少額取引 PC版イメージ 少額取引 スマホ版イメージ

証拠金10万円のトレード戦略

「資金1万円から始めるFX」では、資金1万円でどのようにFXをしていくのか?を検討しました。今回は、「資金10万円から始めるFX」です。

1万円で始める場合と多くの面で共通しますので、そちらを先にご覧ください。しかし、資金が10倍になるのですから、異なる面もあります。1万円の場合とどこが違うでしょうか。順に考察しましょう。

取引可能数量が10倍になる

証拠金1万円でトレードするなら、1回の取引の損失が200円くらいだったら我慢できる!と考えたとしましょう。この場合、1回の損失は資金量の2%です(200円÷1万円)。

2%ということは、10万円の資金量だったら、1回のトレードで2,000円の損失までOKということになります。すなわち、取引可能数量が10倍になります。

FXでは、可能な限りパーセント(%)で考えましょう。実際に獲得した額(円)で考えていると、日常生活の金銭感覚が邪魔してしまうかもしれません。

「今日のトレードは2,000円の損か。超豪華なランチ1回分だな・・・」

などと考えていると、手が縮んでしまって冷静なトレードが難しいです。%ならば、資金管理もしやすくなります。

しかし、パーセントで考えましょうといっても、「自分の精神力」の視点から、実際の額も考慮しましょう。

1回1,000円の負けだったら精神的に大丈夫だけれど、一度に2,000円の負けになると精神的にキツイ・・・という場合は、1トレードの損失を1,000円くらいにしましょう。

同時に複数のトレードが可能になる

1万円から始めるトレードの場合、取引数量を小さくしなければなりません。しかし、あまりに取引量が小さいと、利食いできても得られる金額がわずかになります。

このため、「損しても我慢できる額」かつ「利食いで得られる額を少しでも大きく」という取引量を模索することになります。同時にトレードを2つ3つと展開することは難しいです。

この点で、10万円で始めるトレードならば、同時に複数のトレードを実行しやすくなります。例えば、米ドル/円(USD/JPY)を買っているときに、さらに豪ドル/円(AUD/JPY)を追加で買う、といったことが比較的容易になります。

資金量が大きいということは、それだけ柔軟性が増すということです。

何通貨でトレードすべき?

1回のトレードでいくらの損失まで精神的に我慢できるかにもよりますが、例えば、1回2,000円の負けまでOK!と設定したとします。

デイトレードで1トレードあたり20銭(0.2円)の負けを想定する場合

この場合、取引数量を1万通貨以内にすべきでしょう。というのは、負けるときの額は0.2円×1万通貨=2,000円となり、負けても我慢できる額に収まるからです。

もちろん、5,000通貨でトレードしてもOKです。5,000通貨だったら1回の負けで1,000円を失うということになり(0.2円×5,000通貨)、2,000円の負けに比べて安全度が高くなります。

スイングトレードで1トレードあたり100銭(1円)の負けを想定する場合

こちらは、1回の負けで失う値幅が100銭(1円)と大きくなります。1回のトレードで2,000円の負けに抑えるには、取引数量を2,000通貨以内にする必要があります(1円×2,000通貨=2,000円)。

このように、1回のトレードで失うであろう金額を元にして、取引数量を決定します。

1万円よりも、10万円の方が成功しやすい

最後に、証拠金1万円と10万円では、どちらが成功しやすいか考えます。おそらく、10万円でしょう。例で考えると分かりやすいです。

ある人は、1年間で資金を2倍にする能力を持っているとします。ただし、2倍にするには、相当の努力が必要です。

証拠金1万円でスタート

証拠金1万円でトレードを開始しました。1年後、証拠金は2万円になりました。能力通りの成果を出しました。しかし、この人は、ひどく不満でしょう。なぜなら、1年間努力を積み重ねた結果、得られた利益は1万円だからです。

アルバイトをした方が、簡単に稼げます。苦労して1年間FXをする理由が分かりません。

そこで、この人は、より大きな利益を得るべく、レバレッジを大幅に高くしました。その結果、あるトレードで大損を出し、市場から撤退しました。

以上は架空の話ですが、ありうるでしょう。

証拠金10万円でスタート

次に、証拠金10万円でトレードを開始しました。1年後、証拠金は20万円になりました。能力通りの成果を出しました。1年間苦労して、利益は10万円です。能力通りです。

この場合も、アルバイトしたほうがたくさん稼げるでしょう。

しかし、この人は、今度は20万円を元手にトレードできます。1年後、2倍の40万円になります。もう1年頑張れば、80万円になります。数年我慢すれば、アルバイトよりも大きな収入となります。

毎年稼げるとは限らないのですが、利益を元手に加えて再取引することで、無茶なレバレッジ引き上げに走る必要はありません。

証拠金1万円でスタートするよりも、10万円スタートの方が、能力通りの成果を期待できます。

次のページでは、1000通貨単位で始める場合のトレード方法を紹介します。

主要な通貨ペアの特徴

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×