下落相場で利益を出す PC版イメージ 下落相場で利益を出す スマホ版イメージ

株式投資とFX投資の違い

株式とFX、売りでトレードを始めるのはどちらが楽でしょうか。

個別株式を売る場合、信用取引で実行することがあるでしょう。信用取引をするには・・・

  • 1.株式の取引口座を開設します。
  • 2.信用取引口座を開設します。
  • 3.信用売りをします。

この3ステップが必要です。一方、FXは以下の通りです。

  • 1.FX口座を開設します。
  • 2.FXで売ります。

口座開設手続きは簡単かもしれませんが、煩雑であることは確かでしょう。このステップは少ないほうが良いです。また、信用取引の売りをしていると、常に気になることがあります。

貸株料

逆日歩

この二つが侮れません。

両方とも信用売りをするときに必要な経費なのですが、市場の売買状況によっては逆日歩が高額になることがあります。逆日歩の額によっては、せっかく売りで成功しても利益がわずかにしかなりません。

売った後に買い戻して成功したのに、逆日歩のせいで損になることもあるかもしれません。

こうして、現物株を売買するときには通常の口座、信用買いや信用売りをするときには信用取引口座を使う・・・慣れれば何ともありませんが、面倒な感は否めません。

FX風にアレンジして表現するなら、レバレッジ1倍で買うときには通常の口座、レバレッジを利かせて買ったり売ったりするときには、信用取引口座を使うということです。

FX口座の場合は、レバレッジ1倍の買いだろうと、レバレッジを利かせた買い・売りだろうと、すべて同じ口座で対応できます。しかも、逆日歩のような経費が存在しません。

スワップポイントの状況によっては、売りの際に毎日スワップポイントの支払いが生じます。しかし、いくらになるのかは過去の経緯からおおよそ見当が付きます。突然とんでもない数字が付くことはほとんどありません。

下落相場で利益を出そう!!『売り』から始めるFX

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.