リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

トレンド相場でのリピート系トレード手法

トラリピ、ループイフダン、トライオートFXを使ってトレンド相場を攻めるには、どのような取引設定が向いているでしょうか。

トレンド相場とは

最初に、トレンド相場とはどのような値動きなのかを確認しましょう。イメージは下の図の通りです。上下動しながらも、おおむね一方向に動いている様子が分かります。下の図では上昇方向に動いていますので、上昇トレンドです。

上の図のようなきれいな形で為替レートが動く必要はありません。下の図のようないびつな形でも、全体として上下どちらかの方向に動いていればOKです。

ここでは、上昇トレンドで買い注文を使って攻める設定を想定しましょう(下落トレンドの場合は、逆にして考えてください)。

上昇トレンドの取引設定

上昇トレンドでトラリピ、ループイフダン、トライオートFXを使ってトレードする場合、下の図のような注文になるでしょう。赤の線一つ一つが買い注文を示します。

しかし、この方法ではデメリットがあります。それは、「買い注文の本数が多くなりすぎるかもしれない」ということです。

上昇トレンドということは、為替レートが安値から高値に動いていきます。そのトレンドが長い間継続すると、安値と高値の差がとても大きくなります。そのすべての範囲で注文を出すのは、資金面の都合で難しいかもしれません。

この場合の修正案として、以下の2つをご案内します。

(修正案1)安値の注文を削除

トレンド相場が継続して高値に移動したら、安値にある注文を削除します。トレンド相場ですから、再び安値まで下落することを想定しません(逆に、高値に進んでから安値に戻ってしまう場合、それはもうトレンド相場とは言えないかもしれません)。

不要になった注文を削除して、証拠金に余裕を持たせます。

(修正案2)注文の本数を少なくして、トレンドとともに注文の範囲を移動させる

図があった方が分かりやすいでしょう。下の2枚をご覧ください。オレンジ色の丸が、現在の為替レートの位置を示します。現在の為替レートの位置を中心とした範囲に注文を集めている様子が分かります。

為替レートが移動したら、それに合わせて注文の範囲も変更していきます。

手動でこの移動を実行するのはかなり大変かもしれません。しかし、トライオートFXの仕掛け注文ならば、自動でこの取引設定をすることができます。

なお、この修正案1と2ですが、ループイフダンでは実行できません。ループイフダンは、一定の値幅ごとに買い注文と決済注文を出すという機能に特化しており、注文一つ一つの追加や削除に対応していないためです。

トレンド相場に追随してトレードしたい場合は、注意しましょう。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.