万策尽きて PC版イメージ 万策尽きて スマホ版イメージ

トレード方法に万策尽きたら・・・

『FXで勝ち続ける』というのはかなり難しいでしょう。ほんの一握りのトレーダーか、あるいは数人、もしかしたらゼロかもしれません。それを証明できる根拠はどこにもありませんが・・・。

また、『FXで負け続ける』というのも難しいかもしれませんが、トータルで負け越しているというトレーダーは相当数いるでしょう。むしろFXで資産を減らしている人の方が多いという声が圧倒的です。

FXに『絶対に勝てる方法』など存在しませんが、『負ける場合の典型的なパターン』といわれるものはあります。

負けパターンの一例

参考までに、負けパターンの例を当サイト内で詳しく説明しています。

勝率の高いトレードをする

『絶対に勝てる方法』は存在しませんが、比較的高い勝率で安全にトレードする方法は存在します。当サイトでも紹介していますが、米ドル/円【USD/JPY】の『窓埋めトレード』です。

『窓埋めトレード』は、ビギナーズ編集部も実践していて、そのトレード内容や結果を毎回公開しています。参考になるかもしれませんので、一度ご覧下さい。

損失を限定してしまえば・・・

「買えば下落、売れば上昇・・・」まるで見透かされたように相場が思惑とは反対に動き、そして含み損がみるみる膨れあがり。。。トレード経験者なら、こういう経験をした方も多いでしょう。

相場は思い通りに動いてくれるとは限りませんので、許容できる損失を予め決めて「損切り」を入れる習慣を身につけることによって、現在のトレードよりも安全にトレードすることができます。

勝てるトレードの機会損失

FXに参加する日本人の多くは、米ドル/円【USD/JPY】トレードが圧倒的に多いことが、「金融先物取引協会 店頭FX月次速報(過去の概況)」の統計資料からわかります。

さらに、米ドル円の売建と買建を比べると、おおむね買いが優勢だと分かります。

【単位:億円/参照元:金融先物取引協会

米ドル円の建玉推移

米ドル/円【USD/JPY】が円安になる確率と円高になる確率は、過去10年間において殆ど同じであることが、当サイトの調査で分かりました。つまり、売りでも買いでも均等に勝てるチャンスがあるということです。

上のグラフから、米ドル/円の取引が買いに偏っていることが分かります。すなわち、下落トレンドでも、買いで勝負している人が多いということです。下落しているのに買いで勝負しては、負けの確率が高くなってしまいます。

したがって、FXの「売りから入るトレード」も積極的に行うことによって、勝率を上げられる可能性があるかもしれません。

何をやっても勝てないなら・・・

色々手を尽くし、何をやっても勝てない状況が続くのであれば、「万策尽きた・・・」とあきらめずに、このカテゴリで紹介する方法を読んでみて下さい。何かの一助になれば幸いです。

次のページでは、FXで含み損が出て苦しい時の対応策を紹介します。

何をやっても勝てないトレーダーの方に捧げる

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×