一つ前の記事「デイスキャFXのトレード手法【概要】」で、トレードの考え方を学びました。この記事では、インジケーターを使って具体的に考えます

利用するインジケーターの種類と役割

インジケーターとは、為替レートの数字を加工して、相場の動きを読みやすいように表示したものです。

  • ZigZag(ジグザグ)
  • MACD
  • 平滑移動平均線(EMA)
  • ゾーン
  • ボリンジャーバンド

それぞれの意味を、簡潔に確認しましょう。具体的な使い方は、記事の中でご案内します。

ZigZag(ジグザグ)

ZigZagは、その名の通り、ジグザグな線です。下は、MT4のチャートです(以下同じ)。チャートの中に、赤色の直線があります。これがZigZagです。

ZigZagのイメージ

ZigZagは、ローソク足の高値と安値を結んで線を引きます。こうすることで、相場のトレンドが分かりやすくなるメリットがあります。

デイスキャFXでは、トレンド把握のほかに、実際に取引を開始するときの基準として使用します。

MACD

MACDは、トレンドの強弱を把握したり、取引開始や決済タイミングを考えたりするために使います。極めて重要なインジケーターです。

MACDのイメージ

上のチャートで、下部分にグラフがあります。これがMACDです。

平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均は、トレンドの把握、損切り位置の目途として使用します。チャート中の黄色い線です。デイスキャFXにおいて、必要不可欠な要素となります。

指数平滑移動平均のイメージ

ゾーン

ゾーンとは、「為替レートが特定の位置にあるときは、買いだけ(または売りだけ)に集中する」という範囲を示します。

ゾーンのイメージ

ピンク色の範囲は、買いゾーンです。そして、青は売りゾーンです。

ゾーンの作り方の詳細は省略しますが、為替レートを基準にして作ります。為替レートの上の方が買いゾーン、下の方が売りゾーンという考え方です。

なお、トレードをしながらゾーンを判断するのは、訓練が必要です。しかし、デイスキャFXのツールを使うことにより、自動でゾーンを表示させることができます。

このツールがあるのとないのでは、トレードの精神的負担が圧倒的に違います。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、利食い決済する位置を考える際に使います。ただし、必須のツールではありません。

一般的には7本ですが、下の絵では、3本だけ表示しています。3σを使います。センターライン(移動平均線)を消して2本にしても良いでしょう。

ボリンジャーバンドの描画イメージ

トレード方法

では、具体的にトレードの方法を確認しましょう。ここを読む前に、記事「デイスキャFXのトレード手法【概要】」を読んで、大まかな流れを確認してください。

以下、買いの場合を考えます。

手順1:1時間足のチャート

1時間足のチャートで、為替レートが上昇トレンドにあることを確認します。具体的には、以下の条件を満たすことを確認します。

下のチャートで、右側に白の縦長の四角を追加しました。ここが、条件を満たす部分です。

1時間足チャートのチェック(買いゾーン)

手順2:5分足のチャート

5分足のチャートが、右肩上がりになっていることを確認します。具体的には、以下の通りです。

なお、「Zigzagの線が右肩上がりになっている」が当てはまらない場合もOKとします。Zigzagが右肩下がりでも、為替レートが上昇中で、MACDがプラスに転換している場合、などです。

下のチャートで、右側の白い四角部分が、条件を満たす部分です。

MACDが、プラスになったりマイナスになったりしています。プラスになったところが、上昇中という定義になります。

5分足チャートのチェック(買いゾーン)

手順3:1分足で取引開始

1分足で、取引開始タイミングを見極めます。

ここに来て、他と異なる条件が出てきました。「Zigzagの線が右肩下がりになっている」です。この意図は、前の記事「デイスキャFXのトレード手法【概要】」の通りです。

その絵を再掲します。

3つの時間軸で考えるエントリーポイント

1時間足と5分足のチャートは、現在の為替レートが買いの位置にあることを確認します。そして、1分足で買うわけですが、買うタイミングは「今まさに買うべきタイミングになったら」です。

よって、今上昇しているというタイミングでは、少し遅いです。上昇に転じたと判断できるタイミングです。

よって、1分足のZigzagは、右肩下がりの線になっている状態のものが望ましいです。

1分足チャートのチェック(買いゾーン)

