【実録】窓埋めトレード PC版イメージ 【実録】窓埋めトレード スマホ版イメージ

2016の窓トレードを振り返って

2016年1月から、1年間にわたって窓のトレードの様子をお届けしてきました。早くも12月になり、欧米の主要な参加者はお休みになります。すなわち、市場の流動性がとても小さくなります。

月曜日午前7時にトレードを開始するのがこのサイトの趣旨ですが、ただでさえ少ない流動性がさらに少なくなる時期です。このため、窓のトレードは本日(12月5日)で終了とさせていただきます。

そこで、今までの成績を振り返ってみましょう。

窓のトレード手法

成績を確認する前に、トレード手法を振り返りましょう。

先週末の終値と今週始値を比較し、差が概ね10銭以上あったら、窓が埋まる(窓が閉まる)方向に売買します。窓が埋まったら決済します。逆方向に進む場合は、得られるはずだった利幅と同じだけ逆方向に進んだら損切りします。

インジケーターを全く使っていませんし、取引する時刻が決まっています。トレードすべきかどうかの判断基準も明確ですし、デイトレードとしては取り組みやすいのでは?と考えられます。

この取引を始めるにあたって、今年の成績を以下の通り予想しました。

また、このトレードを実行するには、とにかくスプレッドが狭いことが必要です。しかも、ただ狭いというだけでは不十分です。月曜日午前7時におけるスプレッドが重要です。

米ドル/円(USD/JPY)のスプレッドについては、各社が競争を繰り広げています。0.3銭という数字が一般化したと言っても過言でない状況です。しかし、月曜日午前7時に0.3銭のスプレッドと言えば、マネーパートナーズ【FXnano】です。

そこで、当サイトはFXnanoを使うこととしました。

窓のトレードの成績

では、2016年の成績を振り返りましょう。

取引回数は全部で29回でした。月曜日は48回ありましたから、月曜日全体の60%で取引可能だったということになります。過去データの検証では40%台だろうと見込まれていましたので、今年は取引頻度が大きかったということになります。

そして、勝率は55%です。

60%台前半を目標にしていたのですが、この数字は自分で操作できませんので仕方ありません。最後の4連敗で勝率を落とすという結果になりました。

しかし、取引手法をあらかじめ完全公開して1年間継続し、結果として55%の勝率とプラスの利幅を確保できたのですから、窓のトレードは有効だろうと予想できます。

デイトレードの難しさ

このサイトと同じトレードを採用したという読者の皆様はいらっしゃいますでしょうか。実行したという場合、その感想はどうでしょうか。「継続的に実行するのは、意外に難しい」ではないでしょうか。

取引時刻はあらかじめ決まっていて、取引すべきかどうかの基準も明確です。しかし、継続するのは難しいです。

理由をいくつか予想してみます。

理由はいろいろあるでしょうが、トレードで継続することは意外に難しいです。継続できるかどうかが、トレードで成功できる秘訣のひとつかもしれません。

そして、継続できたという読者の皆様がいらっしゃいましたら、それは素晴らしいことだと思います。「継続は力なり」は、相場にも当てはまる言葉でしょう。

窓に関するその他のトレード手法

なお、今回の窓のトレードは、取引開始から終了までの時間が数分~1日という短い期間でした。完全にデイトレードです。

しかし、窓のトレードには、これとは異なる方法があります。

例えば、取引開始後、日足の終値(火曜日早朝)で決済したり、週の終わり(土曜日早朝)で決済したりする方法です。利幅や損失幅でなく、時間で決済を管理しようということです。

では、日足終値で決済したり週足終値で決済したりすると、実際の損益はどのようになってきたでしょうか。

これについて過去データを検証したレポート『初心者でも分かる!窓の特徴』を当サイトで配布しています。当サイト経由でDMMFXの口座を作っていただいた方限定となっています。ぜひご利用ください。

また、窓の取引レポートは今回でいったん終了となりますが、窓で特徴的な動きがあった場合には、記事化して皆様にお届けしていこうと考えています。

1年間にわたり【実録!窓のトレード】にお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。

トレードの記録はこれで一旦終了しますが、引き続き「窓のトレード」に有益な情報は掲載していきますのでご期待ください。

第一弾は、「月曜日午前7時のスプレッドが0.3銭よりも大きくなる場合の対策」について考察します。(次のページ)

これなら初心者でもできる!「窓」のトレード

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×