トライオートFX PC版イメージ トライオートFX スマホ版イメージ

純粋に勝つことだけを目的に開発されたシステム

構想に2年、開発に1年。インヴァスト証券がすべての力を注いで完成させた”裁量FXの課題を解決するための商品”『トライオートFX』が2014年3月10日にリリースされて以来、常に進化しています。

トライオートFXが目指したのは、投資家(トレーダー)の損益の改善です。長きに渡る調査分析の結果から、裁量FXとシストレFXのそれぞれの良い点を組み合わせることがFXトレードにおいて必須であり、投資家(トレーダー)の損益を改善させる唯一の方法であるという結論を出し、FXで純粋に勝つことだけを目的に開発された”次世代型裁量FX”が『トライオートFX』です。

2015年1月『トライオートFX』は、「投資家(トレーダー)のトレードスタイルや相場環境に適応できる取引手法を提供する」という答えを見つけ出し、『マニュアル取引』『半自動取引』『自動放置売買』という3つの取引手法すべてを実現するサービスに進化しました。

トライオートFXはどんなトレーダーのためのものか?

FXで勝つためには、投資家一人ひとりに合った手法を見つけることが、最も重要なことです。取引手法を取引期間で分けると、【短期売買】【中期売買】【長期売買】に大別され、一般的には、取引期間が短くなるほど難易度は高く、トレードの熟練を要するといわれています。

取引手法と難易度(熟練度)
取引手法 取引期間の目安 難易度
スキャルピング(短期) 数秒~数分
デイトレード(短期) 数分~1日
スイングトレード(中期) 1日~数週間
ポジショントレード(長期) 数週間~数ヶ月

スキャルピングやデイトレードは、熟練した技術と経験、またメンタル面での強さが求められる難しい取引方法です。これまでのFX業界は、こういった売買が占める出来高の割合が非常に高いため、短期売買を主戦とするトレーダーをターゲットとした商品開発が進んでいる状況にあります。

しかし、多くのユーザー様はスキャルピングを行う時間もなければ、技術や経験、またメンタル面もないというのが実情です。そういった意味でトライオートFXは、これまでのFX業界においてメインターゲットになりにくいお客様をターゲットにした珍しい商品かもしれません。

トライオートFX 3つの取引手法

半自動取引(オートパイロット注文)

【取引期間】1週間~3ヶ月
中期売買向き。自分で相場方向を決めたら、後はルール(戦略)に沿って自動で連続注文。初心者にありがちな”損切りできない”というリスクを排除し、”勝ち逃げ”設定も可能。

自動放置取引(仕掛け注文)

【取引期間】1ヶ月以上先
長期売買向き。 ”放置”しておきながら長期的な視野で取引します。複数のオートパイロットの組合せによって売買戦略を作成できます。トレードのスキルは初心者レベルでOK。

裁量取引(マニュアル注文)

【取引期間】1日程度
短期売買向き。自分の判断で売買する中・上級者向けの裁量トレードです。売買頻度が高いため、取引する時間が十分にあり、熟練した技術と経験を持つトレーダーにお勧め。

トライオートFX取引手法【早見表】
AP注文 仕掛け注文 マニュアル注文
スキャルピング × ×
スウィングトレード
ポジショントレード
トレンド相場
レンジ相場
トレードスキル必要度
トレードにかかる時間

トライオートFXは何ができるのか?

トライオートFXは難しいのか?

トライオートFXは、裁量FXにおいて一般的に行われている一連の決定を、極限までシンプルにしたものです。自分の裁量FXでやってきた経験がそのまま活かせるので、新しく覚えることは取引ツールの利用方法だけです。それも全てにガイドがついていますので、一度AP注文を作成すれば大体理解ができる設計になっています。

「相場観が当たれば勝つ」「負けはオートパイロットが損失の拡大を防いでくれる」というだけなので、全く難しいFX取引ではありません。FXトレードをした経験のある方であれば、数十分も触れば理解します。

裁量FXトレードをずっと経験されてきた方は、「今さら新しいものを覚えるのが面倒くさい。」という方もいらっしゃると思いますが、今までのFXの方が遥かに複雑で難しいことをしていたということを実感することになるでしょう。

FX初心者の方は、売買戦略を立てるのに慣れていない方も多いでしょう。でもご安心下さい。トライオートFXは、『売買スタイル』を選ぶことができます。

【コツコツチャリン】【追尾1本ゲリラ】【応用ヒットアンドアウェイ改】など、実際にユーザーが使用し、利益を出している”使える売買スタイル”が用意されていますので、高いトレードスキルがなくても十分利益を狙えます。

取引条件
通貨ペア
(全17種類)
トライオートFXの通貨ペア
取引単位 【マニュアル注文】10,000通貨単位(全通貨ペア)
【オートパイロット注文】1,000通貨単位(南アランド/円のみ10,000通貨単位)
取引時間 通常期間:月曜日午前7時~土曜日午前6時
米国サマータイム期間:月曜日午前7時~土曜日午前5時
※火曜日~金曜日の午前6時50分~午前7時10分
(米国サマータイム期間午前5時50分~午前6時10分)は、システムメンテナンス時間のため取引不可(約定もしません)。
取引手数料 【マニュアル注文】無料
【マニュアル注文】全通貨ペア一律、マークアップ手数料が適用。
 マークアップ手数料については公式サイトでご確認下さい。
受渡決済手数料 1,000通貨あたり1,000円
(ただし、10,000通貨未満は1件当たり10,000円)
口座開設・管理費 無料
レバレッジ 25倍
有効比率 有効証拠金額÷必要証拠金額×100(%)
アラート 【プレアラート】有効比率120%以下
【アラート】有効比率75%以下
ロスカット 有効比率50%以下
モバイル対応環境 携帯電話(ガラパゴス携帯) スマートフォン
未対応 iPhone対応状況 Android対応状況

トライオートFX口座開設

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×