レバレッジと損切り幅の目安

短期売買の場合のストップロスの幅は、一回の取引のロスを2%とすると良いでしょう。

たとえば、ドル/円通貨が100円/ドルで1万通貨を買った場合、レバレッジごとのストップロスの幅(買値からいくら下か)の目安は、それぞれ次のようになります。

レバレッジ1倍 100万円 × 2% ÷ 10,000通貨 = 2円
レバレッジ5倍 100万円 × 2% ÷ 50,000通貨 = 0.4円
レバレッジ20倍 100万円 × 2% ÷ 200,000通貨 = 0.1円

基本的に、ストップロスは、サポートラインの下に入れてください。
今と同じ計算を、資金100万円の口座で、ドル/円の購入量を変えて比べてみます。

100万円口座でレバレッジを変化させたケース

相場が100円/ドルから105円/ドルになったとすると、次のようになります。

(A)100万円口座 1万ドル購入
レバレッジ1倍(=100万円相当のドル/自己資金100万円)
100万円が105万円になったので、利益率5%
(B)100万円口座 5万ドル購入
レバレッジ5倍(500万円相当のドル/自己資金100万円)
100万円が125万円になったので、利益率25%
(C)100万円口座資金 20万ドル購入
レバレッジ20倍(2000万円相当のドル/自己資金100万円)
100万円が200万円になったので、利益率100%

ここで、損失になった場合も見てみます。
ドル/円が100円から95円になったとすると、以下のようになります。

(A)100万円口座 1万ドル購入
レバレッジ1倍(=100万円相当のドル/自己資金100万円)
100万円が95万円になったので、利益率-5%
(B)100万円口座 5万ドル購入
レバレッジ5倍(500万円相当のドル/自己資金100万円)
100万円が75万円になったので、利益率-25%
(C)100万円口座資金 20万ドル購入
レバレッジ20倍(2000万円相当のドル/自己資金100万円)
100万円が0万円になったので、利益率-100%
強制ロスカット、もしくは追証

ストップロス

一回の取引のロスを2%とすると、ストップロスの幅はこのケースでも同じです。

レバレッジ1倍 100万円 × 2% ÷ 10,000通貨 = 2円
レバレッジ5倍 100万円 × 2% ÷ 50,000通貨 = 0.4円
レバレッジ20倍 100万円 × 2% ÷ 200,000通貨 = 0.1円

中長期取引におけるストップロス幅

講師プロフィール

FX初心者のための『ポイントレッスン』

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.