価格を指定して取引<指値注文>

「指値注文」は、「売りたい価格・買いたい価格」を指定して取引する方法です。

為替市場は絶えず変動し続けていますから、レートが常に自分が取引したい価格だとは限りません。納得した値段で取引したい、パソコンの前でじっと待つ時間がない人は、この「指値注文」が便利です。

指値注文

たとえば、1ドル=99円前後で変動している時に、1ドル=100円まで上がったら売りたいという希望がある場合、『1ドル=100円で指値売りオーダー』を出します。(上図・左)

その逆に、1ドル=100円前後で変動している時に、1ドル=99円まで下がったら買いたいという希望があるとした場合、『1ドル=99円で指値買いオーダー』を出します。(上図・右)

このように、指値注文は「今よりも高いレートで売りたい、今よりも低いレートで買いたい」場合に取引できる便利で都合の良い注文方法なので、利益を確定する注文にも利用されます。また、指値注文はリミット注文と呼ばれることがあります。

では、1つの取引パターンで見てみましょう。

指値注文の活用例-1(買い注文から入る場合)

指値注文の具体例~買いの場合

現在の価格が1ドル=100円の時、1ドル=99円で『新規の買い指値注文』を出しました。
めでたく約定し、1ドル=99円の買いポジションを持つことに成功です。

レートが上がりはじめたので、1ドル=101円で『決済の売り指値注文』出しておきました。
相場が上昇して、1ドル=101円に到達した時点で注文が約定し、2円の利益確定です。

指値注文の活用例-2(売り注文から入る場合)

売り注文を指値で出すパターン

現在の価格が1ドル=100円の時、1ドル=101円で『新規の売り指値注文』を出しました。
めでたく約定し、1ドル=101円の売りポジションを持つことに成功です。

レートが下がりはじめたので、1ドル=99円で『決済の買い指値注文』出しておきました。
相場が下降して、1ドル=99円に到達した時点で注文が約定し、2円の利益が確定しました。

指値注文の注意点

上記の買いから入る場合の例で「1ドル=99円の指値で買い注文」を出したケースでも、自分が思ったとおりに為替が変動(円高が進行)しない場合があります。こういう場合は、なかなか取引が成立(約定)しません。

指値のレートが為替レートとかけ離れるほど、注文が成立する確率が低くなります。為替レートが指値のレートに達しないと、いつまでも売買ができないということです。

できるだけその時のレートに近い水準で指し値注文をする方が、約定する確率が高くなります。

指値注文の特徴

メリット デメリット
あらかじめ約定する値段が分かっている。希望する取引価格で注文が可能である。 希望するレートに相場が変動しない限り、売買(取引)は成立しない。

FX(外為取引)の注文方法

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.