FXデモトレード PC版イメージ FXデモトレード スマホ版イメージ

売りと買い

ポジションのとり方(売買の方法)として、買いだけ、売りだけ、売りも買いも両方の3種類があります。

売り買いのサイクル

米ドル/円(USD/JPY)などでは、買うとプラスのスワップポイントを得られます。よって、長期保有のトレードの場合、買うことが中心となります。

しかし、短期トレードの場合を考えて、「売りだけ」や「売りも買いも同時に両方」、それぞれのケースでの精神状態を体験しておくと良いです。

FXでは、円売り外貨買いによって、高い金利(スワップポイント)を得られることがメリットです。売りの時は逆に、スワップポイントを支払わなくてはなりません。

したがって、円を絡めて取引する場合は、売りは一般的に短期勝負になります。下落のスピードが速く、スワップポイントの損失をカバーできると考える場合に、売りで勝負です。

こう考えると、買ってスワップポイントを毎日もらうほうが、精神的には楽だといえそうです。

スワップポイントの仕組み
ワンポイント

デモトレードでは、売りの時に支払うスワップポイントがどのくらいになるかを体感する意味で、できるだけ金利の高い通貨(たとえば、南アフリカランド/円 豪ドル/円、NZドル/円など)の売りもやってみましょう。

両建て(売り買い同時運用)の難しさ

FXは相場の動きに合わせて、売りから始めても買いから始めても構いません。相場が上昇局面でも下落局面でも、利益を狙うトレードが可能です。

ただし、売りと買いのポジションを同時に持つということは、リスクが高くなります。

円高になると、円買いポジションは含み益になる半面、円売りポジションは含み損になります。逆に、円安になる場合、円売りポジションは含み益になりますが、円買いポジションは含み損になります。

相場がどちらに動いても含み損が大きくなるので、対応が難しいです。

特に、円買いのポジションについて、スワップポイントは支払になることが一般的です。このポジションで為替損失になると、3つの損失が同時に発生します。

3つの損

すなわち、相場でどちらも同時に利益を狙うと、両方ともいい加減になりがちです。最終的な利益は片側だけ、つまり、買いだけ、もしくは売りだけになります。トータルとしては損してしまいます。

こうした取引をデモトレードで経験し、その難しさに気付いてください。良いメンタルトレーニングにも役立つはずです。

ただし、両建てが有効に機能する場合もあります。別記事「両建てのトレード 」をご確認ください。

売り買いの取引パターンに慣れたら、次のステップは、短期売買(デイトレード)を頻繁に繰返すデモトレードをやってみましょう。

短期売買では、「勝ちパターン」を見つけ出す良いトレーニングになるからです。

注文を出すタイミング

注文のタイミング

FXの基本は、

これをすることによって、為替差益を得られます。

相場の底で買って、相場の天井で売る。あるいは、相場の天井で売って、相場の底で買い戻すのが理想です。ただ、理想であって実現は難しいです。

ですから、(底で買うのでなく)相場が上り調子のときに買って、そろそろ天井かな?と思ったら売る(天井になる前に売る、または、天井を少し超えてから売る)ことを目指します。

相場が逆の場合も同様です。すなわち、相場が下りトレンドになったら売って、そろそろ底かな?と思ったら買い戻す。という手法がオーソドックスな取引方法です。

非常に単純な理屈で、利益がでる仕組みとして明確です。相場を予想してトレンドに乗ることが重要なポイントであり、かつ一番難しいといわれる”キモ”の部分です。

注文の基本は順張り(じゅんばり)で

1ドル=99円の為替レートが、100円になったとします。円安に振れています。「この流れ(トレンド)に乗ってドルを買おう!」というのが『順張り(じゅんばり)』です。

為替レートの動きと同じ方向に向けて、売買します。

これとは逆に、1ドル=100円から99円に円高が進んだので、「そろそろ円安に向かうだろう」という予想を立て、99円でドルを買う取引を『逆張り(ぎゃくばり)』といいます。

つまり逆張りは、円高の流れが止まったことを確認せずに、流れに逆らってドルを買うことです。

順張り・逆張り

順張りは、円安のトレンドを確認してから取引を行いますから、若干の出遅れがあります。また、円安の上昇基調が強い場合、安いところで買えず、高いところで買ってしまう可能性もあります。

一方、逆張りは、うまく予想が当たれば『底値』で買うことができ、最大限の利益を得られる可能性があります。

しかし、逆張りは”流れに逆らった取引”ですから、予想が外れた場合は大きな痛手を受けるリスクを背負っています。

FXは希望的観測そのものですが、やはり流れに沿った売買方法が正攻法といえるでしょう。

なお、FXのトレードシステムは、各社色々な注文方法が用意されていますので、操作方法を覚える上でもデモトレードは役立つでしょう。各種注文方法につきましては、別記事「注文方法の基本」を参照して下さい。

取引回数を減らしていこう

一般のFXトレーダーにありがちなのは、取引チャンスがあれば毎回乗る(ポジションを持つ)のが利益の最大化につながる、と思うことです。

ところが、実際の相場は難しいです。取引チャンスと思うだけで、根拠のない取引を頻繁に繰り返してしまう場合があります。すなわち、最終的に負けてしまいます。勘に頼るトレードは、うまく機能する場合があります。しかし、その好調さは長続きしないのが特徴です。

バーチャルトレード(デモトレード)では、自分のお金ではできない「無謀でリスキーな取引」を何度も挑戦できます。時には強制ロスカットに遭うような損失を出したり、あるいは、一発で原資(仮想証拠金)をぶっ飛ばしたりするのも良いでしょう。

そこから、いくつかの成功パターンを見つけ出します。こうして、無駄なトレードを避けます。

すると、格段に勝率が上がり、少ないトレード回数でも利益を上げられる方法が身についていきます。

つまり、リアルトレードでは、取引回数を増やすよりも、勝つ確率が高い、数回のチャンスだけ取引することが大切です。この感覚を必ず身につけることが大切です。

短期売買のポイント

短期売買を頻繁に繰り返すと、負ける可能性が高くなります。しかし、短期売買であっても、売買回数が少ないほど利益につなげやすくなります。

短期売買のポイントは、

FXの短期トレードでは、どうしてもハイリスク・ハイリターンになりがちです。しかし、デモトレードで失敗した体験を元に、上のポイントを徹底して実行することで、自分なりのルールを確立していきましょう。

結局、短期トレードであっても、ほとんど見送って、一週間に一回だけ確実に勝てそうと判断した時だけ取引する人が勝つのが相場です。

バーチャルFXでデモトレードをしてみよう!

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×