為替王 PC版イメージ 為替王 スマホ版イメージ

為替王

FXの歴史

こんにちは。為替王です。

最近よく耳にする「FX」について、恥ずかしくないように知識だけは身につけておきたい!ゆくゆくは自分もFXで資産を増やしてみたい!という方のために、為替の歴史や、そもそもFXとは何ぞや?という話からしてみたいと思います。

為替の歴史

戦後しばらく、日本の円とアメリカのドルを交換するときの為替レートは固定されており、1ドル=360円と決まっていました。

ところが、日本の高度経済成長などに伴い、固定されたレートがだんだんと合わなくなってきました。子供が成長して背が伸びると、洋服がきつくて着られなくなるのと似たようなイメージです。

そこで1973年に公式に変動相場制が採用されて、日米の経済実態に合わせて、日々、為替レートが変動する仕組みに移行しました。

若い人たちは、為替レートが動くのは当たり前だと思っているでしょうが、意外と歴史は浅いんですね。

FXってそもそも何なの?

固定レートなら、誰がいつ為替取引をしても同じですが、変動レートになるとそうはいきません。巨額の取引をする企業にとっては、為替レートが1円、いや1銭違えば、損益もだいぶ違ってきます。

そこで、貿易関係の企業や、為替を取り扱う金融機関で、為替取引の部署が発達しました。外国為替のことを英語でフォーリン・エクスチェンジ(Foreign Exchange)といいます。略してForex(フォレックス)とかFX(エフエックス)といいます。

そのため外国為替部門のことをFX部門と呼んだり、分析する人のことをFXアナリストと呼ぶようになりました。

つまり、FXとはもともとは今のような外国為替証拠金取引に限定した呼び名ではなく、外国為替全般のことを指していたんですね。

FX取引っていつできたの?

では、なぜ今の日本では、
FX=外国為替証拠金取引ということになったのか?

昔は、ほとんど法人取引に限定されていた為替取引ですが、現在のひまわり証券が、1998年に当時、シンガポールなど海外で個人投資家の間で流行していた外国為替取引を日本に導入する際に、ネーミングをどうしようかという話になり、証拠金(=マージン)を使う外国為替(=FX)の取引だからという理由で、「マージンFX」と名付けました。

これは、あくまでも、ひまわり証券独自の名称に過ぎませんでした。その後、他社もこの外国為替取引を導入する時に、ひまわり証券にならって「FX」を多用したことから、どんどん広まって、いつのまにか、FX=外国為替 という意味から、日本では FX=外国為替証拠金取引というイメージが定着したわけです。

今回はここまで。
次回は、その後の波乱万丈のFX業界の真相について解説いたします。

超人気FXブロガー為替王によるFX講座-Back Number

プロフィール

為替王

超人気FXブロガー兼プロ投資家

為替王

プロフィール・経歴・活動実績など

本職の投資運用業務の傍ら、プロならではの役立つ金融情報ブログ『為替王』 を2004年スタート。口コミで人気が広まり、FX会社・証券会社の顧客向けに レポート・小冊子を多数執筆し提供するほか雑誌にも多数寄稿。
『週刊為替王メルマガ』では一般読者の資産運用相談に毎週親身になって回答。 とにかく、わかりやすくて丁寧な世界の金融・経済情報解説と、ズバリ的中する ことが多いと噂の為替予想が大人気。

執筆者のサイト

http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/

ブロガーコラム PC版イメージ ブロガーコラム スマホ版イメージ
×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×