上のチャートで、ZigZagが上下に動いています。これは、過去のチャートを見ていますので、上下に動いていると分かります。

実際に買うのは、ZigZagが下方向に伸びているときです。といいますのは、ZigZagが上方向の線を表示する時には、既に買うべきポイントは過ぎているからです。

このため、ZigZagは下向きだけれど、今後の上昇を期待して買うということになります。

しかし、為替レートが今後も下落すれば、ZigZagの線はさらに下に伸びていきます。逆に、為替レートが上昇すれば、ZigZagの線は右上方向に伸びます。どちらになるか、事前に確実に見通すことはできません。

MACDで転換を確認する

そこで、為替レートの状態とMACDに注目します。為替レートが上昇しつつある場合、MACDがマイナスからプラスに転換するでしょう。

MACDがプラスに転換した時点で買います。

1分足の終値で判断するのを基本としますが、1分足が出来上がる前に、MACDがプラス転換した時点で、取引を開始しても良いでしょう。

手順4:損切り注文(逆指値注文)

損切り注文の位置は、EMAを基準に考えます。すなわち、以下の通りです。

買っているとき:
為替レートが黄色い線を下回ったら、損切り。

売っているとき:
為替レートが黄色い線を上回ったら、損切り。

分かりやすいので、迷うことは少ないのでは?と思います。損切り注文は、何が何でも確実に実行しましょう。損切りしたくないな、という迷いは禁物です。

pips差決済注文

なお、デイスキャFXは、スキャルピングです。成行で取引を開始してから、ゆっくりと決済注文を出している余裕がない時があります。

よって、取引開始と同時に自動で決済注文を出してくれる機能を使いましょう。ヒロセ通商に標準搭載されている機能です。「pips差決済注文」という名前です。

例えば、取引開始と同時に、10pipsの利幅で利食い、5pipsの含み損で損切りという注文を自動発注するようにします。そして、取引開始後に、損切り・利食いの発注位置をゆっくりと修正します。

手順5:利食い注文(指値注文)

利食い注文の方法は、2種類あります。順に確認しましょう。

大きな利幅を狙う場合

買いゾーンで、為替レートが特定の状態になったときに買った場合は、大きめの利食いを狙います。具体的には、以下の通りです。

大きな利食いを狙う場合

買った位置を赤丸とします。青の線は、為替レートの動きです。下にある黄色の曲線は、EMAです。損切り注文は、EMAのすぐ下に置きます。

利食い注文は、大きめの利幅を狙います。すなわち、以下の通りです。

買った位置の為替レートと、ZigZagの直近の安値の差を3倍します。その数字と同じだけの含み益ができたら、決済します。

成功すれば、大きな利幅となります。ただし、利食いまでの距離が遠いので、工夫を加えましょう。

下の図の上側で、青の線は為替レートの動きだとします。今後の上昇を期待して、赤丸部分で買ったとします。そして、損切り注文を設定しました。

トレール注文の活用

その後、為替レートが期待通り上昇して、直近高値を超えて上昇したとします。この場合、損切りの逆指値注文を、上の図のように移動します。

すなわち、逆指値注文を、買値と同じか、買値よりも少しだけ上に変更します。こうすれば、為替レートが反転下落しても、損失はありません。

この技術を、トレール(トレーリングストップ)といいます。

確実な利食いを狙う場合

大きな利幅を狙えない場面では、取引開始時点のボリンジャーバンドの3σの値で、利食い決済します。

または、買った位置の為替レートと、ZigZagの直近の安値の差の数字と同じだけの含み益ができたら、決済します。

大きな利幅を狙いません。

小さな利食いを狙う場合

FX取引ツール【デイスキャFX】

この記事は、MT4ツール「デイスキャFX」の使い方を解説した記事です。よって、このツールの使用を推奨するものではありません。また、このツールは、将来の為替レートを予測するものではありません。本記事の情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。閲覧者が、本記事の情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、当ウェブサイト運用者及びゆったり為替は一切の責任を負いません。

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
記事の著者・監修者
記事編集・広告掲載方針
プライバシーポリシー
×