リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

トライオートFXのAP注文が使えるメリット

トライオートFXを使ってトレードするメリットは何でしょうか。トライオートFXのAP注文の一つである「カウンター」を確認しましょう(インヴァスト証券ホームページから引用)。

これを見ると、トラリピやループイフダンと区別がつきません。しかし、トライオートFXには大きなメリットがあります。

メリット1:相場の動きに従って、取引範囲を自動的に変更できる

トライオートFXは、「取引開始から決済までの距離」「決済してから再び取引するまでの距離」を自由に決めることができます。その結果、買いの場合、下の図のような取引が可能となります(売りは買いの反対です)。

(1)相場が上昇傾向にある場合

「買いから決済までの距離」を「決済してから再び買うまでの距離」よりも大きくすることによって、売買の範囲を自動で上方修正していきます(下図)。相場が緩やかな上昇傾向にある場合に有力なトレード方法です。

(2)相場が下落傾向にある場合

「決済してから再び買うまでの距離」を「買いから決済までの距離」よりも大きくすることによって、売買の範囲を自動で下方修正していきます。相場が緩やかな下落傾向にある場合に有力なトレード方法です。

メリット2:バックテストができたり、ランキングを確認できる

上で紹介しましたトライオートFXの取引は「カウンター」といいます。もう一つ「フォロー」というトレードがありますが、トライオートFXはこの2つを組み合わせて様々な仕掛け注文を作りだします(詳細は別記事「トライオートFXの特徴とは」をご覧ください。)。

そして、注文を作って実行するだけでなく、その仕掛け注文(=AP注文のまとまり)を使ったバックテストも可能です。

バックテストとは、「ある特定のトレード手法を用いて過去のチャートでトレードした場合に、利益を上げることができたかどうかを調べること」です。

自分で仕掛け注文を作ってバックテストできます。また、インヴァスト証券があらかじめ何百種類もの仕掛け注文を作ってくれていますので、そこから選んでも良いでしょう。

さらに素晴らしいのは、インヴァスト証券があらかじめ作った仕掛け注文については、バックテスト結果をランキング形式にして公開していることです

下のキャプチャは、仕掛け注文のランキング画面です。一番上に「通貨ペア」「収益率」などの項目が並んでいますが、これをクリックすることにより、自分の好みの通貨ペアを選択したり、成績の良い順に並べたりできます。

なお、「収益率」や「実現損益」の項目ですが、成績の悪い順に並べることもできます。成績の良いものに意識が向きがちですが、あえて成績の悪いシステムを確認することにより、今は避けるべきトレード内容を研究することもできます。

このランキングでお気に入りの仕掛け注文が見つかりましたら、クリックして選択すれば取引を開始できます。とても簡単です。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.