
FXトレード・フィナンシャル MT4 1.0銭 4.0銭 1.4銭 2.5銭 1.4pips
外為ジャパン 0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
外為オンライン 1.0銭 3.0銭 2.0銭 3.0銭 1.0pips
FXプライム byGMO 0.6銭 1.8銭 0.9銭 1.3銭 0.6pips
FX nano 0.4銭 1.2銭 0.7銭 0.9銭 0.8pips
FXブロードネット 0.3銭 1.5銭 0.5銭 0.6銭 0.3pips