損失を限定してリスクヘッジする

相場の読みが外れて、証拠金が減っていくのを指をくわえて見ているだけでは、決して勝ち組FXトレーダーにはなれません。

損失をどこまで抑えて、あるいは損失をどこまで許して次のトレードに移行するのか。負けを最小限に食い止めることが、FXで大きく勝つ方法とも言えるでしょう。リスク管理に対する意識を持つことがFXをやる上で大切な要素の一つです。

「損失はここまでにしておこう」と、負け方を決める。つまり、どのくらいの損失が出たら店仕舞いするかを、前もって投資家自身が決めておくことです。

投資家の資金力やスタンスなどはそれぞれですが、一定のルールを決めて徹底して実行することが大切です。

損切り・ロスカット

トレード手法による損切り(ストップロス)幅の目安

トレード手法 トレード期間 損切り幅の目安
スキャルピング 数秒から数分 数pips
デイトレード 数分から1日 30pips~50pips
スイングトレード 1日~数週間 50pips~100pips
ポジショントレード 数週間から数年 200pips

損切りのポイント

トレンドにのって利益が積み重なっているうちは、「読みが当たった」「思惑どおりの相場の動きだ」などと、損失のことは全く頭に無い場合も多いでしょう。

何度も言うように相場は気まぐれですから、急激なトレンドの反転は珍しいことではありません。また、予想や思惑が外れることも初心者であればなおさら当たり前のことでしょう。

特にデイトレなどの短期売買では、為替相場が予測したトレンドとは逆の方向に動いて、含み損が発生している場合です。こうしたケースは、『相場を見誤った』とミスを自覚して、早めにそこから撤退(損切り)できるかどうかです。

『トレンドを見誤った=即損切り』というスタンスが損失を最小限に抑えるポイントです。

ストップロスの基準を決める

一概には言えませんが、投資の世界では、『含み損が15%を超えて損切りすると、リカバリーが難しくなる』といわれています。『含み損が5%を超えたら損切り』というスタンスがより安全に損失を抑える策といえるでしょう。

FX初心者のうちは、相場の値動きから判断する場合は、50銭程度の不利な動きがあった場合は『損切り』することをお薦めします。

損切りの手法

FXの注文方法にはいろいろな方法があります。→ FX注文方法の基本

損切りは、予想した値段とは反対方向に相場が動いた場合に、注文とは逆の注文を出して決済することをになりますから、基本的には逆指値注文です。

FXには、この逆指値注文が出来るパターンが複数ありますから、自分なりの『損切りルール』を決めたら、感情を入れずに機械的に反対売買をすることが出来ます。

あらかじめ損切りをするラインを決めて発注するパターンは、
IFD(イフダン)注文 OCO(オーシーオー)注文 IFO(アイエフオー)注文
で紹介していますので、是非リスク回避の手法としてご活用下さい。

また、トレンドの後を追って注文価格も変化していく、決済専用の注文方法にトレール注文があります。利益を確実に確保したいという注文方法ですが、万が一のためのストップロス注文にも利用されることがありますので、参考にしてください。

FXの特徴や魅力、リスクを知っておこう

▲このページのトップへ

fx初心者ポイントレッスン
富を創造する投資思考
スパンモデルFX
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー

FXホーム > 損失の食い止め方 > 損切り

Copyright © 2007-2014 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.