リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

ボックス相場でのリピート系トレード手法

相場を大きく分けると、二つになるでしょう。すなわち、「ボックス相場」「トレンド相場」です。そこで、トラリピ、ループイフダン、トライオートFXを使ってボックス相場を攻めるにはどのように設定すべきか、検討しましょう。

ボックス相場とは

最初に、ボックス相場とは何かを確認しましょう。下の図のような動きです。すなわち、ある為替レートの範囲で行ったり来たりしている状態をボックス相場と言います。

「ある範囲を行ったり来たり」という場合、上の図のようなきれいな値動きをする必要はありません。下の図のように、値動きの上限と下限が良く分からないけれども何となく同じ範囲で動いている場合も、ボックス相場と言います。

別の表現をするならば、上昇トレンドでもなく下落トレンドでもないという状態です。

では、この相場でトラリピ、ループイフダン、トライオートFXを使って攻めるには、どのような設定が良いでしょうか。

ボックス相場の攻め方

一番上の値動き例を使って、ボックス相場での設定例(買い)を考えましょう。多くの場合、下の図のようなパターンを考えるのではないでしょうか。赤の横線は、買い注文のレートを示します。

上の図は、ボックス相場の範囲で、いくつもの買い注文を出している様子を描いています。こうすることで、ボックス相場内で為替レートが動けば動くほど、利食いをどんどん繰り返してくれます。

上の図では、最終的に為替レートは上方向に移動しています。この場合、利食い回数が多数で損切り無しという、最高に素晴らしいトレードになります。

では、最終的に下方向に抜けてしまう場合はどうしましょうか。下の図をご覧ください。右下部分で、青の破線で為替レートの動きを描いています。

この値動きになる場合、ボックス相場内で買ったポジションがすべて含み損になります。下落トレンドが発生して為替レートが大きく下落する場合、含み損も大きくなってしまいますから危険です。

そこで、ボックス相場が終了しただろうというあたりで損切りします。上の図で「損切りレート」と描いてある赤の破線部分です。仮に損切りになってしまっても、それまでに多数の利食いを繰り返しているので、合計するとプラスで終了するという戦略です。

ボックス相場を攻める場合、損失を大きくしないためにも損切りレートの設定は必要不可欠でしょう。

トラリピ、ループイフダン、トライオートFXを比較

では、ボックス相場を攻める設定の場合、トラリピ、ループイフダン、トライオートFXの中でどれが最も有利でしょうか。回答はおそらく「どれを選んでも一長一短」となるでしょう。

【トラリピ】
メリット:トラップ(指値注文)を自由に設定できる
デメリット:手数料が大きいのが難点

【トライオート】
メリット:売買注文を自由に設定できる
デメリット:窓ができるときに注意(詳細は窓の比較記事でご確認ください)

【ループイフダン】
メリット:簡単に取引設定できる
デメリット:特定のレートで損切りするという注文を出せない

この中で注意が必要なのは、ループイフダンでしょう。ループイフダンは、最大ポジション数を制限したり、マイセーフティ機能で損失額を限定したりできます。しかし、特定の為替レートで損切りするという機能はありません。

ループイフダンでボックス相場を攻める場合は、ボックス相場が終了するときに損失が大きくならないように気を付けましょう。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.