超入門(為替の基本) PC版 超入門(為替の基本) スマホ版

為替レートの表示は二通り

テレビで為替レートを表示する場合、「ドル/円 115.50-115.55」と表示されますが、これは一体どう意味なのでしょう?

2wayプライスの表示図

この二つの価格提示の意味は、

という意味で、この二つの価格を「2wayプライス」と呼んでいます。つまり、二つの価格表示は

ということになります。

2wayプライスの表示では、左側の数値(買値)を「ビット」、右側の数値(売値)を「アスク」または「オファー」と呼んでいます。

売値と買値が同時に表示されることによって、売買の透明性が向上し、業者による不正な表示を防止することにも寄与しています。

(業者による不正とは、たとえば、「ドルを買いたい投資家に対して、ひどく高い値段で売り付け、売りたい投資家からは、ひどく安く買う」といったように、業者に著しく有利な提示をすることです。)

2wayプライスに慣れよう!

買値と売値の差【スプレッド】

上記の為替レートにおいて、1ドルを買って1ドルを売った場合はどうなるでしょう?

為替相場が動かない状態でも、1ドル=115円55銭でドルを買って、1ドル=115円50銭でドルを売るわけですから、5銭損をすることになります。

この買値(ビット)と売値(アスク)の差を『スプレッド』といいます。

FX業者は、このスプレッドから収益を得ます。すなわち、投資家からすれば、手数料と同様の売買コストとなります。このため、スプレッドは狭ければ狭いほど、望ましいです。

また、スプレッドは、FX業者によって、あるいは取引通貨の組み合わせによっても差があります。したがって、スプレッドが狭い業者を選ぶことも、取引会社を決めるときのポイントとなります。

2wayプライスでない業者例

FXの世界では、2wayプライスでない業者を探す方が難しいです。しかし、その他の金融商品では、2wayプライスでない業者があります。

そこで、その業者の例を確認し、2wayプライスがどれほど重要か確認しましょう。

コインチェックの取引画面

2wayプライスを採用していない例として、仮想通貨販売所であるコインチェック(coincheck)を挙げることができます。

下の画面は、ビットコイン(BTC)販売所の購入画面です(コインチェックから引用)。赤枠で囲った部分を見ますと、私たち顧客が買うときの価格が表示されています。743880と書かれています。すなわち、1ビットコインあたり743,880円です。

コインチェックの購入画面

この価格で買ってもいいなと思えば、購入します。

しかし、この画面には、私たちが売却できる価格が表示されていません。すなわち、2wayプライスではありません。

売却したいときは、売却画面に移動します。こうすれば、売却時の価格が分かります。

下の画像は、ビットコインの売却画面です。赤枠の価格で、私たちはビットコインを売れます。714350とありますので、1ビットコインあたり714,350で売却可能です。

コインチェックの売却画面

この価格で売ってもいいなと思えば、売れます。

2wayプライスで表示してみる

さて、上の購入価格、売却価格ですが、2wayプライスで表示してみましょう。以下の通りです。コインチェックの提示価格をそのまま使っています。

コインチェックの2wayプライス

2wayプライスで表示すると、印象が全く違うと気づくはずです。と言いますのは、BidとAskの差額(=スプレッド)がはっきり分かるからです。

スプレッドは、業者の収益源です。すなわち、私たちから見てコストです。上の絵を見ますと、ビットコイン価格は70万円台前半で、スプレッドは3万円弱あります。すなわち、スプレッドは取引価格の4%くらいあります。

この4%が何を意味するかですが、こういうことです。

私たちがビットコインを購入した後、価格が4%程度以上上昇しないと、利食いできない。

4%というのは、大変な数字です。この手数料(=スプレッド)を支払っても買いたいと思うか?です。

2wayプライスでなければ、スプレッドに気づきにくいです。すなわち、広いスプレッドでも買うかもしれません。しかし、スプレッドが広いと気づけば、他の業者で買うことを考えるでしょう。

手数料は安い方が良いからです。

私たちに顧客とって、2wayプライス表示はとても大切な機能です。

スプレッドが狭いFX業者

以上、2wayプライスの重要性を確認しました。また、スプレッドは狭い方が、私たちにとって有利です。そこで、スプレッドが狭いFX業者を比較しましょう。

別記事「FXスプレッド@比較」でまとめていますので、ご確認ください。

ここまでは、超入門編として「為替の基本」を確認してきました。次のページ以降では、入門編として「FX」の特徴を確認していきます。最初に「FXとは何か?」を概観しましょう。

【超入門】FXを始める前の基礎知識;為替の基本

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×