初心者編(FX投資の予備知識) PC版 初心者編(FX投資の予備知識) スマホ版

透明性の高い為替レートとは?

FXで売ったり買ったりするときに画面に提示されている為替レートは、誰が出しているでしょうか?

FX会社?取引所?銀行?・・・実は、どれも正解です。

取引所

例えば、株取引では、東京証券取引所などの取引所があります。取引参加者が自由に売買注文を出すことにより、値段が決められます。

FXでも「くりっく365」という取引所があります。こちらは、マーケットメイカーと呼ばれる複数の会社が、それぞれ為替レートを表示しています。その中で、顧客に最も有利なレートを提示した会社の数字が採用され、顧客に提示されます。

よって、くりっく365は、顧客にとって有利なシステムです。

なお、FXの世界では、取引所取引は一般的ではありません。相対取引(あいたいとりひき)が主流です。

DD方式

相対取引とは、「FX業者と顧客が直接取引する」という方式です。株式のような「市場参加者同士が売買する方式」ではありません。

相対取引のことをDD方式(ディーリング・ディスク方式)と呼ぶこともあります。絵にしますと、以下の通りです。

DD方式イメージ

一番左は、私たち投資家です。そして、真ん中にFX業者がいます。投資家の注文は、FX業者内で処理されます。そして、FX業者は、顧客の取引とは別のところで、インターバンク市場(銀行など)と取引します。

この方式ですと、FX業者は為替レートを自社の裁量で設定できます。よって、インターバンク市場と少し異なるレートにすることも可能です。

DD方式のメリット

DD方式の場合、FX業者は、為替レートを自社の裁量で決定できます。これにより、メリットがでてきます。例えば、米ドル円のスプレッドを固定できます。

インターバンク市場では、為替レートが随時変化します。スプレッドも、目まぐるしく変化します。しかし、私たち顧客にとっては、少々分かりづらいです。そこで、FX業者の裁量で、スプレッドを固定します。顧客にとって、とても分かりやすいです。

しかも、この固定スプレッドですが、インターバンク市場のスプレッドよりも狭いことが珍しくありません。

例えば、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定にしているFX業者は、数多くあります。しかし、インターバンク市場のスプレッドを見ますと、0.3銭よりも広いことがごく普通にあります。

FX業者は、インターバンク市場から「卸売価格」で為替レートを取得します。そして、FX業者の収益分をプラスして「小売価格」で顧客にレートを提示します。

よって、小売価格の方が、価格が高い(すなわち、スプレッドが広い)はずです。しかし、小売価格の方が安い状態が多発しています。

このカラクリは、以下の通りです。

インターバンク市場よりも狭いスプレッドを提示できる理由

例えば、顧客Aが、100.00円で米ドル円を「買う」注文を出したとします。そして、顧客Bは、米ドル円を100.00円で「売る」注文を出したとします。

この場合、FX業者は、自社のシステム内で顧客Aの注文と顧客Bの注文を成立させます。インターバンク市場に注文を取り次ぎません。

この方法を「マリー(marry:結婚)」と呼んでいます。

自社のシステム内で顧客の注文を約定させれば、インターバンク市場に支払う手数料をゼロにできます。すなわち、スプレッド分の手数料は全部FX業者の収益になります。

その収益を原資にして、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定にします。小売価格の方が卸売価格よりも安い(スプレッドが狭い)理由は、ここにあります。

なお、FX業者は、全ての発注をマリーできるわけではありません。マリーできない分の注文は、インターバンク市場に取り次ぎます。例えば、顧客Cが米ドル円を買った場合、FX業者は、インターバンク市場から米ドル円を同じ数量だけ買います。

こうすることで、FX業者自身が保有するポジションをゼロに保っています(ポジションを持っていたら、相場変動で損してしまうかもしれません)。

NDD方式

NDD方式イメージ

DD方式と異なる方法として、NDD方式(ノー・ディーリング・ディスク)があります。DDでないという意味です。すなわち、FX業者は、為替レートを自社の裁量で変更しません。

FX業者は、投資家とインターバンク(カバー先)をつなぐ仲介業者的な役割を担います。

FX業者は、複数のカバー先(銀行など)と契約します。そして、それぞれのカバー先からもらうレートの中で、顧客にとって最も有利な為替レートを顧客に提示します。こうして、流動性の確保や低スプレッドを実現します。

したがって、インターバンク市場のレートが、そのまま顧客に届きやすいです。FX業者の裁量がないので、透明性が高いと言えます。

FX業者の視点で見ると、為替レートを裁量で決める必要がない分だけ、コストが安くなります。しかし、マリーができないので、自社の収益は小さくなります。合計すると、収益は小さくなるでしょう。NDDは、FX業者にとって不利かもしれません。

それでもNDDを採用するのは、顧客にとって透明性の高い為替レートを提示したいという気持ちでしょう。

NDDを採用しつつも、業界最高水準の低スプレッドを提供できるFX会社も登場しています。FX口座を選ぶ際には、DDかNDDかもチェックしておきたいです。

インターバンク直結方式を採用しているFX業者

インターバンク直結方式(NDD)を採用している業者は、少数派です。業者にとって薄利なシステムなため、メリットがあまりないのが要因だと思われます。

そして、NDDを採用するFX業者は、投資家に取引を繰り返してもらい、どんどん利益をあげて欲しいと期待しています。薄利なので、お客さんに取引を繰り返してもらう必要があります。

ですから、投資家に対して、為替情報の充実化やオペレーターによるサポート体制の強化、為替レートの約定率の向上など、さまざまな面で投資家を側面から支援しています。

NDD採用 お勧めFX業者

DD方式かNDD方式か

最後に、私たちはDD方式とNDD方式で、どちらのFX業者を使うべきでしょうか。今までの考察を元に考えますと、「取引する人の好みによる」と言えるでしょう。

皆様がFX業者に求めているものは何か?を考えつつ、FX業者を選択しましょう。

【ビギナー編】FX投資を始めるに当たって;予備知識

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×