トレンドの後を追って注文価格が変化する決済注文

トレール注文は、相場の値動きに応じて、自動的に注文価格がついていく逆指値注文で、決済専用の注文方法です。トレールとは「追いかける」という意味で、「利益を伸ばしたいけれど、万が一の時はきっちりと利益を確保したい」という場合に使える注文方法です。

損失確定のためのストップロス注文に利用されることから、『トレールストップ注文』とも呼ばれています。

買いポジション保有時の決済注文

買い注文のケースでは、ストップロス設定した価格が、相場の上昇に伴って後を追いながら、予め設定した値幅で自動的に切り上がっていきます。
1度切り上がったレートは下がることはありません。

買いのトレール注文

たとえば、現在の相場が1ドル=100円のときに買いポジションを保有したとします。
99円でストップロスを逆指値注文した場合、差額の1円がトレール幅となります。

もしも相場が下落することなく99円になった場合は、その時点で逆指値によって売り注文が約定します。
この時点で1円の損失が出たことになります。

図のケースでは、相場が上下しながらも予想通りに上昇し、トレール注文も同時に切り上がっていきました。
102円まで上昇した後、下がりだして101円になったところでトレール注文の売り注文が約定します。
1ドル=100円のときに買っているので、この時点で1円の利益が確定します。

売りポジション保有時の決済注文

売り注文のケースでは、ストップロス設定した価格が、相場の下降に伴って後を追いながら、予め設定した値幅で自動的に切り下がっていきます。
1度切り下がったレートは上がることはありません。

売りのトレール注文

たとえば、現在の相場が1ドル=100円のときに売りポジションを保有したとします。
101円でストップロスを逆指値注文した場合、差額の1円がトレール幅となります。

もしも相場が上昇することなく101円になった場合は、その時点で逆指値によって買い注文が約定します。
この時点で1円の損失が出たことになります。

図のケースでは、相場が上下しながらも予想通りに下落し、トレール注文も同時に切り下がっていきました。
97円50銭まで下降した後、上がりだして98円50銭円になったところでトレール注文の買い注文が約定します。
1ドル=100円のときに売っているので、この時点で1円50銭の利益が確定します。

利益確定時の注文方法

トレール注文は、基本的に利益確定値を決めないトレード方法なので、相場が上昇(下降)した分、利益も自然と切り上がり(下がり)ます。(決済していないので確定値ではありません)

極端ないい方をすれば、相場が同一方向に振れていけば、どこまでもついていくので利益確定は永遠にしません。

ですから、頃合いを見て利益確定の決済注文を入れるか、相場の反転を待って、ストップロスにかかるのを待つかのどちらかが決済となります。

多くの場合、『このへんで勘弁したろか』みたいに手動で成行決済する方が多いようです。

FX(外為取引)の注文方法

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.