FXとは?初心者に分かりやすく PC版イメージ FXとは?初心者に分かりやすく スマホ版イメージ

円の価値が変わる為替相場

新聞には、『急激な円高!一時70円台に』などと見出しが大きく出る場合があります。

外貨取引をしたことがない方でも、一度は新聞やテレビのニュースなどで
「円高」「円安」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。
FXの第一歩は、この「円高」「円安」という言葉に慣れ、馴染むことから始まります。

円高や円安がニュースになったり、人の話題に上ったりするのは、円高や円安が日本の経済はもちろん、私たちの生活の至る所に関わっているためです。

では、そもそも円高・円安ってどんなことをいうのでしょう?

円高と円安

円高とは、為替相場<1ドル=200円>から<1ドル=100円>になるような状態です。
1ドルを購入するのに必要な円が少なくなったわけですから、
円の価値が高くなったということになります。

円安はこの逆で、為替相場<1ドル=100円>から、<1ドル=200円>になるような状態で、
1ドルを購入するのに必要な円が多くなったわけですから、
円の価値が低くなったことになります。

1ドル=200円から1ドル=100円というように、数字が減っているのに円高
その逆に1ドル=100円から1ドル=200円というように、数字が増えているのに円安というのは、
何か妙な感じがしますが、これを理解することが、為替取引をする上で大切なのです。

今日のハンバーガーはお幾ら?

価値が変わるということは、次の例で見るとわかりやすいかも知れません。

たとえば、1つ1ドルのハンバーガーを買いに行くとします。
1ドル=100円の昨日ならハンバーガーを一つ買うのに100円支払わなくてはなりません。
でも、1ドル=80円の今日なら、80円支払えばいいのです。

昨日は80円で買えなかったハンバーガーが、今日は買えるのですから、
円の価値が上がっているということになりますね。
これが円高ということです。

円高と円安

円安はこの逆で、昨日100円で買えたハンバーガーが
今日は120円出さなければ買えなくなってしまいます。
円の価値が下がったということですね。

実際の相場は、1ドル=100円が翌日には1ドル=80円というようは大幅な変化はありませんが、
為替相場(円の価値)は常に変わり続けているのです。

いたって簡単ですから、しっかりと円高、円安の意味を理解しておきましょう。

下落相場で利益を出す PC版イメージ 下落相場で利益を出す スマホ版イメージ

FXを始める前の基礎知識~為替相場

▲このページのトップへ

窓トレード基礎編
窓トレード実践編
売りから始めるFX
fx初心者ポイントレッスン
富を創造する投資思考
スパンモデルFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.