投資商品とFX PC版イメージ 投資商品とFX スマホ版イメージ

仮想通貨 Bitcoin(ビットコイン)で取引?

Aさんは、引き続きFXと比較できる金融商品を探しています。インターネットを検索していたところ、ビットコインが目に留まりました。

「ビットコイン・・・仮想通貨。良く分からないけれど、何か面白そう」

そこで、Aさんはビットコインについて調べることにしました。

ビットコインについて調べると、プログラムの一種でした。ブロックチェーンなど、独特の用語もあり、発展スピードもとても速いようです。これは難易度が高そうです。

しかし、相場という面で見れば、FXも仮想通貨も似たようなものかもしれません。買った後に価格が上昇すれば、利益です。逆に、価格が下落すれば損です。そこで、ビットコインを調べると、以下のことが分かりました。

そもそも取引できる?取引場所は?

ビットコインの取引市場は存在するし、取引も可能です。

これは助かりました。取引市場がなければ、自由に買うことが難しかったかもしれません。取引市場があれば、流動性に難があったとしても買う機会はあります。

なお、東京証券取引所のような集中取引所は存在せず、各運営会社が自前の取引市場を運営しています。そして、取引の仕組みには2種類あります。

仮想通貨は新しい分野だけあって、取引の仕組みが混在しています。初心者には違いが分かりづらいかもしれませんが、選択肢が多いのは良いことです。

規制する法律

いわゆる仮想通貨法が施行されています。しかし、FXや株式を規制するような、完全なものではありません。まだ発展途上です。仮想通貨自体が形を変えつつ発展していますので、規制するのが難しいのかもしれません。

あいまいな部分がなくなるには、今しばらく時間がかかるかもしれません。

安全性

ビットコインを含む仮想通貨の大きな特徴の一つに、「どこでも自由に送金できる」ことがあるでしょう。

例えば、FXで米ドル/円(USD/JPY)を保有しているとします。そのポジションを、他のFX業者に送付することはできません。いったん決済して、改めて目的のFX業者でポジションを建てるしかありません。

株式だったら、ある証券会社から別の証券会社に移管できます。しかし、手続きが面倒で、手数料も小さくありません。

しかし、ビットコインの場合、送金先アドレスを指定すれば、簡単に送れます。大変なメリットです。

しかし、この仕組みを悪用されると大変です。ハッキング等でセキュリティを破られると、簡単に盗まれてしまいます。世界中で、この事件が発生しています。

この面では、安全性は少し劣ると言えそうえす。

レバレッジ取引

取引所によって表現が異なりますが、ビットコインを使ってFXと同様の取引ができます。ここでは、「レバレッジ取引」と表現します。

すなわち、レバレッジを使えますし、売りからも取引できます。ただ、流動性はFXよりも圧倒的に小さいです。このため、大きすぎる数量で売買すると、価格が跳んでしまう危険があります。

値動きそのものは、FXよりも極めて大きいです。

米ドル/円(USD/JPY)が、1日に2%も動くとしたら、世の中で何か大きな事件等があったときでしょう。通常は、1%前後でしょう。

しかし、ビットコインの場合は、1日に10%動くこともあります。FXと比べて、桁違いのボラティリティ(価格変動率)です。その状況でレバレッジを利かせられるのですから、利益になるときも損になるときも、大変な勢いです。

また、レバレッジ手数料(FXのスワップポイントに相当)は、買いの側も売りの側もマイナスです。

FXだったら、買いか売りかどちらかで、プラスになることが多いです。しかし、ビットコインのレバレッジ取引では、買っても売っても、どちらでもレバレッジ手数料はマイナスです。

よって、長期トレードは向きません。短期で一気に決着を付けます。

ビットコインとFXの比較まとめ

以上をまとめますと、以下の通りです。

ビットコイン

FX

こうして比較すると、ビットコインで取引すると、短期で一気に成功する可能性があると分かります。その分リスクも高いですが、小さめの資金での挑戦を検討できます。

ビットコインをどこで取引するか

では、実際にどこで取引しましょうか。日本でも、仮想通貨が盗まれたという事件が複数発生しています。また、FXのような流動性がないので、流動性の高いところがいいです。さらには、金融庁の行政処分を受けたことがない方が安心できます。

2018年、金融庁は一斉に取引所と販売所を検査し、行政処分しました。そんな中、行政処分されずに済んだ販売所があります。

DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinの取引画面を見ますと、DMMFXと似ています。すなわち、DMMFXで得た経験と技術をふんだんに投入していると分かります。FXを取引してきた皆様にとっては、特に分かりやすい作りです。

FXの経験がなくて初めてビットコインを取引するという場合も、扱いやすい作りになっています。

また、ビットコインだけでなく、様々な仮想通貨でレバレッジ取引が可能です。

仮想通貨の短期売買をしたい場合、安心を得るという意味からも、DMM Bitcoinが有力候補になります。

投資商品と外国為替証拠金取引(FX)を比べてみよう

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×