MT4 おすすめ PC版イメージ MT4 おすすめ スマホ版イメージ

MT4でリピート系注文をする問題点と解決方法

トラリピ、ループイフダンそしてトライオートFXを比較しながら紹介しています。その関連で、MT4についても考察しています。MT4でリピート系注文をしようとする際、いくつかの問題があるかもしれません。

そこで、その問題を考えつつ、解決方法を考えましょう。

問題1:EAをどうやって手に入れる?

「MT4でリピート系注文をしたいけれど、EAがない」という問題にぶつかっている人は、少なくないと予想します。

EA(expert advisor)とは、自動売買プログラムのことです。

自分で作るには、プログラミング言語である「MQL」を習得しなければなりません。難易度という観点から見ると、リピート系注文のEAを作るために必要なレベルは、高くないかもしれません。しかし、EAを作るということ自体が高難度です。

その問題を解決してくれるだろうサービスがあります。

FXトレード・フィナンシャルのホームページで紹介されています「グリッドトレード」です。紹介されているEAはFXトレード・フィナンシャルが提供しているEAではなく、外部のものです。

このため、このEAを使用するにはいくらかの費用が必要になりますが、EAを入手できます。

そして、MT4で作ったプログラムです。極めて高性能な取引を実現します。例えば、以下の機能を使えます。

逆指値のリピート系注文

上の3つの特徴のうち、逆指値のリピート系注文について、簡潔に確認しましょう。トラリピなど、FX各社が提供しているリピート系注文は、多くが指値注文です。

すなわち、買いのリピート系注文をしていて為替レートが暴落するとき、全ての買い注文が約定します。その後の値動きによっては、大きな含み損を抱えたままになります。

しかし、逆指値の場合、暴落時に約定しない注文が複数出てくるでしょう。

と言いますのは、逆指値なので、以下の1と2が当時に満たされて初めて約定します。

為替レートがいったん円高方向に進んだ後、再び円安にならないと約定しません。このため、直線的に相場が下落する過程では、新規約定はありません。

通常の指値のリピート系注文に比べて、暴落時の含み損を抑えることができます。相場波乱時の大きなメリットです。

問題2:外部サーバーを使うべきか?

MT4で24時間稼働させるには、2つの方法があるでしょう。

外部サーバーを借りる場合、MT4が高負荷になっても稼働し続けるスペック(機能)が必要です。

例えば、とても安いサーバーを借りるとしましょう。そして、世の中が騒然となる何かがあり、外部サーバーにアクセスが集中するとします。このときも、確実にMT4が稼働してもらわないと困ります。

あまりに安いサーバーの場合、処理が遅延したり、拒否されたりする場合があります。よって、ある程度高いスペックが必要です。

よって、月数千円程度の支出を覚悟しなければならないでしょう。

しかし、その額を支出していると、MT4をわざわざ利用する価値はないかもしれません。1取引1,000通貨で、50銭ごとに売買するという設定の場合、サーバー維持費用を持っていかれると、とても痛いかもしれないからです。

そこで、自宅のPCを24時間稼働させることも、検討対象になります。この場合の問題点は、「確実にPCを稼働させられるか?」です。

こういった作業が必要です。比較的新しいPCで、同時にいくつもの重いソフトウェアを稼働させないならば、自宅PCで24時間稼働させるのも選択肢になるでしょう。外部サーバーを借りるよりも大幅に安価になります。

ただし、停電などの場合はどうしようもありません。それについては、外部サーバーを使用しないことによるリスクとして引き受けるしかないでしょう。

実際に停電がどれくらいの頻度で発生するか?を考えると、あまり考慮しなくて良いリスクかもしれませんが。停電が心配な場合は、無停電電源装置があります。これを使うと、停電の心配がなくなります。

問題3:MT4の使い方が良く分からない

おそらく、最大の問題がこれです。「MT4の使い方が良く分からない」です。MT4を使い込んでいる人でも、全ての機能を把握しているという人は、わずかだと予想できます。

それくらいに、MT4は多機能・高性能です。

例として、スマホで考えましょう。スマホは多機能・高性能です。「スマートフォン」という名前で、いかにも電話という感じですが、実際は小型コンピュータです。全機能を把握している人は、きわめて少ないでしょう。

多くの人が使うスマホでさえ、この状態です。FXでプログラミングできるMT4の場合、その高機能さは大変なものです。

すると、これからMT4を使いたいと考える場合、その難しさに圧倒されてしまうかもしれません。

以前は、MT4で何か分からないことがあれば、インターネットの検索で探すのが主流でした。しかし、インターネットには、古い情報もありますし、正しくない情報もあります。

そもそも、自分が欲しい情報は何か?が分からない場合もあります。「どこかおかしいけれど、何がどうなっているか分からない」という状態です。

この場合、MT4のコミュニティで質問したり、英語サイトを調べたりすることになりますが、あまりにハードルが高いです。

しかし、FXトレード・フィナンシャルがMT4に注力するようになってから、この問題は大幅に緩和しました。なぜなら、FXトレード・フィナンシャルのホームページに分かりやすい説明が掲載されているからです。

また、MT4の使い勝手の悪さを解消するツールも、無料で多数準備しています。

時が経過するにつれて、徐々にではありますが、MT4を利用するためのハードルは下がってきています。あとは、最初の一歩を踏み出すことができるかどうかです。最初の心理的な壁を乗り越えられれば、徐々にMT4を使えるようになるでしょう。

ここまでは、トラリピ、ループイフダン、トライオートFX、そしてMT4の特徴を検証してきました。次のページからは、これらの特徴を比較していきます。

リピート系トレード方法の検証・比較

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×