超入門(為替の基本) PC版 超入門(為替の基本) スマホ版

為替レートとは?

異なった2種類の通貨を交換する場合の、交換比率のことを為替レートといいます。この為替レートは固定ではなく、いろいろな場面で異なった数値で示されます。

たとえば、海外旅行に出かける前にトラベラーズチェックを発行してもらうときのレートと、現金に交換してもらう場合のレートには違いがあります。

また、銀行が顧客と取引する「対顧客市場」と、銀行間同士で取引が行われる「インターバンク市場」でも、為替レートは異なります。

需要と供給の関係で動く

為替相場は、基本的には2国間の力関係によって、強い方の国の通貨が買われて高くなり、弱い国の通貨が売られて安くなります。

例えば、米ドルと日本円という2つの異なった通貨を比べた場合、米ドルが欲しいという人がたくさんいて、日本円の人気が低ければ、米ドルの価値が高くなります。

こうしたカラクリは、株式市場や債券市場と同じです。売られるものと買われるものの力関係、つまり、需要と供給のバランスによって値段が高くなったり安くなったりします。

為替の主な変動要因

需給関係に影響を与える要因

需要と供給の関係に大きく影響を与えるのは、景気や金利、国際収支といった、経済の基礎的な要因です。経済の基礎といってもさまざまな要素があり、この要素を「ファンダメンタルズ」と呼んでいます。

つまり、ファンダメンタルズによって、為替相場(為替レート)の動向が変わっていくということです。

景気動向

景気が良い国の通貨は、株価や金利上昇への期待感から買われ上昇します。逆に景気が悪い国からは資本や資産が逃避するため、売られやすくなります。

そのため、景気動向に関連する経済指標の発表は、為替相場を動かす材料となります。特に、アメリカの雇用統計やGDP(国内総生産)などの重要指標は注目度が高く、相場に大きな影響を与えます。

金利・物価

お金は、低金利通貨の国から高金利通貨の国へと流れる傾向にあります。大きな金利収入を得られるためです。少なくとも短期的には、金利が高い国の通貨は買われて上昇しやすくなります。

金利は、国内の景気や物価と密接に関係しています。例えば、物価上昇が強くなりインフレの傾向が出てくると、中央銀行は政策金利を引き上げて景気を調整します。

また、米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)の声明と議事録は、特に注目を集めます。

国際収支

貿易収支やサービス収支からなる経常収支や、資本収支によって発生する実需は、為替変動の大きな要因となります。

例えば、日本の経常収支が黒字だと、受け取った外貨を自国通貨に換える必要が出てくるので、円高傾向になります。同様に、資本収支において、資金流入のほうが多い「流入超」の状態だと、自国通貨が買われます。

為替介入

金融当局は、為替レートの急激な変動を抑制するため、または過度な通貨高、通貨安を是正するために、為替介入を行うことがあります。

日本では、財務相の指示で日銀が市場介入します。その額は数兆円規模にのぼるため、為替相場を動かす大きな要因となります。また、数カ国が連携して行う協調介入は、為替相場の流れを大きく変えることもあります。

ファンダメンタルズ要因は、この他にもありますが、需給とは関係のない要因で為替レートが動くこともあります。

テクニカル的要因

為替市場に参加している投資家は、ほとんどのケースにおいてチャートを見ながらトレードしています。多くの投資家が同じようなチャートを利用して売買することから、チャート上で市場参加者の思惑を推測しながら、取引が行われることもあります。

為替市場では、サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)が、多くの市場参加者に注目されています。そのため、ラインを突破すると短期的に相場を加速させることがあります。

また、ラウンドナンバーと呼ばれる、100.00円や80.00円などの切りの良い数字の近辺には、大量の注文が交錯します。よって、為替が大きく動く場合があります。

投機的要因

膨大な資金を投入し、短期的に利ざやを稼ぐ取引を繰り返すのが、ヘッジファンドや機関投資家などの「投機筋」です。

投資額が大きく、外国為替市場における取引割合が大きいことから、短期的な為替相場は投機筋の影響が大きいといわれることがあります。

地政学リスク

戦争やテロによって政情不安が起きると、投資活動や消費に悪影響が出ることを懸念され、その国の通貨は売られる傾向にあります。

以前は「有事のドル買い」と呼ばれるように、基軸通貨であるドルが買われることが多くみられました。しかし、最近では、永世中立国スイスのスイスフランが資産の逃避先として買われるケースもあります。

為替レートの急激な変動は、そのままリスクにもつながりますので、リスク要因についても知っておきましょう。

為替レートの下落時に、売りで取引する

以上、為替レートの変動理由を確認しました。これらの要因は、為替レートの上昇要因でもあり、下落要因でもあります。

よって、これらの要因で為替レートが上昇すれば、買いで勝負です。逆に、為替レートが下落すれば、売りで勝負です。しかし、売りで勝負というのは、何となく難しいと感じるかもしれません。

そこで、売りでトレードを始めるための特集を作りました。売り取引は難しくなく、買い取引と同じようにできることが分かります。

次のページでは、為替レートを表示する際の2種類の価格『2wayプライス』の意味について確認しましょう。

【超入門】FXを始める前の基礎知識;為替の基本

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×