リピート系FXの比較 PC版イメージ リピート系FXの比較 スマホ版イメージ

MT4の特徴やメリットを検証

この特集では、トラリピ、ループイフダン、トライオートFXを検討しています。その理由は、3つのトレード方法が似ているからです。

MT4も比較の対象に入れましょう。なぜなら、MT4ならば、上の3つのトレードとほぼ同じ取引ができるからです。

MT4とは

MT4はロシアの会社が作ったソフトウェアで、FXの分析や取引のために開発されたものです。MT4でFXができる業者で、ソフトをダウンロードして利用できます。

利用料は完全無料なのに極めて高性能であることが特徴で、世界中のFXトレーダーを魅了し続けています。

下の画面はMT4の画面です。FXトレード・フィナンシャルからの引用です。

MT4の画面

MT4で何ができる?

では、MT4で何ができるのでしょうか。大雑把に表現するなら、「FXのために必要なことがほとんどすべてできる」です。

自動売買

取引プログラムをMT4に設定することにより、自動でFXのトレードをしてくれます。自動ですから、FX業者のサービス時間内ずっと、24時間取引を継続することも可能です(業者のメンテナンス時間を除く)。

なお、この取引プログラムのことをEA(Expert Advisor、エキスパート・アドバイザー)と呼びます。

取引プログラム(EA)作成

自動取引ができることをご案内しましたが、その取引をするためのプログラム(EA、expert advisor)を自分で作れます。コーディング(プログラミング)が苦手だという場合は、インターネット経由で手に入れることもできます。

「EA」などのキーワードで検索すると、数多くのEAがヒットします。ただし、インターネットから入手する場合は、サポート体制がしっかりしているなど信用できるサイトからEAを入手しましょう。

インターネットからEAを入手する場合、無料と有料に分かれます。

一般的には、有料の方が高性能だと予想できます。しかし、無料でも有用なツールがたくさんあります。

トラリピ、ループイフダンやトライオートFXのような取引ができるEAが欲しい!という方は、記事「MT4でトラリピ類似取引をする時の問題点と解決方法」をご覧ください。

裁量取引

自動取引と対極にあるのが、裁量取引でしょう。裁量取引とは、「将来の為替の上下動を考えて、自分で発注して取引するトレード方法」です。おそらく、すべてのFX業者で可能な取引方法です。

MT4は自動取引で有名でしょうが、裁量取引もできるのが特徴です。まさに、これだけですべてOK!という万能ツールです。

バックテスト

バックテストとは、「あるトレード手法を使って過去に取引したら、はたして勝っていたか負けていたか?を検証すること」です。

これは勝てそうだ!と思えるEAに巡り合ったとしても、果たしてそれで実際に勝てるのかどうか分かりません。そこで、過去の相場ではありますが、勝つことができたかどうかを検証します。

過去データを使った検証ですので、将来もそのEAで勝てるという保証はどこにもありません。しかし、バックテストしないでEAを使うのはリスクが大きいでしょう。

どのEAを使うと、勝率が高くなるでしょうか。そして、どのEAを使ってトレードしたいでしょうか。もちろん、(ア)ではないでしょうか。

インジケーターも作れる

FX業者の取引ツールを使いますと、チャート分析のためのツール(インジケーター)が多数使えるでしょう。MT4でも多数のインジケーターを使えます。

MT4が優れているのは、「自分でインジケーターを作れる」 ことです。誰も知らない自分だけのインジケーターを使って、FXで成功する・・・そんなことも可能かもしれません。

コミュニティが活発

高性能なツールが無料で自由に使えるとなると、いわゆる「マニア」が多数出てきます。彼らは、良質な情報を多数発信しています(しかも、無料で)。

最初のうちは読みこなすのが難しいでしょう。しかし、MT4を自由に使いこなしたいという場合、彼らの情報がとても役に立つでしょう。質問を出すことにより、コミュニティに貢献することもできます。

MT4のデメリット

MT4はとても優れたツールですが、メリットばかり紹介するのは正直でないかもしれません。そこで、MT4のデメリットも紹介しましょう。

扱いが難しい

一般的なFX口座で取引するのに比べれば、MT4の扱いは難しくなります。これは仕方ありません。なぜなら、高機能だからです。機能が極めて限定的ならば、扱いは簡単でしょう。しかし、その場合は高機能さをあきらめなければなりません。

ソフトウェアやプログラムも随時バージョンアップしますので、それらに自分で対応しなければなりません。また、ロシアの会社が作ったソフトであり、日本製ではありません。どうしても、日本居住者から見て使いづらい面はあるでしょう。

外部サーバーを使うか

自動売買するうえで考えるのが、外部サーバーを使うか、それとも自宅PCの電源を入れっぱなしにするか、です。これも、デメリットの一つと言えるでしょう。

というのは、24時間連続で自動売買したい場合、PC(またはスマホ)の電源を入れっぱなしにする必要があるからです。

外部サーバーは安全で使い勝手も良いですが、一定の知識と費用が必要です。自宅PCの電源を入れっぱなしにする場合、知識は不要です。しかし、何らかの拍子に電源が切れないよう、監視する必要があります。

次のページでは、MT4はどの業者で取引すべきかを考察します。

リピート系トレード方法の検証・比較

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×