金利相場とは

もう長い間、為替の世界では、金利相場が続いています。

金利相場とは、何もなければ金利が高い通貨が買われ、
金利が低い通貨は売られるという相場です。

そして、金利を上げると、その通貨は買われ、
金利を下げると、その通貨は売られます。

本来、金利が高い通貨は、その分、インフレがある通貨なので、
年々通貨の価値は下げるため、原理的には長期的に通貨安になります。

しかし、金利相場の時には逆になります。

金融収縮などの時に、一気にその歪を埋めることになります。
つまり、「ジリジリ上がってドスンと落ちる」という動きになります。

そういう意味では、相場の変化に気をつける必要がありますが、
現時点では、豪ドルなどの高金利通貨は、『金融信用収縮の時に買う』
というスタンスでよいでしょう。

投機資金が動くとき

講師プロフィール

FX初心者のための『ポイントレッスン』

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.