ヒロセ通商【LION FX】

安心できる取引へ【鉄板の約定率 99.9%】
  • 超高速の約定スピード 0.001秒
  • 業界最狭水準のスプレッドを提供
  • 充実した取引ツール・モバイル用も!

ヒロセ通商(LIONFX)には、実に様々な特徴があります。ヒロセ通商ならではという特徴を確認し、それをトレードに応用する方法を考察しましょう。

多彩な注文方法

ヒロセ通商では、24種類の注文方法を使えます。注文方法と言えば、一般的な各FX業者では以下の方法が使えます。

これだけで6種類です。さらに18種類もの注文方法があります。

通常は、チャートを見て売買チャンスを探し、そして発注します。しかし、これだけ注文方法が多彩ですと、「注文方法を見てトレード手法を見つける」というパターンもありそうです。

そこで、ヒロセ通商独特の注文方法を利用したトレードを考察してみましょう。

ヒロセ通商独特のトレード手法

今回考察するのは、下の3つの注文方法です。

時間指定成行注文とは、あらかじめ指定した時刻になったら、成行注文が実行される注文方法です。新規注文、決済注文の両方で使えます。

一般的な指値注文・逆指値注文は、為替レートが特定のレートに到達したら、約定します。時間指定指値注文(時間指定逆指値注文)は、通常と同じ指値注文です。ただし、特定の為替レートに到達しないまま時間が過ぎて指定時刻になる場合、成行注文が実行されます。

一般的に、FXの注文方法は、為替レートに着目したものが多いです。IFD、OCO、IFOなど、特定の為替レートになったら注文が実行されます。その為替レートに到達しなければ、いつまでも注文が実行されません。

一方、時間指定注文は、特定の時刻に着目した注文です。

一般的なFX業者でしたら、特定の時刻に発注したい場合、その時刻に成行注文を出す必要があります。しかし、時間指定注文ならば、あらかじめ発注しておけます。取引したい時刻に、わざわざ取引システムにログインする必要はありません。

時間指定注文が生きるとき

では、この注文を生かせる場面とは、どのような場合でしょうか。例えば、以下のような場合です。

ゴトウ日

毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日は、早朝から午前9時55分にかけて、米ドル/円が円安になりやすいという説です。これが正しいならば、時間指定成行注文が活躍できそうです。

経済指標発表前に決済したい場合

ポジションを持っていて利食い決済を狙いたいが、相場が荒れやすい重要指標発表前に決済したい場合です。ギリギリまで指値注文での約定を狙い、指標発表直前に成行決済できます。

バイナリ―オプションを応用

ヒロセ通商では、バイナリ―オプションもできます。バイナリ―オプションとは、取引開始時に、特定の時刻に為替レートがどこにあるかを予想する取引です。

例えば、(数時間後の)午前11時00分00秒の米ドル/円は、110.00円よりも円安か円高か?という具合です。「特定の時刻の為替レートを考える」ということです。正解すれば、資金が増えます。不正解だと、減ります。

また、110.00円よりも円安という側に資金を投入する場合、実際の為替レートが110.01円(1銭の円安)だろうと、111.00円(100銭の円安)だろうと、もらえる金額(ペイアウト)は同じです。純粋に、上か下かを考えます。

このバイナリ―オプションですが、毎月の顧客成績が公開されています。そこで、取引した顧客のうちで、損失を計上した割合をグラフ化しました。下の通りです。

損失計上の割合グラフ

おおむね、70%台で推移していることがわかります。平均値を出しますと、74%くらいです。すなわち、毎月、74%くらいの人は負けるけれど、26%くらいの人がプラスの成績になっているということです。

中には、適当に取引している人もいるでしょう(だから、負けます)。しかし、「特定時刻には、特定の値動きをしやすい」と知っていて取引する人もいるでしょう。

この場合、勝率は高くなるはずです。

そこで、この考え方をヒロセ通商のFXで応用します。時間指定注文です。どの時刻に円安・円高になりやすいかをチャートで確認し、その時刻に決済する時間指定注文を出します。

時間指定注文以外でも、ヒロセ通商の特徴を概観しましょう。

業界最小水準のスプレッド

ヒロセ通商は、スキャルピングを歓迎するFX口座です。すなわち、スキャルピングに適した機能を持っています。その一つが、スプレッドです。

下表の通り、ヒロセ通商は業界最狭水準のスプレッドを提示します。4種類の注文方法と組み合わせて、さまざまなトレード手法に対応できます。

主要通貨のスプレッド
0.3銭 1.0銭 0.5銭 0.7銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips 0.9pips

※スプレッドは原則固定であり、相場状況によって広くなる場合があります。
※取引前に各外為業者の公式サイトにてご確認ください。
(更新日:2018年11月17日)

業界最高水準のスワップポイント

また、ヒロセ通商は、業界最高水準のスワップポイントを提示します。

LION FXスワップポイント

すなわち、スキャルピングやデイトレードで使うのも良し、多彩な注文でスイングトレードをするのも良し、スワップポイント狙いの長期トレードも良し、というFX口座です。

主要通貨のスワップ金利
20円 25円 -30円 50円 41円 116円 15円 -1.1円

※スワップ金利は、1万通貨を取引した場合の1日当たりの金額です。
※スワップ金利は日々変動している可能性があります。公式サイトでご確認ください。

ヒロセ通商【LION FX】の取引条件(概要)

取引条件
取引時間 米国がサマータイムの適用時
日本時間 月曜日午前6時から土曜日午前5時00分
米国が標準時間の適用時
日本時間 月曜日午前7時から土曜日午前6時00分
取引手数料 無料
必要保証金 1Lotあたりの必要証拠金=レート×1,000通貨×4%
通貨ペア
(全50種類)
LION FX 50通貨ペア
レバレッジ 25倍
ロスカット 有効証拠金の額が取引証拠金を下回っている場合
最小取引単位 1,000通貨
モバイル対応環境 ガラパゴス携帯 スマートフォン
携帯3キャリアの対応状況 iPhone対応状況 Android対応状況
注文機能
成行 指値・逆指値 IFD OCO IFO
トレール ストリーミング 時間指定 2WAY 両建て
企業概要
会社名 ヒロセ通商株式会社
所在地 大阪市西区新町1丁目3番19号MGビル7F
資本金 8億4691万8千円(2018年10月現在)
上場 JASDAQ上場
預託金の保管 分別管理。三井住友銀行に全額信託保全
加盟組合/組合名 (一社)金融先物取引業協会

ヒロセ通商【LION FX】口座開設

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×