超入門(為替の基本) PC版 超入門(為替の基本) スマホ版

円の価値が変わる為替相場

新聞には、『急激な円高!一時××円台に』などと見出しが大きく出る場合があります。

外貨取引をしたことがない方でも、一度は新聞やテレビのニュースなどで「円高」「円安」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

FXの第一歩は、この「円高」「円安」という言葉に慣れ、馴染むことから始まります。

円高や円安がニュースになったり、人々の話題に上ったりするのは、円高や円安が日本の経済はもちろん、私たちの生活の至る所に関わっているためです。

では、そもそも円高・円安ってどんなことをいうのでしょう?

円高と円安

円高とは

円高とは、為替相場<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。数字が小さくなると、円高です。少々分かりづらいです。

この例では、1ドルを購入するのに必要な円が、従来は200円でした。それが、今では100円で買えます。少ない金額の円で、1ドルを買えるようになりました。すなわち、円の価値が高くなったということになります。

円の価値が高くなるから、円高です。

円安とは

円安はこの逆です。為替相場<1ドル=100円>から、<1ドル=200円>になるような状態です。

1ドルを購入するのに必要な円が多くなったわけですから、円の価値が低く(安く)なったことになります。

円の価値が低く(安く)なるから、円安です。

1ドル=200円から1ドル=100円というように、数字が減っているのに円高、その逆に1ドル=100円から1ドル=200円というように、数字が増えているのに円安というのは、何か妙な感じがします。

これを理解することが、為替取引をする上で大切です。

今日のハンバーガーはお幾ら?

通貨の価値が変わるということは、次の例で見るとわかりやすいかも知れません。

たとえば、1つ1ドルのハンバーガーを買いに行くとします。1ドル=100円の昨日なら、ハンバーガーを一つ買うのに100円支払わなくてはなりません。

でも、1ドル=80円なら、80円支払えばいいのです。昨日は80円で買えなかったハンバーガーが、今日は買えます。すなわち、円の価値が上がっているということになります。

これが円高ということです。

円高と円安の価格差

円安はこの逆で、昨日100円で買えたハンバーガーが、今日は120円出さなければ買えなくなってしまいます。

円の価値が下がったということです。

実際の相場は、1ドル=100円が翌日には1ドル=80円というような、大幅な変化はありません。しかし、為替レート(円の価値)は常に変わり続けています。

いたって簡単ですから、しっかりと円高、円安の意味を理解しておきましょう。

円相場の変動と企業の売上

新聞やニュースの話題に上がる「為替相場の変動」は、企業や投資家にとって、とても気になることで、かつ重要な情報です。

円高がどのように経済に影響を与えるか、海外に輸出している自動車メーカーを一例に取って考えてみましょう。

為替と経済

T社は1台1万ドルの車をアメリカに輸出しているとします。円相場が1ドル=200円の場合は、売り上げとして200万円がT社に入ります。しかし1ドル=100円になった場合(円高)には、T社の売り上げは100万円となってしまいます。

1台当たりの生産コストが150万円だとした場合、1ドル=200円なら50万円の利益、1ドル=100円なら50万円の損失が発生します。輸出産業にとって、「円高」は大ダメージを受けることになります。

円高は日本にとって本当に悪いの?

円高の状況では、日本に輸入されるモノの値段が安くなります。

一般消費者にとって

たとえば、1,000ドルの外国産ブランド品を購入する場合、1ドル=200円のときの商品価格は20万円です。為替相場の影響によって、1ドル=100円に円高が進んだ場合の価格は10万円になります。

消費者にとって、円高は歓迎すべきことです。しかし、企業の台所事情は一変します。

国内企業にとって

国内で生産して国内で販売する企業の場合、生産コストの削減などによって、安い輸入品との価格競争をしなければなりません。

それでも業績が落ち込むと、社員の給料やボーナスが減り、場合によってはリストラなどで従業員の削減に走ります。最悪の場合、倒産もありうるでしょう。

輸入業者にとって

円高になると、円安時に比べて、材料や原料の仕入れ単価が小さくなります。このため、仕入れ値によらず同じ価格で売るのであれば、円高は歓迎です。

その逆に、円安によって仕入れ値が高くなると収益が悪化します。

海外旅行に行く予定のある人はどうでしょう?

1ドル=200円のときに10万円をドルに換えたら500ドルですが、1ドル=100円の時に換金すると1,000ドルが手に入ります。円高のほうが、海外旅行者にとって好都合ということになります。

円高・円安どっちがいい?

このように、その企業、その人の立場によって円高が良いのか、円安が良いのかは変わってきます。しかし、日本は輸出大国ですから、円高よりも円安のほうが好ムードでしょう。

為替相場(円相場)が変化することによって、企業の売り上げや損益に直接影響を与えることになります。為替相場と経済は密接に関係していることがわかります。このため、ニュースで、円相場情報が毎日のように出てきます。

では、なぜ為替相場(円相場)は変動するのでしょうか。次のページでは、為替レートに影響を与える要因について確認していきましょう。

【超入門】FXを始める前の基礎知識;為替の基本

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×