リピート系FXの比較 PC版イメージ リピート系FXの比較 スマホ版イメージ

相場は2種類に分類可能

相場を大きく分けると、二つに分類可能でしょう。すなわち、「ボックス相場(レンジ相場)」と「トレンド相場」です。

ボックス相場(レンジ相場)とは

最初に、ボックス相場(レンジ相場)とは何かを確認しましょう。下の図のような動きです。

すなわち、為替レートが一定の範囲を行ったり来たりしている状態を、ボックス相場と言います。

ボックス相場イメージ

「一定の範囲を行ったり来たり」という場合、上の図のようなきれいな値動きをする必要はありません。下の図のように、値動きの上限と下限が良く分からないけれども何となく同じ範囲で動いている場合も、ボックス相場と言います。

別の表現をするならば、上昇トレンドでもなく下落トレンドでもないという状態です。

ボックス相場イメージ2

本来ならば、ボックス相場の円高部分で大きく買い、円安部分で一気に利食いできれば最高です。しかし、為替レートはなかなか期待通りに動いてくれません。

すなわち、ボックス相場の下限で買って上限で売るのは、とても難しいです。

そこで、この相場でトラリピ、ループイフダン、トライオートFXを使って攻める方法を考察します。下限と上限を見極める方法に比べて、トレードしやすくなります。

ボックス相場(レンジ相場)の攻め方

一番上の値動き例を使って、ボックス相場(レンジ相場)での設定例(買い)を考えましょう。

多くの場合、下の図のようなパターンを考えるのではないでしょうか。赤の横線は、買い注文のレートを示します。

ボックス相場でのトレードイメージ

上の図は、ボックス相場の範囲で、いくつもの買い注文を出している様子を描いています。こうすることで、ボックス相場内で為替レートが動けば動くほど、利食いをどんどん繰り返してくれます。

裁量トレードに比べて、レンジの下限と上限を見極める必要性が小さくなります。

上の図では、最終的に為替レートは上方向に移動しています。この場合、利食い回数が多数で損切り無しという、最高に素晴らしいトレードになります。

では、最終的に下方向に抜けてしまう場合はどうしましょうか。下の図をご覧ください。右下部分で、青の破線で為替レートの動きを描いています。

ボックス相場での損切りイメージ

この値動きになる場合、ボックス相場内で買ったポジションがすべて含み損になります。下落トレンドが発生して為替レートが大きく下落する場合、含み損も大きくなってしまいますから危険です。

そこで、ボックス相場が終了しただろうというあたりで損切りします。

上の図で「損切りレート」と書いてある、赤の破線部分です。仮に損切りになってしまっても、それまでに多数の利食いを繰り返しています。合計すると利益で終了するという戦略です。

ボックス相場を攻める場合、損失を大きくしないためにも、損切りレートの設定は必要不可欠でしょう。

ボックス相場(レンジ相場)の損失を減らす工夫

ボックス相場(レンジ相場)で買うとき、円高方向に抜けていけば損切りが必要です。しかし、その前に多数の利食いをしているから、合計でプラスという案をご案内しました。

しかし、この案では、2つの場合に注意が必要です。

そこで、仮に損切りになってもダメージを小さくする方法を考察します。

ボックス相場(レンジ相場)上限あたりで買わない

もう一度、ボックス相場の絵を見てみましょう。為替レートが円高方向に進むとき、赤の破線(一番下の横線)で損切りします。

ボックス相場での損切りイメージ

すると、全てのポジションを損切りするのですが、損失額の大きさは、全てのポジションで異なります。

そこで、ボックス相場の一番円安の部分の買い注文を、発注しないことにします。一番円安部分の注文だけでなく、2番目の注文も取りやめても良いでしょう。

こうすれば、損切りしたときの損失額を減らすことができます。

ボックス相場(レンジ相場)の利益を伸ばす工夫

次に、損失を減らすのでなく、利益を伸ばす方法を考察しましょう。上の考察で、最も円安部分の買い注文を発注しないことにしました。

その分、買い注文が減ってしまいます。

そこで、最も円高部分で、新規注文を追加します。すなわち、買い注文を、円安の位置から円高の位置に変えるのと同じ意味です。そして、利食いはボックス相場(レンジ相場)の上限近くにします。

すると、以下の通りになります。

損切りになるとき

円安で買う場合に比べて、円高で買ってから損切りする方が、損失額が小さい

利食いできるとき

円安部分で買って少し利食いするよりも、円高部分で買って大きく利食いする方が、利益が大きい

以上の通り、注文の位置を少し変えるだけで、損切りのダメージを減らし、同時に利食いできるときの期待額を増やすことに成功します。

トラリピ、ループイフダン、トライオートFXを比較

では、ボックス相場(レンジ相場)を攻める設定の場合、トラリピ、ループイフダン、トライオートFXの中でどれが最も有利でしょうか。回答はおそらく「どれを選んでも一長一短」となるでしょう。

トラリピ

トライオート

ループイフダン

この中で注意が必要なのは、ループイフダンでしょう。ループイフダンは、最大ポジション数を制限したり、マイセーフティ機能で損失額を限定したりできます。

しかし、特定の為替レートで新規発注したり、損切りしたりすることはできません。

このため、この記事で考察しました、「損失を小さくして、同時に利益を大きくする」という工夫を実行できません。ループイフダンは、細かい設定をできるだけ排除して、「いかに簡単にできるか」に注力したツールだからです。

簡単にできることを優先するか、それとも、詳細設定できることを優先するかという、好みの違いになります。

次のページでは、トレンド相場におけるリピート系注文の方法を検討します。

リピート系トレード方法の検証・比較

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×