タケルFXスクール野口代表インタビュー タケルFXスクール野口代表インタビュー スマホ版イメージ

代表理事 直撃インタビュー

当サイトでご案内しているFXスクール「タケルFXスクール」では、全受講者の6割がFXで勝てるようになっているという、驚異のFXスクールです。

そこで、代表理事の野口さんに、FXで勝てる秘訣や、FXで勝てない人の特徴などをうかがってきました。

また、気になるトレード手法についても、少しヒントをいただきました。

編集部

本日は、お忙しいところありがとうございます。最初に、野口代表理事がFXスクールを始めたきっかけなどを教えてください。

野口代表理事

街づくりのNPOで理事をしていたころ、地域住民向けイベントの一環として、西馬込(東京の地名)でFXの授業をしていました。当時からFXで勝っていたのですが、その授業を受けた人も大勢勝てるようになり、口コミで生徒が増えていきました。

そこで、曾祖父が東銀座に住んでいたという縁で、銀座でタケルFXスクールを開講しました。

このスクールは、私が儲けるためのものでなく、FXで経済的自由になる人を増やし、FXの地位を向上させるのが目的です。そこで、株式会社でなく一般社団法人としました。

また、信用が重要だと考えましたので、金融庁に投資助言・代理業登録をしています。FXスクールで投資助言・代理業登録しているところは、日本全国を見渡しても極めて少ないです。

タケルFXスクールでは、6割の受講生が勝つ

編集部

ありがとうございます。法人になる前から、既に勝ち続けていたんですね。

そして、タケルFXスクールでは、6割の受講生がFXで勝てるようになるそうです。6割というのは、驚異的な数字です。

2014年の話になりますが、フランス政府がFX業者から個人投資家の成績を回収して、分析しました。その結果、プラスの成績だったのは個人投資家全体のうち10%しかいなかった、という報告が出ています。

FXで勝てるのは10%という数字は、日本でも一般的に知られている数字です。まず、6割の人が勝っているという数字について、解説をお願いします。

野口代表理事

(写真は、野口代表理事)

野口代表理事

60%という数字は、「認定FXトレーダー(初心者)」に合格した割合を言います。具体的には、400名以上います。タケルFXスクールの受講生は合計で600名以上いますから、60%ということになります。

「認定FXトレーダー(初心者)」という言葉から分かります通り、スクールではFXの技術を段階的に指導しています。

最初に、入門セミナーを受けていただき、FXとは何だろう?というところを確認します。

そして、授業を受けながら、デイトレードをします。ただし、デモです。デモトレードで6週間連続プラスの成績を上げたら、自己資金を投入してトレードします。

デモトレードで使う資金(デモですから、仮想資金です)は、300万円です。これを使って6週間連続で勝てるようになったら、30万円の自己資金で本番です。6週間も連続で勝って、しかも本番はデモの10分の1の金額です。余裕で勝てると思うでしょう?

しかし、実際には、なかなか勝てません。6週間連続で勝ちまくったのに、現金を投入したとたんに連続で負けるというのも、珍しくありません。

「認定FXトレーダー(初心者)」とは、デモトレードで6週間連続プラスの成績を上げ、そのうえで、現金を投入した取引で1か月間の成績をプラスにできた人を指します。

編集部

FXを始めると、いきなり現金を投入したくなります。しかし、少なくとも6週間連続で勝てるよう、FXの技術を学ぶということですね。しかし、なぜ6週間なんでしょう?

野口代表理事

デイトレードをしていると、6週間もあればトレンドが転換します。このため、6週間という期間を設けておけば、たまたま相場が良かったから偶然勝ってしまうという例を排除できます。

また、デモから始める理由ですが、いきなり現金を投入してリアルトレードをしても、多くの人は負けてしまうからです。負けると、ムキになって取引してしまい、さらに負けてしまいます。

デモトレードでは、技術そのものも勉強しますが、メンタルを重視して学びます。うまく勝てない時は「今日はやめよう」と相場から離れることができる人が、勝ちやすいです。

メンタルの重要性

編集部

今、メンタルについて話が出てきました。FXで勝つにはメンタルが重要だと言われますが、どれくらい重要でしょうか。

野口代表理事

FXで勝つには、3つのMが必要と言われます。すなわち、トレード手法(Method)、資金(Money)そしてメンタル(Mental)です。

FXで勝つにはこの3要素が必要なのですが、全100%のうち、メンタルの割合が99%を占めます。残りのトレード手法と資金は1%です。

編集部

メンタルが99%とは、思い切った数字ですね。

野口代表理事

と言いますのは、勝てるトレード手法や資金管理方法は、スクールから提供するからです。受講者は、この部分で苦労することはありません。

世の中には、さまざまなトレード手法が溢れかえっています。どの手法を選べばよいのか、迷ってしまうことでしょう。そこで、ある手法を試してうまくいかず、次に別の手法を試してうまくいかず…と繰り返し、結局成功しません。

