超入門(FXの特徴) PC版 超入門(FXの特徴) スマホ版

FXの信託保全とは、何でしょうか。銀行預金と比べて、どちらが安全でしょうか。

ここでは、銀行やFX業者が経営破たんする場合に、自分のお金が確実に戻ってくるかどうかを考察します。

銀行預金だから守られる?

日本では、昔から「一番安全な資産の運用先は銀行預金であり、株式や外貨などは危険だ」と考えられてきたように思います。

しかし、2005年のペイオフ解禁以降は、そうとも言えなくなってきました。ペイオフとは、銀行が経営破たんしても、預金額1,000万円とその利息については全額保証します、という制度です。

すなわち、3,000万円持っている場合は、1,000万円ずつ3つの銀行に預ければ大丈夫ということになります。

運悪く、預金を預けた3つの銀行が全て経営破たんしても、預金は確実に自分の手元に戻ります。

しかし、2005年前後には、ペイオフ解禁で世の中は大騒ぎでした。1,000万円ずつ分割して預金するのでは間に合わない!という人が多かったのでしょうか。実際は、そんなことはないでしょう。

日本国民は「預金は100%安全」と信じ込んでいたので、その前提が覆されて世の中が騒然となったのでした。

とはいえ、銀行の経営は厳しくなっており、単独で生き残るのは難しくなりました。結果、経営統合が相次いでいます。また、預貯金としてお金を預けていても、利息はほとんど付きません。よって、積極的に何かで資産運用する必要があります。

外貨預金は安全でない

なお、外貨預金は「預金」と名前がついていますが、円預金とは全く異なります。と言いますのは、銀行が経営破たんしたときに、1円も戻ってくる保証はないからです。

円預金とは大違いです。

ただし、銀行の経営破たん時に、全く戻ってこないというわけではありません。銀行の資産と負債の状況によって変わってきます。

円預金と比べて、リスクが大きいといえます。

FX業者が経営破綻したら?(信託保全義務化前)

では、自分が取引しているFX業者が倒産したら、どうなるでしょうか。最初に、信託保全が義務化される前の状況を確認しましょう(信託保全の意味については、後ほど確認します)。

2007年、エフエックス札幌が、金融商品取引法に違反して巨額損失を発生させたとして、業務停止命令を受けて破産しました。

最終的な債権者配当は、たったの5%だったそうです。

当時の、金融庁登録業者に対する緊急調査では、カバー取引の際に自社資産と顧客資産を同一口座で管理していたFX業者の割合は、41%もあったそうです。

会社資産と顧客資産が混ざって管理されているということは、自分の資産が、会社の営業のために支出される可能性があるということです。そして、FX業者による使い込みが行き過ぎると、資金繰りに行き詰って経営破たんしてしまいます。

これが現実になると、自分の預入資産はまともに戻ってこないでしょう。

信託保全の義務化

2010年から、FXでは、顧客の資産をFX業者の資産と分別した上で、信託銀行に保管(信託保全)することが義務付けられました。

証拠金取引の黎明期には、信託保全義務化がまだ確立されていませんでした。このため、レフコジャパンやエフエックス札幌のケースのように、投資家の資産が保護されないケースがありました。

現在では、顧客資産は『信託保全』によって、安全度が格段に高まったと言えるでしょう。

信託保全のしくみ

信託保全の仕組みは、下の絵の通りです。

簡潔に解説しますと、私たち顧客がFX業者に預けた証拠金は、信託会社で保管されます。そして、FX業者が経営破たんしても、資産は確実に私たちに戻ります。信託銀行が経営破たんしても、同様です。

預り金の流れ(通常時・破綻時)

FX業者に預ける方が、銀行に預けるよりも安全

信託保全の目的は、投資家の資産(証拠金)の安全を保証することです。

FX業者による信託保全の義務化後、投資家の資産は信託銀行に預けられるようになりました。そして、FX業者の固有資産とは区分して、信託財産として管理されるようになりました。

信託銀行に預けた資産(預入証拠金)は、FX業者が倒産した場合でも、債権者が強制執行や仮差押等を行うことはできません。つまり、預入証拠金は、顧客の元に全額戻ります。

なお、この信託保全ですが、金額に上限はありません。例えば、ある顧客がFX業者に1億円入金していたとしましょう。そして、そのFX業者が経営破たんしたとします。この場合、その顧客は1億円を受け取ることができます。

銀行の場合、1,000万円とその利息については、全額戻ります。しかし、それ以上の額については、いくら戻ってくるか分かりません。

資産をいかに安全に保管するか、という点において、FX業者は銀行よりも安全度が格段に高いといえます。

金融商品の比較まとめ:FXの安全度は極めて高い

ここで、当記事でご案内した金融商品について、経営者が経営破たんする場合の安全度を再比較しましょう。なお、当記事でご案内した以外の金融商品(株式、債権)についても、簡潔に確認しましょう。

銀行預金(普通預金)

預金1,000万円とその利息については、預金者に戻ります。それ以上の額については、戻らないかもしれません。

種別 補償制度
銀行預金
(普通預金)
預金1,000万円とその利息については、預金者に戻ります。それ以上の額については、戻らないかもしれません。
外貨預金 いくら戻るか、全く不明です。0円の可能性もあり得ます。
FX 何億円預けようとも、仮に1兆円預けても、確実に顧客に全額が戻ります。
株式 自分が取引している証券会社が経営破たんする場合、株式の価値に変化はありません。ただし、その株式を発行している会社が倒産すれば、株式の価値はゼロになります。
債券 債券発行会社が経営破たんすれば、投資した資金は戻ってこないかもしれません。

以上のとおり比較しますと、FXの安全度は群を抜いて高いです。ただし、日々のトレードで損したお金は、当然ながら返ってきません。戻ってくるのは、預入証拠金の残高です。

次のページでは、FX取引の場となる「外国為替市場」についてです。なぜ24時間取引ができるかが理解されるでしょう。

【超入門】FXの魅力やリスクは何ですか?;FXの特徴

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×