リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

「ループイフダン」で窓ができるときの注意点

窓ができるとき、ループイフダンはどのような約定ルールを持っているでしょうか。実は、ループイフダンの取引ルールの詳細は公開されていません。ループイフダンのサービスを提供しているアイネット証券のホームページにも書いてありません。

この理由は、「ループイフダンはシステムトレードのストラテジーとして提供されているから」だと当サイト編集部は予想しています。

選択型のシステムトレードの場合、成績や取引思想の概略は公開されますが、具体的な取引ルールについては公開されません。これはループイフダンに限ったことではなく、全ての選択型システムトレードについて言えることです。

そこで、以下の説明は、当サイト編集部による実践トレードで得た情報などを元にした内容となります。

窓ができると、取引が執行されない場合がある

金曜日終値と比較して、翌週月曜日始値が大きく下方向に窓を開けて始まったとしましょう。下の図のイメージです。A~Eは、ループイフダンで買い注文を出しているレートだとしましょう。

この場合、A~Eでは約定しません。よって、ポジションなしです。Fから値動きが始まっていますが、為替レートがA~Eに到達すれば、それぞれ買い注文が執行される模様です。

為替レートが急落する場合、取引がキャンセルされる場合がある

(こちらの内容は、アイネット証券ホームページで公開されています)

あるとき、何らかの理由で瞬時に大きな下落が発生したとしましょう。例えば、下の図のようなイメージです。青の曲線が為替レートの動き、そして、横に引いた破線A~Eで買い注文が出ています。

途中で為替レートが急落下しました。このとき、Aで約定処理が始まります。そして、Aの約定が完了する前に為替レートがFに到達した場合、注文B~Eは執行されません。すなわち、ポジションを持ちません。

メリットとデメリット

上の2パターンを確認しますと、この約定ルール(予想を含む)にはメリットとデメリットがあることが分かります。確認しましょう。

メリット

為替レートがその後も継続的に下落する場合、高値のポジションを持っていないのはメリットです。というのは、その分だけ含み損が少なくなるからです。

ポジションがなければスワップポイントを得られなくなりますが、為替レートが下落する時の速度は往々にして大きく、スワップポイントでは含み損をカバーしきれません。よって、ポジションがないというのは損失回避に有効です。

デメリット

Fまで下落してから再び為替レートが上昇する場合、Eで買ってDで売り、Dで買ってCで売り・・・という約定になります。急落時にA~Eまでの注文がすべてFで成立していれば、上昇時の利食いでの値幅は大きくなるはずです。

すなわち、その分だけ利幅を取り損ねていることになります。

メリットとデメリットのどちらを重要視するかは、トレードする人によって異なるでしょう。メリットの利点がデメリットを上回ると思うならば、ループイフダンはとても良いシステムだといえるでしょう。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.