デイトレードのコツ PC版イメージ デイトレードのコツ スマホ版イメージ

デイトレードの基本

デイトレードとは、1日の値動きで利益を狙う取引手法です。

超短期売買のスキャルピングは、高いレバレッジで1回に数銭(数pips)の利益を目指し、1日に数十回繰り返しトレードするような手法です。

デイトレードの場合、1回のトレードで10銭(pips)~50銭(pips)程度の利食いを目標に、1日数回程度取引するスタイルを指します。

また、デイトレードは一日で取引を終了させて、ポジションをゼロにして終わるのが基本です。

これは、寝る前に損益を確定して、寝ている間の相場変動の影響を受けないようにするためです。ポジションがないので、安心して眠ることができます。また、ポジションを翌日に持ち越しませんので、スワップポイントを考える必要がありません。

デイトレードの戦略イメージ

デイトレードの手法・コツ~ 売買ルールに従う

デイトレーダーは、「売り」で参入するのか「買い」で参入するのか、エントリーするレート、利食いレート、損切りレート、想定レンジ(レートが動く幅)を予測して、その日の売買方針を決めてトレードします。

ポジションを持った後は、目標地点に到達するまで、利益確定を我慢する必要があります。

初心者の場合、ずっと相場を見ていて我慢ができず、当初の予定と違う位置でポジションを持ってしまったり、利益確定を急ぎすぎたりします。そこで、指値注文や逆指値注文などで発注して、あまり相場を見過ぎない方が良いでしょう。

時々相場を見る程度でも、十分にトレードできます。

初心者でも売買ルールを作る方法

FX初心者が、いきなり売買ルールを組み立てようと思っても、そう簡単ではありません。

大損した後では、時すでに遅しということになりかねません。そこで重宝するのは、マーフィーの『スパンモデル®FX』です。

デイトレードで役立つテクニカルチャート

『スパンモデル®』『スーパーボリンジャー®』は、元プロディーラーのマーフィーこと柾木利彦氏が考案したテクニカルチャートです。大手FX会社にも標準搭載されるほどのクオリティです。

トレンドの方向を簡単に確認することができますので、デイトレードのシナリオを立てる場合にも大いに役立ちます。

デイトレードに向いた時間帯

デイトレード時間帯

値動きの大きい時間帯を狙う場合、以下の時間帯でのデイトレードが候補になります。

なお、狭いレンジで小さな利食いを狙う、というデイトレードもあります。狭いレンジですので、1回の取引で大きな利食いは期待しづらいです。そこで、数多くの取引を繰り返します。このトレード手法の場合、日本時間の日中が主な候補になります。

【参考】通貨ペア別の値動きが活発化する時間帯

スキャルピングの記事でも紹介しましたが、当サイトでは、マネーパートナーズの取引システム【HyperSpeed NEXT】から、過去1年弱の期間について、1時間足のデータ(四本値)をダウンロードして、時間帯別変動率をグラフ化しました(対象通貨ペアはクロス円【○○/円】です)。

デイトレードの時間帯を検討する際の参考にして下さい。なお、詳細な内容につきましては、各通貨ペアのページを参照下さい(表中の通貨名をクリックすると該当ページに移動します)。

通貨ペア 価格変動率が高い 価格変動率が最高
米ドル/円 午後4時~午後5時 午後10時~午後11時
ユーロ/円 午後4時~午後11時 午後10時~午後11時
ポンド/円 午後10時~午前0時 午後5時前後
豪ドル/円 午後10時前後 午前10時前後
NZドル/円 午前10時前後 午後10時~午前0時

デイトレードに向いている通貨ペア

デイトレードに向いている通貨ペアは。以下の要素を備えています。

比較的動きが大きくなければ、トレードしにくいです。そこで、値動きが大きいユーロ/円、ポンド/円、米ドル/円、またはユーロ/米ドルが候補になります。

スプレッドの狭さを重視する場合、米ドル/円、またはユーロ/米ドルが有力候補になります。

デイトレードに利用するチャート

デイトレードの手法は様々ですが、相場分析は欠かせません。

短期売買のデイトレードは、10分足や15分足など、短い足を見ながらトレードすることになります。しかし、日足や一時間足など、長い足を使うことも少なくありません。これは、短い足は、長い足の影響を受けやすいからです。

よって、日足で大きなトレンドを理解し、1時間足で直近のトレンドを把握します。そして、10分足や15分足などで、実際のトレードポイントを探します。

下図は、10分足、15分足、時間足、日足を一画面で映し出した状態です(LION FXより引用)。FX業者のシステムは多機能ですから、こうした表示方法は簡単にできます。

デイトレードでは、複数のインジケーターを組み合わせてトレードするケースが考えられますので、モニタも複数設置すると相場分析を行う上で便利になるでしょう。

4画面チャート

デイトレードの注意点

取引開始、利食い、損切りの為替レートを決めて、ポジションを取ることが大切です。何となく、適当に取引を始めてはいけません。

想定した動きにならず、反転してしまう場合もあるでしょう。このときは、迷うことなく損切りすることが大切です。

また、為替レートが期待通りに進んでいるものの、なかなか利食い位置に届かない場合もあるでしょう。この時は、あまりに頑張りすぎず、成行で決済しても構いません。

一番の注意点は、思いつきで売ったり買ったりしないことです。

トレード手法を公開

ここで、ボリンジャーバンドを使ったデイトレードの例をご案内します。当サイトでもご案内しています「タケルFXスクール」で使われているデイトレード手法です。

手法の掲載につき、タケルFXスクールから許可をいただきました。詳細につきましては、「タケルFXスクールおすすめコースの概要」をご確認ください。

いきなりタケルFXスクールの手法と書かれても、良く分からないでしょう。そこで、簡潔に紹介します。

1年で資金を6.5倍にしたというのは、強烈な実績です。では、タケルFXスクールのデイトレード手法の一部をご案内します。

インジケーター

使用するインジケーターは、ボリンジャーバンドです。しかし、一般的なボリンジャーバンドと比べると、少し違います。

ピンバーによるデイトレード(チャート)

