【ビギナー編】トレードスタイル PC版イメージ 【ビギナー編】トレードスタイル スマホ版イメージ

自分の取引スタイルを決める

FXでは、何時~何時まで、あるいは何月何日~何月何日までといった、取引期間の取り決めやルールはありません。それを決めるのは投資家自身ですから、自分のライフスタイルに合わせて、トレードスタイルを確立していく必要があります。

取引スタイルを決める上でポイントになるのは、取引できる時間帯、取引にかけられる資金、相場の知識レベルなどで、どのようなトレードが可能かを判断する必要があります。

トレード方法の種類

FXのトレード方法を大きく分けると、数秒から一日という短期的な為替変動の差を狙う短期売買と、数日から数年という為替変動の差を狙う中・長期売買に分かれます。

長期派は、スワップ金利を得るポジションを持つことが多いのですが、この場合、為替差益以外にも金利の利益も大きくなってきます。

これらをトレード時間で細分化すると、以下のようになります。

トレード手法 トレード時間(期間)の目安 狙う利益
スキャルピング 数秒~数分 為替差益
デイトレード 数分~1日(1日の値動きを利用) 為替差益
スイングトレード 1日~数週間 為替差益
ポジショントレード 数週間~数年 為替差益+スワップ金利

FXは、日本時間の月曜日の朝から土曜日の朝まで、24時間連続して取引可能です。そこで、取引できる時間帯に合わせて、トレード方法や取引する通貨ペアなど、自分に合ったトレード戦略を練ることができます。

まずは取引時間を考えよう

FX取引時間

24時間取引できるとはいっても、さすがに丸一日FXのトレードに時間を割くのは不可能ですし、専業トレーダーでさえ取引する時間を決めてトレードしています。

効率的にトレードするには、為替が活発に動く時間帯を知っておく必要があります。

相場が活発に動く時間帯を知っておこう

1日のうちで為替が比較的大きく動く時間をザックリと覚えておきましょう。

特に、スキャルピングやデイトレードといった短期売買を主戦に考えている方は、相場が活発化する時間帯と参加する市場の特徴を掴んでおく必要があります。

活発化する時間帯(日本時間) 対象となる市場
9時~11時くらい 東京市場
16時~18時くらい 欧州市場
22時~24時くらい ニューヨーク市場

※ニューヨーク市場、ロンドン市場は、夏にはサマータイムが適用され、1時間早まります。

この時間帯は、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場のオープン前後から2時間くらいです。経済指標などが発表されると為替が活発に動き出しますが、これらの指標発表もこの時間帯が比較的多いのです。

特に値動きが活発になる時間帯

ニューヨーク市場の午前中は、相場がダイナミックに動く時間帯です。日本時間では、22時30分~24時(サマータイム時は21時30分~23時)の時間帯です。

ニューヨーク市場は、ヨーロッパ・ロンドン市場と半日重なっており、クローズ前にはウェリントン・シドニー市場がオープンしますので、他の市場よりも取引量が多く流動性も高くなります。

特に、多くの経済指標が発表される午前中は、指標発表の直後に米系の投機筋が活発に取引を開始すると言われることもあり、相場が大きく動く特徴があります。

ライフスタイルに合わせたトレードを考えよう

サラリーマンの場合

サラリーマンの方は、会社の就業規則によって時間が拘束されますので、それ以外の自由になる時間帯がトレード時間となるでしょう。

取引に費やせる時間はそれぞれ違うと思いますが、ニューヨーク市場が動き出す日本時間の21時~24時が活況となる時間帯ですから、その時間帯を中心とした戦略を立てると良いでしょう。

また、勤め先の拘束時間が長いなどで取引に費やす時間が少ない場合は、長期チャートを利用してトレードすることで、少ない時間でもトレードが可能となります。

専業主婦の場合

主婦の方は、お子さんがいる方といない方では、1日のスケジュールが違ってくると思います。東京時間の午前9時に東京市場がオープンしますが、さすがにこの時間帯に集中してトレードすることは難しいかもしれませんね。

それ以降で市場が動きやすい時間帯は、東京市場から欧州市場に変わる16時頃、ニューヨーク市場が始まる21時頃からが、為替相場が活発化する時間帯です。この時間帯を軸にトレード戦略を立てるのも良いでしょう。

時間に拘束されないトレーダーの場合

スキャルピングやデイトレードを行うアクティブなトレーダーの場合は、時間に拘束されず、1日の中でトレードの時間を自由に確保できます。可能な限り取引チャンスを逃さないスケジュールでのトレードと、一定のリズムでの生活を維持するというバランスを取ることが重要です。

時間の配分は自由にできます。しかし、本当に休憩できるのは、薄商いで相場が不安定になってしまうオセアニア時間と、値動きの少ない東京時間の昼休みくらいです。それだけトレードに集中すると、健康に悪い影響を与えてしまうかもしれません。

午前中に決着するパターン

ニューヨーク時間が終わる近辺の朝6時くらいは、相場の転換点になることも多いので、早起きしてポジションを持って、午前10時頃に利益確定というリズムもあります。

午前中に損益を確定して、その日の仕事はそこで終わりというパターンです。

ただし、午前8時前後までの早朝は流動性が低下しますので、値動きが荒かったり、スプレッドが不安定となることもありますので注意が必要です。

午後に仕込むパターン

16時頃からのロンドン時間に仕込んで、21時頃からのニューヨーク時間でトレンドを確認する。

東京市場とは違い、値動きも期待できて流動性もある程度確保されますので、デイトレやスキャルの短期トレードがしやすい時間帯です。専業からサラリーマン、主婦の方まで主戦場とされている方多いパターンです。

フルタイムでトレードするパターン

比較的相場が穏やかになる、ロンドン市場が閉まってニューヨーク時間の午後に入る午前2時~3時頃に就寝し、東京時間が始まる1~2時間前(午前7時~8時頃)に起床して、寝ている間の動きをチャートで確認してから当日のトレードに備える、というスタイルもあります。

専業でトレードする場合(専業トレーダーを目指す方)の一番注意すべき点は、相場にのめりこまないようにすることです。

次のページは、数秒~数分で決着をつける、スキャルピングについての「初心者向けの特集」です。

【ビギナー編】いろいろなトレード方法を知っおこう

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×