初心者編(FXの注文方法) PC版 初心者編(FXの注文方法) スマホ版

3つの注文と二つの決済注文

「IFO(アイエフオー)注文」は、IFD(イフダン)注文OCO(オーシーオー)注文を組み合わせた注文方法で、両者の特徴をそのまま活かした方法です。

最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が発動される仕組みです。

IFDでは、決済注文は一つしか発注できませんが、OCOは一度に二つの決済注文が可能です。この両者を組み合わせることによって、一度に3つの注文が出せて、決済注文も二つ可能になります。

つまり、IFO注文で発注した場合、「新規ポジションの確保」「利益確定の指値(リミット)」「損切りの逆指値(ストップ)」を同時に発注できて、最初の注文が約定されると、二つの決済注文も自動的に発動されるということです。

IFO(アイエフオー)取引<例>

IFO注文

たとえば、現在の相場が1ドル=116円だとします。1ドル=115円になったら買いの指値注文を新規で発注しました。

一定の利益を確保するため、【1ドル=117円になったら売りの指値注文】、もう一方は損失を限定するため、【1ドル=114円になったら売りの逆指値注文(ストップ)】という条件も同時につけ加えます。

このケースでは、予想どおり1ドル=117円(ドル高)になったら【2円の利益が確定】し、予想とは逆に1ドル=114円(ドル安)に振れたら【1円の損失が確定】ということになります。

このように、IFO(アイエフオー)注文は、買いから売り(売りから買い)まで、一度の注文で指定できて、決済も自動でされますから、為替レートをチェックできない方、パソコンの前に張り付くことが出来ない方でも、取引が可能な方法といえるでしょう。

IFOの実践例~逆指値&OCO

では、実際のトレードでIFO注文を使ってみましょう。

下図は、ポンド/円(GBP/JPY)の日足チャートを切り取って、トレードのシナリオを記入したものです(LION FXより引用)。

IF-OCOのシナリオ

トレードのシナリオ

・通貨ペア:ポンド/円(GBP/JPY)
・トレードの方向:買い
・エントリー:141.50円
・損切りレート:139.70円
・利食いレート:144.50円

為替レートが、ボリンジャーバンドの-1σを下から上に抜けたときを狙って買うというプランです。ボリンジャーバンドの線は常に少しずつ動きますが、141.50円で買うことにします。

そして、損切りは、直近安値の139.896円よりも少し下に設定します。利食い位置ですが、大きく伸びることを期待して、+1σあたりに設定します。

上のチャートを見ますと、ボリンジャーバンドの線は下降気味です。+1σも少しずつ下がると予想できます。そこで、利食い位置は144.50円とします。

実際に買ってから利食いできる場合の利幅は、3円(300銭)です。一方、損切りになってしまう場合は、1.8円(180銭)です。損切りの幅よりも利食いの幅の方が大きいので、バランスが良いです。

悪いトレードと言われる「利小損大」を回避しています。

このトレードを、IFO注文を使って1度にエントリーします。

今回は、LION FXのスマホアプリでトレードします。下図は、IFO注文画面ですが、必要部分だけ切り取って加工してあります。

IF-OCOの発注画面

これで、自動的にトレードが実行されます。もちろん、途中で数値を変更したり、トレードを中断させたりすることも可能です。

IFO注文の留意事項

なお、IFO注文は、為替レートが最初の発注レートに到達したら稼働します。今回の発注例の場合、為替レートが141.50円まで来たら、買い注文が約定します。

最初の買い注文レートが実現する前に、OCO注文で発注したレート(139.70円の売り)が実現しても、何も起きません(発注されません)。

最初にIFの注文が約定し、その後、OCOの注文が有効になるという流れです。

すなわち、為替レートが最初の注文位置まで来てくれるかどうかが、取引できるかどうかの決め手になります。

成行注文で始める場合は、為替レートをずっと監視する必要があります。IFO注文ならば、発注後に取引画面を閉じても、自動でトレードしてくれます。

注文が約定するまでの間、別のことができます。成行注文にはないありがたい機能です。

なお、上のチャートで考えたシナリオが実現せず、最初の買い注文が約定しないまま為替レートが下方向に進んでしまう場合もあるでしょう。この場合は、IFO注文を削除します。そして、改めてトレードシナリオを考えます。

最初に指値注文を出すのでなく、成行注文で今すぐ取引を開始して、OCO注文も同時に出したいという場合は、「新規発注時に、決済のOCO注文を同時に出す」 をご確認ください。

次のページでは、トレンドの後を追って注文価格が変化する決済注文の「トレール注文」を紹介します。

【ビギナー編】FXの色々な注文方法

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×