チャート分析の基礎知識 PC版イメージ チャート分析の基礎知識 スマホ版イメージ

MACDとは

MACD(マックディー、エムエーシーディー)とは、移動平均を加工して作ったインジケーターです。移動平均を使いますが、単純移動平均ではなく指数平滑移動平均を使います。

指数平滑移動平均を簡潔に確認しますと、遠い過去の為替データよりも現在に近い為替データを重要視して平均値を出す方法です。

MACDを求める計算式は比較的難しいです。そこで、ここでは計算式の説明を省略し、実際にどのように使うかについて焦点を当てましょう。

MACDの使い方

MACDには2本の線があります。下のチャートで確認しましょう。米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートで、トライオートFXからの引用です。

MACD12,26(米ドル/円日足チャート)

チャートが上下2つに分かれており、上はローソク足、下がMACDです。ここでは、MACDが青線、シグナルと呼ばれるもう一つの線が緑で書かれています。この2つの線の基本的な読み方は以下の通りです。

読み方1:MACD(青)が、シグナル(緑)を下から上方向に抜けたら買い

読み方2:MACD(青)が、シグナル(緑)を上から下方向に抜けたら売り

下のチャートは、先ほどのチャートに補助線を追加したものです。読み方1で買いシグナルが出たのが青の縦線、そして、読み方2で売りシグナルが出たのが赤の縦線です。シグナルに沿ってトレードしていれば、利食いできたことが分かります。

ただし、よく見ると、売買シグナルが出た時が最良の買い場だったり売り場だったりするわけではないことが分かります。

青の縦線で買いシグナルが出ていますが、それよりも少し前で買えれば、もっと良い成績でしょう。同様に、赤の縦線よりも少し前で売れれば、さらに良い成績でした。

これは、移動平均線を使っているために発生します。移動平均は過去の為替レートの平均値を使います。指数平滑移動平均を使いますので、遠い過去の為替レートの重要度は落ちますが、それでも直近の値動きが十分に反映されるには少々の時間を要します。シグナル発生が少し遅いのは、これが大きな理由です。

しかし、全体としては有効なチャート分析手法だと評価できるでしょう。

MACDが機能しづらいとき

では、MACDが機能しづらい場面を確認しましょう。いつも素晴らしいシグナルを出してくれればうれしいですが、そういうわけにも行きません。下のチャートをご覧ください。

MACDが有効でない場合のチャートパターン

チャート中ほどでボックス相場になっています。ボックス相場の時のMACDの様子を見ますと、MACD(青)がシグナル(緑)の上になったり下になったりしています(下の赤枠で囲った部分)。

ボックス相場でのMACDの有効性

この場面でシグナル通りに売買を実行したら、おそらく負けトレードの繰り返しになったことでしょう。

よって、MACDはボックス相場では機能しづらく、トレンド相場で威力を発揮するチャート分析手法だと分かります。

注意点:ダイバージェンス

MACDを説明する場合、ダイバージェンスについて言及されることがあります。そこで、当サイトでも確認しましょう。しかし、FXではっきりとしたダイバージェンスを確認するのは難しいかもしれません。

よって、重要度は低めかもしれませんが、ダイバージェンスが発生するときのために確認しておきましょう。

ダイバージェンスとは、下のチャートの通りです。矢印部分について、為替レートは全体として上昇しています。しかし、MACDは下落傾向です。方向が反対です。これをダイバージェンスといいます。

FXのダイバージェンス(例)

教科書的に書けば、ダイバージェンスが出る場合には天井または底が近いという表現になります。しかし、この時はそうではありませんでした。さらに円安傾向が続き、最終的に103円台まで円安になっています。

このため、「ダイバージェンス = 天井または底が近い」と画一的に覚えていると、取引で失敗した可能性があります。

インジケーターを使うチャート分析においては、チャート本体(ローソク足)が常に主であり、インジケーターは従です。「インジケーターでは売りサインが出ているのに、為替レートが下落しないのはおかしい!」と、思考が逆転してしまわないように気を付けましょう。

以上、ここまではチャート分析に利用されるインジケーターの一部を紹介してきました。次のページ以降は、ローソク足形状のみを参考にしてトレードする「プライスアクショントレード」を紹介していきます。

チャート分析を始めよう!

×
今月のオススメPick up!
脱・初心者編
FX初心者から中級者へ
最適なFX手法の見つけ方
チャート分析入門
売りで始めるFX
リピートFX特集
リピート系注文の比較・検証
トラリピ【M2J(マネースクエア)】
ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)
MT4(Meta Trader)
リピート系注文の比較
メリットが大きいのは?
リピートFXのトレード方法
リピート系はどれで取引すべきか
FX業者の比較
FX会社の比較するべき項目
スプレッド(コスト)で比較
スワップ金利で比較
取引できる通貨ペアで比較
少額取引できるFX会社
掲載FX会社一覧
脱・負け組編
勝てない状況から脱出するには
典型的な負けパターンを確認しよう
投資で資産を作ろう!守ろう!
FXのトレード手法に万策尽きたら
デモトレード活用術
デモトレード(バーチャルFX)
取引のパターンを確認しよう
デモトレードのやり方と手順
人気ブロガー連載コラム
ブロガー一覧
ゆったり為替
ゆきママ
維新の介
あおのり先生
為替王
ひろぴー
豪ドルケン太
アンディ
GT5
崖っぷちダメおやじ
サイト情報
免責事項・運営者情報
プライバシーポリシー
×