タケルFXスクールの場合、この迷いは不要です。勝てる方法を授業します。あとは、それを実行するためのメンタルです。メンタルさえ整っていれば、勝てるようになります。

勝つ人・負ける人の典型的なパターン

編集部

FXで勝つための方法に話が進んできました。野口代表が何百人も授業してきた経験から、「FXで勝てるようになる典型的なパターン」「負けるようになる典型的なパターン」があると思いますが、それぞれ教えていただけますでしょうか。

野口代表理事

典型的なパターン、ありますねえ。

FXで勝てる典型的なパターンは、「素直にルール通り取引する人」です。自分でアレンジしちゃダメです。また、トレードノートを書くのが必須ですが、これもマメに書いて提出できる人が、FXで勝てる典型的なパターンです。

逆に、成功できない負けパターンもあります。

  • 途中でやめてしまう人
  • 素直にやらない人
  • 自己流でやる人
  • 「なぜ」が多い人
  • 討論を挑んでくる人
  • ムキになる人
  • トレードしない人
編集部

「なぜ」が多い人がダメというのが、興味深いです。勉強するモチベーションを上げて成功するには、「なぜ」という疑問は大切なように思います。

野口代表理事

タケルFXスクールでは、FXで勝つ方法を身に着ける授業をします。このため、「なぜ」は必要ありません。むしろ、邪魔な存在になってしまいます。

授業通りにやれば勝てるのだから、素直に言われた通りにやる、これが一番です。「なぜ」に関連して、討論を挑んでくる人もいますが、こういう人も勝てません。とにかく、勝っている人のマネをする、これが一番です。

この点、女性は素直に話を聞いて、そのまま実行する傾向があるように思います。その結果、女性がFXで勝てる確率の方が高めのように思います。

タケルFXスクールの受講生のうち、女性比率は6割くらいです。FXユーザーの9割が男性と言われている状況で、受講生の6割が女性です。とても高い比率です。

この理由ですが、口コミです。言われたとおりにFXをして勝てるようになった女性が、友達を誘ってくるという流れができています。女性の横のつながりは、とても強いです。

編集部

女性が6割とは、珍しいです。女性の方が多いというスクールは、聞いたことがありません。

もう一つ、勝てない人の中で、「トレードしない人」というのがあります。FXで勝てるようになるために、受講料を払って授業を受けるわけですが、これはいったい何でしょう?

野口代表理事

お金を支払ってスクールに入った段階で満足してしまう、というパターンです。スクールに入るのは、スタート地点に立ったということです。ゴールではありません。

しかし、スタートに立った時点で、ゴールについたような満足感を覚えてしまう人もいます。この場合、残念ながら勝てるようになりません。

トレードは1日10分

編集部

次に、トレード手法について聞かせてください。タケルFXスクールでは、1日10分しか取引しないそうですが。

野口代表理事

たくさん取引できなくもないですが、勝率が悪くなってしまうし、良いことはありません。私たちは1日3回食事をとるわけですが、その前に3分ずつ取引するだけで十分です。要するに、1日10分です。

それだけで勝てるようになります。

具体的な利益額については、月30万円を目途にしています。それよりも金額を大きくできますが、プレッシャーも同時に大きくなります。

受講生の様子を見ていると、月額30万円が目途だろうと思います。

編集部

デイトレードのイメージと言えば、比較的長い時間チャートを見るイメージがありますが、1日10分でいいんですね。とても短い時間です。

ということは、食事前でなく、通勤時間中にスマホでチェックするだけでも取引できそうです。

野口代表理事

通勤時間中だけでなく、お昼休みでもいいですね。スマホで取引できます。手法そのものは簡単なので、稼げるかどうかはメンタルにかかっています。メンタルが99%です。

トレード手法は、とても簡単

編集部

スマホで3分だけで取引できるくらいですから、難しい手法ではないと分かります。トレード手法について教えていただけますでしょうか。

野口代表理事

いいですよ。手法そのものは、とても簡単です。

タケルFXのエントリールール

上の図で、3本の曲線があります。これはボリンジャーバンドです。そして、センターライン上で、買いのピンバーが出ています(赤丸部分)。ここで買います。それだけです。

編集部

なるほど。すなわち、押し目を買うという方法ですね。とても簡単です。デイトレードのイメージと言えば、少なくとも2つ3つのインジケーターが並んでいるイメージですが、大きく違いますね。

野口代表理事

スマホを使って1回3分で取引できるくらいなので、これで十分です。あとは、どこで損切り・利食いをするかです。また、ダマシを減らしつつ、より大きな利食いを狙う工夫もあります。

こういった発展版の授業は、一気に授業しても覚えられません。そこで、アドバンスコースで授業をしています。しかし、基本コースだけで勝てます。

編集部

本日は、長時間ありがとうございます。最後に、「FXビギナーズ」読者の皆様に、一言お願いできますでしょうか。

野口代表理事

FXで経済的自由人になりたい皆様、ぜひタケルFXスクールに来てください!

編集部

ありがとうございます。

ゼロから学ぶ!

一般社団法人 日本FX教育機構【タケルFXスクール】

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×