リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

リピート系トレード方法の損失拡大を回避する方法

どんなにFXが上手な人でも、含み損になったり確定損を計上したりします。また、スプレッドがプラスである限り、トレードを始めた瞬間にすでに含み損です。すなわち、マイナスからのスタートです。

(例)米ドル/円(USD/JPY)のレートが以下の通りだったとします。
【売 100.000|買 100.003】

スプレッドは0.3銭ですから極めて狭いです。このときに1万通貨買うと100万30円必要です。買って即座に売ると、100万円で売れます。すなわち、30円損しています。極めて狭いスプレッドでも、取引を始めた直後は含み損になります。

マイナスからスタートして、いつもプラスの成績に転換できれば満足ですが、それができないのが相場です。

小さな利益を積み上げたかと思えば、損切りできずに巨大な損を抱えてしまうという人は大勢いることでしょう。この様子を表現する言葉として、「コツコツドカン」「利小損大」などが生み出されてきました。

トラリピ、ループイフダンそしてトライオートでも、残念ながら含み損になります。為替レートが上下動を続けていれば利食いを繰り返しますが、それ以上に損失が大きくなってしまうと、場合によっては強制ロスカットになってしまうかもしれません。

強制ロスカットになってしまうと、資金の多くが失われてしまいます。すると、再びFXの世界に戻ってくるのは、資金面から見ても精神面から見ても難しいかもしれません。

そこで、強制ロスカットや大きすぎる損失を回避するために、トラリピ、ループイフダンそしてトライオートは損切りについて様々なサービスを顧客に提供しています。含み損が出ても、適切なレートで損切りをすることによりトレードを再開できます。

では、それぞれについて損切りの仕組みなどを確認しましょう。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.