スイングトレードの基本

スイングトレードとは、数日から数週間程度の、相場の波の一周期の値動きを利用して利益を狙う取引手法。トレードの期間は、相場によって、また見ている足の長さによって変わってきます。

取引期間としては中期的なトレードであり、FXではレバレッジを5倍~10倍程度で取引されることが多いです。初心者の方は、最初はレバレッジを3倍~最大でも5倍程度に抑えると良いでしょう。

トレードの手法・コツ

目標とする利ざやは、100ポイント(pips)~300ポイント(pips)程度に設定します。

大きな一つの波動を取るので、ポジションを持った後は、見ているチャートの一つの波が終わるまで保有することになります。

通貨ペアの選び方

スイングトレードに向く、通貨ペアはトレンドが出やすい通貨ペアです。
それには、以下の要素を備えていることが必要です。

  • 比較的長くトレンドが続く通貨ペア
  • 流動性が高いメジャー通貨(マイナー通貨は不適切)
  • 自分の思ったとおりに動く

実際には、現在、豪ドル/円やドル/円がトレンドが続きやすく、分かりやすいです。
但し、適切な通貨ペアはその時々に変化していきます。

スイングトレードに利用するチャート

通常、スイングトレードは、1時間足や日足を見てトレードすることになります。長い足の影響を短い足が受けるため、1時間足や日足でトレードする時も、週足や月足など長い足から見ていくと良いでしょう。

スイングトレードでは、簡単な売り買いのルールによって売買するのが良いでしょう。
21指数移動平均線はお勧めのチャートの一つです。

21単位にしているのでは、21単位が相場にフィットすることが多いと判断しているからです。
また、単純移動平均線ではなく指数移動平均線の方が相場にフィットすることが多いと判断しています。

売買のタイミング

スイングトレードの例

ローソク足の終値で21指数移動平均線の上で終わったら買い、同じく終値で21指数移動平均線を割ったら売りというルールが分かりやすいです。

最初の○印の部分で、買いシグナル発生、そのまま、買いポジションを保有して、次の○のポイントで利益確定となります。

また、2番目の○印から売って次の○印で利益確定というトレードも有効です。

明瞭な売買ポイントが現れるチャート

下図は、売買サインが出ているあるチャートの切り抜きですが、サインが出ている事さえ見つられれば、このルールに従って淡々と取引を進めるだけです。

スパンモデルでの売買のタイミング

このテクニカルチャートは、マーフィーの『スパンモデル®FX』です。

『スパンモデル®FX』は、投資歴28年・勝率8割を誇る元プロディーラーである、マーフィーこと柾木利彦氏考案したテクニカルチャートで、その反響の大きさに大手FX会社に続々と標準搭載されています。

『スパンモデル®FX』の詳細を知りたい方はコチラ

スイングトレードの注意点

スイングトレードはレバレッジもさほど高くないですし、比較的安心感があるトレードですが、相場が大きく変化するリスクを回避するために、ストップロスは必須です。

ストップロスは、サポートラインの下に入れることになりますが、一回のストップロスで「証拠金額の2%以内」のロスに収まるようにすると良いでしょう。

買いの場合、相場の上昇に合わせてストップロスを上げていくことも大切です。
(売りの場合は、相場の下降に合わせてストップを下げていきます)

資金管理の方法はそれぞれ違うため、投資額やストップレベルなど、自分が決めた最初のルールをきちんと守ることも重要です。

取引ツール

スイングトレードでは、比較的大きな資金を証拠金として預けるケースが想定されるため、安心できる会社で取引するのが良いでしょう。

初心者の方は、顧客満足度が高い業者を選ぶのも一つの選択肢です。

オリコン顧客満足度で良い評価を得られているFX業者
ヒロセ通商 LIONFX ~ FX部門 総合第3位(2012年第1位)
GMOクリック証券 ~ FX部門 総合第1位
実績重視なら老舗のFX業者がお勧め
マネックス証券 ~ 東証マザース上場の老舗
セントラル短資 ~ 日本の金融業界の中枢を担う超老舗

いろいろなトレード方法を知っおこう

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.