投資でも戦略を持つことが大切

FXは、短期トレードでも長期投資でも戦略を持つことが大切です。戦略とは、いくらで買って、いくらで手仕舞いして、損切り(ストップロス)はいくらと決めることです。

従って、ストップロスの価格が分からないと思いながらポジションを持つのは戦略なしで、ポジションを持つことであり、これは避けるべきことです。

特に出口戦略、いくらで、もしくは、どのタイミングで手仕舞いするかを考えないで取引をされる方が多いので、ご注意ください。(特に不動産では戦略のない投資が顕著です)

これを読んでいる方は、それぞれ、投資スタンスも異なるため、個々に戦略も変わってきますので、ご自身で自分に合った戦略を持つことが大切です。

投資スタンスの違い

  • 資金量の大小
  • 年齢や職業
  • 短期的な取引をされたい方、中長期的な取引をされたい方
  • FX(為替)中心の方、FX(為替)をされてない方
  • 積極運用したい方、安定運用いたい方(レバレッジ1倍以下~高レバレッジ)
  • ストップロスをいれなくても大丈夫な人、入れなければならない人
  • 口座に資金を少しだけしか入れてない人、多く入れている人
  • リスクを取れる人、取れない人

投資スタンスの分類

投資スタンスの基本は以下のように分類されます。

短期 積極運用 資金小 トレード ストップロス小さい幅
長期 安定運用 資金大 投資 ストップロス大きい幅、もしくはストップロスなし

短期取引からスタートする場合

短期から入って、資金ができたので、中長期運用に切り替えるケースや、長期投資をメインとして、短期トレードもするというケースもあります。

この短期と中長期は、投資スタンスを明確に分けて考える必要があります。

一般的には、短期的取引をしているのに、ストップロスを置かないで想定以上に下げたので、長期保有に切り替えてしまうケースがありますが、これが一番危険です。

レバレッジが高いために、強制ロスカットになるケースが多いからです。

中長期取引のスタンスを取る場合

中長期投資の方の場合には、新イーグルフライの長期特別号や、メルマガ等で買いゾーン、売りゾーンと表現しているところを、参照いただくと良いでしょう。

短期取引をされている方でも、新イーグルフライの長期特別号の発行時は、ミリオンダラー作戦、つまり、資金が少なくても、ローリスク・ハイリターンのポイントでレバレッジを上げることで、大きな利益を得るチャンスです。

新イーグルフライ

できるだけリスクを排除した取引を

ポジションを持つ時は、分かりやすい動きをしている時に持つことが大切です。 自分の予測通りに動いている相場が一番利益になります。つまり、ローリスク・ハイリターンです。

分かりにくい相場の時には休む、もしくは積極的に取引しないというスタンスが大切です。

手法的には、買って上昇開始したところで、買値の上のストップロスを入れる(売って下落開始したところで、売値の下にストップロスを入れる)ことで、リスクを下げながらレバレッジを上げていくことも推奨しています。

取引口座を開設するうえで大切なこと

口座の資金が倍になったら、半分引き出ししまうのは良い方法です。また、一つの口座で戦略が異なると、意識が混乱してしまうので、戦略別に口座を分けることも大切です。

FX会社・金融機関の中には、金融危機時には倒産してしまう会社も多いと思いますので、会社選別には以下を参考にしてください。

中堅以下のFX会社では、システムにお金をかけられないため地震などの災害に弱いため、中堅以下のFX会社では取引するのは避けた方が良いでしょう。

口座開設には、以下を参考にしてみてください。ピックアップするのは、
初心者に優しい『スパンモデル』『スーパーボリンジャー』が標準搭載された会社です。

初心者向け情報が充実 ヒロセ通商(LION FX)
JFX株式会社
地震などの災害時に強い FXプライム byGMO
マネーパートナーズ

投資戦略の混同は失敗の元

講師プロフィール

FX初心者のための『ポイントレッスン』

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.