リピート系FXの比較 PC版イメージ リピート系FXの比較 スマホ版イメージ

トラリピと類似した注文の設定方法

トライオートFXの発注方法は主に2つあります。そこで、順に確認しましょう。

AP注文を一つ一つ作成する方法

トライオートFXは複数のAP注文を同時に稼働することに特徴があります。そこで、AP注文を一つ一つ作っていこうという方法です(下のキャプチャはトライオートFXからの引用。以下同じ)。

AP注文につきましては、別記事「トライオートFXの特徴とは」でご確認ください。

単体AP作成

ログイン後に「自動売買専用パネル」とある部分をクリックし、キャプチャ右上の「単体AP作成」と書いてある部分をクリックすると、AP注文作成画面が出てきます。上がその画面です。ここで買い注文や決済注文の内容などを指定していきます。

この方法は確実ではありますが、面倒です。取引で使用するAP注文の数が3つや4つならば、この方法でも良いでしょう。しかし、何十ものAP注文を作ろうという場合は、疲れてしまいます。

そこで、一気に数十個のAP注文を作る方法をご案内しましょう。

「クイック仕掛け」で一気に注文を作る方法

トライオートFXに搭載されている「クイック仕掛け」を使用すれば、多くのAP注文を一気に作成できます。操作そのものは極めて簡単ですが、「トラリピに似た設定にする」場合には、少し注意が必要です。下のキャプチャで確認しましょう。

クイック仕掛けイメージ

AP注文を作成する場合と同様に、ログイン後に「自動売買専用パネル」とある部分をクリックします。そして、「複数AP作成(クイック仕掛け)」タブをクリックします。

通常は上の画面だけで設定できますが、トラリピに似た設定にするために、画面最下部にある「詳細設定」(赤枠で囲ってある部分)をクリックします。

そして、注文を作成します。トラリピに似た注文例(取引方針)として、以下の通りとしましょう。

取引方針

売買方針:買い
買いのスタート価格:106.00円(そこから上方向にAP注文を設定)
AP注文の本数:10
AP注文同士の間の距離:30銭
利食い幅:30銭
損切り設定:なし
セーフティ設定:なし

この内容で設定する場合の設定画面は、下のキャプチャの通りです。順に確認しましょう。

セーフティ設定の詳細につきましては、別記事「損失拡大を回避する仕組み」をご覧ください。

また、「カウンター」「フォロー」という単語が出てきますが、これらの意味につきましては、別記事「トライオートFXの特徴とは」でご確認ください。

複数AP作成

設定手順

タイプ:カスタム

「追尾」を選択すると、フォローの注文を出さなければなりません。トラリピ類似設定ですから、カウンター注文だけで十分です。

売買方針:買い

取引方針に従って買いを注文します。

想定レンジ幅:300pips

300pipsとは、300銭のことです。AP注文同士の幅を30銭、利食い幅を30銭にして全部で10本のAP注文を作るのですから、全部で300銭の幅が必要です。

取引額:1k

kとは1,000のことです(kilo)。よって、1kですから1,000通貨です。AP注文が約定するたびに1,000通貨の取引をします。

初回注文価格:106.00円

買いのスタート価格を106.00円としましたから、この欄にも106.00と入力します。

初回OCO:選択なし

その下にある「カウンター固定」で「有」を選択すると、ここは選択できなくなります。

AP数:10

取引方針に従って入力します。

フォロー値:空欄

フォローの取引はしませんので、空欄です。

カウンター値:-30

買いのポジションを決済して利食いが成功した後、次はどこで再び買いますか?という設定です。利食い幅が30銭で、30銭下落したら再び買いますので、「-30」と入力します。

カウンター固定:有

利食い幅とカウンター幅を同じにする場合、「有」にしましょう。なお、このカウンター固定はトラリピ型トレードにおいて重要ですので、別記事「トライオートFXで窓ができるときの注意点」で確認しましょう。

利確幅:30pips

利食い幅は30銭ですから、この欄に30と入力します。

損切り幅:指定なし

損切りをしないという設定です。

セーフティ設定:指定なし

今回の例では、セーフティ設定を使用していません。

上のすべてを設定してから、取引画面下の「リストに追加」をクリックします。すると、以下の通りAP注文一覧がずらっと出てきます。下の画面はその一部です。

AP注文一覧

「新規注文」を見ますと、106.000、106.300、106.600・・・と、30銭刻みになっています。また、「決済注文」を見ますと、30.0がずらっと並んでいます。すなわち、利食い幅は30銭です。

そして、「次の注文」欄は106.000、106.300、106.600・・・となっており、「新規注文」と同じです。こうして、トラリピ類似設定を一気に作成できます。

次のページでは、MT4の特徴やメリットを検証します。

リピート系トレード方法の検証・比較

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×