ボリンジャーバンドですが、線が3本しかありません。通常なら7本のはずです。タケルFXスクールの手法は、スマホ・タブレットでもできる簡単さを実現しています。

このため、ボリンジャーバンドの線も、3つしかありません。具体的に書きましょう。「センターライン、+2σ、-2σ」です。

上のチャートは、上昇トレンドだと分かります。よって、買いで勝負です。トレンドに逆らった取引はしません。すなわち、トレンドフォローです。

なお、ローソク足ですが、20分足またはそれよりも長い時間の足を使います。

ピンバーが出たら買う

では、具体的なトレード手法に入ります。上のチャートは、上昇トレンドです。上昇トレンドと言っても、一直線に上昇することは稀です。

上がったり下がったりを繰り返しながら、結果として上昇していきます。

タケルFXスクールの手法では、一時的な下落から上昇に転換する動き(押し目)を狙います。すなわち、以下の通りです。

エントリー(取引開始):
ボリンジャーバンドのセンターライン上で陽線のピンバーが出たら、買う。

上のチャートに、丸で囲った部分があります。これがピンバーです。ピンバーとは何か?ですが、具体的には別記事「ピンバー(pin bar)とは?」をご覧ください。

ここでは、ざっくりと確認します。ローソク足が下の形になっていれば、ピンバーです。とても簡単です。

上昇示唆ピンバーの形状

センターライン上で陽線のピンバーが出たら、買います。

デイトレードは、難しく考えなくてもできる

取引開始手法をご覧いただいて、皆さまの感想はどうでしょうか。おそらく、以下の通りでしょう。

「えっ…それだけ?」

これだけです。一般的なイメージとして、デイトレードはインジケーターを複数使います。そして、難しい手法を使うかのように思います。

もちろん、そういう手法もあるでしょう。しかし、それでは多くの人が使いこなせません。

タケルFXスクールは、一般から多くの人を集めています。そして、受講者の6割がFXで勝てるようになったという実績があります。

すなわち、難しい方法ではダメです。少しでも簡単な方法でなければなりません。タケルFXスクールの代表者が追究した結果、この簡単な方法が生まれました。これだけスッキリしたトレード手法なので、スマホでも取引可能です。

どこで決済するか

では、どこで決済するか?です。タケルFXスクールでは、ここはトレードルールの大切なところなので掲載は控えたい、ということでした。

タケルFXスクールは、顧客への情報提供と対面授業で営業しています。よって、無料で全部公開してよ!とお願いするわけにもいきません。そこで、当編集部が、ピンバーの一般的な決済位置をご案内します。

損切り

一般的に、ピンバーが出てから買う場合、ピンバーの安値を下回ったら損切りします。最も分かりやすい損切り位置でしょう。

ただ、そこで損切りしなければいけないという規則はありません。別のインジケーターを併用しても良いでしょう。

利食い位置

損切りに比べ、利食いは難しいです。そこで、2つのパターンを例としてご案内します。

レンジの場合

レンジで買う場合は、レンジの上限を狙って利食いします。ただ、あまりに上限に固執すると、利食い機会を逃すかもしれません。

そこで、利食い位置は柔軟に考えます。

トレンドの場合

トレンドの場合、可能な限りどこまでもポジションを保有し続けます。こうすることで、少しでも大きな利幅を確保します。

うまくトレンドに乗ったら、逆指値の位置を徐々に引き上げましょう。こうすれば、相場が反転して逆指値が成立しても、損になりません。利益で終えることができます。

初心者向きのデイトレード手法

上のボリンジャーバンドを使った取引例は、覚えてしまうと難しくありません。しかし、文字にすると、大変難しく感じます。ある程度の慣れが必要です。

そこで、もっと簡単にトレードできる手法が欲しい場合もあるでしょう。

当サイトでは、FXデイトレード初心者向けに、比較的簡単にトレードができるレポートを進呈しています。

レポート『窓のトレード』

窓とは、ある週の月曜日の始値と、その前の週の金曜日終値の差を言います。為替相場は、土曜日と日曜日はお休みです。このため、金曜日終値と、翌週月曜日の始値に差が出ることがあります。

月曜「窓」のイメージ

窓ができると、為替レートは、前週終値の為替レートの方向に進みやすい性質があります。これを利用してトレードします。

当サイト経由でDMMFXの口座を開設していただくと、窓について分析したレポート『初心者でも分かる!窓の特徴』を差し上げています。スキャルピングやデイトレードへの応用も可能ですので、是非入手してみて下さい。

デイトレードに向いたFX業者

約定率が高い、約定スピードが早いなど、システムの反応速度が速いことが、デイトレード向きのツールとして必要です。JFXとヒロセ通商は、いずれも反応速度が極めて速く、デイトレードを歓迎するFX業者です。

また、この記事でご案内しましたタケルFXスクールの手法の場合、GMOクリック証券が最適です。

と言いますのは、配信される為替レートはFX業者ごとに異なっており、タケルFXスクールの手法の場合は、GMOクリック証券のレートが最も「ダマシ」が少ないからです。

タケルFXスクールの代表者が、各FX業者の配信レートを研究して得た結果です。タケルFXスクールの手法を参考にしたい場合は、GMOクリック証券を検討しましょう。

次のページでは、数日から数週間程度の期間でトレードする「スイングトレード」の手法やコツを紹介します。

【ビギナー編】いろいろなトレード方法を知っおこう

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×